ウェブページ

最近のトラックバック

本の検索・注文


  • サーチする:
    Amazon.co.jp のロゴ

カテゴリー「ICT教育」の84件の記事

【特別警報】 小中学生にもできること

 毎年のように「記録的大雨」が続くようになると,「平均雨量」にも変化が見えるようになってくるでしょう。

 今年は,広範囲にかけての警戒が必要ですが,被害を避けるための情報はピンポイントで必要です。

 テレビの情報待ちではなく,気象庁が発表している内容をスマホで見ることができる小中学生は多いでしょう。

 201807062110
                    (気象庁HPより)

 広島県の中部から東部にかけての河川が心配です。

 すでに避難している方も多いでしょうが,避難先が遠くにしかない方々,避難行動が困難な方々への援助が必要です。

 小中学校で学んだ防災の知識と技能を生かしましょう。

 ↓土砂災害にも警戒を!

201807062354_2

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へにほんブログ村 教育ブログ 教師教育・教員養成へにほんブログ村 教育ブログ 社会科教育へ
教育問題・教育論 ブログランキングへ

生徒指導部と教務部の違い

 学校の先生は,「分掌」と呼ばれる組織にも所属する。

 生徒指導部,生活指導部とよばれるところには,

 生徒が快適な学校生活を送るために力を尽くす仕事をする人がつく。

 教務部とよばれるところは,

 生徒だけではなく,先生方にとっても快適な学校にするための仕事をするところである。

 責任の軽重を論じても意味はないと思うが,

 より「経験」と「大人とのコミュニケーション能力」が求められるのは,教務部の方である。

 指導主事のころ,それぞれの主任を集めての研修会を実施していたが,

 教務主任は,やがて管理職になるといった先生方ばかりだった。

 もちろん,自ら管理職にはならない道を選んで教師としての研鑽を積んでいる教務主任もいる。

 教務主任がどんな人かがわかると,だいたい,管理職の人柄も想像がつくようになった。

 「事務的」な仕事をただ「事務的」に進めさせる管理職だと,教務主任にも「事務職臭」が漂ってくる。

 教育現場では,「事務的」なことがらに,いかに「意味」や「価値」を持たせるかが大事になる。

 最悪なのが,「法律で決まっているから」とか,「教育委員会に出せと言われているから」という「事務的」な説明の仕方で,これではまるで

 「なぜ人を殺してはいけないのですか?」という質問に「法律で罰せられるから」などと答える子どものようである。

 生活指導畑や教務畑といった,警察でいう「現場の刑事」と「デスクワークの署員」に分けてしまうような学校であってはならない。

 生活指導はときに教務の仕事のように,教務の仕事はときに生活指導のように,

 子どものためを思って進めていきたいものである。


にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へにほんブログ村 教育ブログ 教師教育・教員養成へにほんブログ村 教育ブログ 社会科教育へ
教育問題・教育論 ブログランキングへ

理解するよりも誤解する人が多い教育論

 「アドラー心理学」は,理解する人よりも,誤解する人の方が多いだろう,とアドラー自身が語っているそうです。

 中教審の答申で,「生きる力」というキーワードは何とセットで使われていたか,よく理解している人は,どれくらいいるでしょうか。

 「ゆとり」教育とは,何のために,どんな方法で実現しようとしたか,ご存じでしょうか。

 もしこのことを知っていたら,現在の公立中高一貫校がどれだけ「約束違反」の代物か,理解できるはずです。

 「アクティブ・ラーニング」という,流行になりそうで,なりきれずに消えていこうとしているキーワードがあります。

 今,「アクティブ・ラーニング」という言葉を使い,調子に乗って本を出したり,雑誌で特集をしたりした出版社や著者は,みんなバカにされていますが,どうしてこんなことになったのでしょう。

 指導要領という法令に匹敵するものには,こんな「いかがわしい」言葉が使われないことは,はじめからわかっていたことですが,流行を追うことだけが得意で,中身の理解がほとんどできない人たちが多いのは,何も教育の世界に限った話ではないでしょう。

 「主体的・対話的で深い学び」と言い換えたところで,自分自身がその経験をしたことがない人に,いきなり「そういう原理原則で実践しろ」と言われても,困ってしまうか,どさくさに紛れて,「それっぽい」ことを導入してお茶を濁すかしかありません。

 人は,自分の都合のよいように解釈することが得意です。

 「話し合い」活動を多く取り入れていた教師が,「私は昔からアクティブ・ラーニングを実践していた!」と得意になることくらいは,「可愛い」もの。

 自分にとって都合の悪いことには,耳を貸さない。

 特に,人の「生き方」に関することにふれる教育や心理学は,

 「オレ様の理論」をもつことが優先されやすく,現場の教師などと違って,

 特にそこにしか存在理由がない人たちにとっては,「オレ様の理論」を守ることが死活問題になるわけです。

 実践者が全教員の1000分の1に満たなくても,「全国でこんなに広まっている!」と宣伝しなければならない背景には,こんな事情があります。

 しかし,現場における教育という仕事は,他人の「理論」にかまっている余裕はありません。

 現場の状況というのは,常に流動的です。

 教育について,あり得ない「前提条件」をつきつけられて,目の前の状況に対応できずに苦しんでいる教師には,「被害者」でもあるという面もありますが,事態が収拾できなければ,「指導力不足教員」という烙印を押され,教員としての残りの人生は,その「称号」を背負ったまま,学校をたらい回しにされる運命になります。

 自分の理論を取り入れてくれる教師を「同志」などと呼んで,「敵」を増やし続けている人間が守っているのは,「子どもの未来」や「あるべき教師」ではなく,・・・。

 さまざまな教育論は,きちんと理解され,実践されるとこういう良い効果があります,という宣伝だけではなく,こういう誤解も受けやすく,もしその誤解のもとで実践されると,こういう問題が起こりえます,という注意喚起も必要なのです。

 教師が,教壇に立つ前に,習得してあるはずの「理論」とは何でしょうか。

 教員免許を取得した時点で,習得しているはずの「理論」とは?

 教員採用試験に合格した時点で,習得していると見なされている「理論」とは?

 教育現場では,「理論」をどうこうと批判する以前に,教師になる時点では身についていなければならないはずのことが,大いに欠落しているという致命的な大問題があることを,証明してくれた本があるので驚きました。
 
にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へにほんブログ村 教育ブログ 教師教育・教員養成へにほんブログ村 教育ブログ 社会科教育へ
教育問題・教育論 ブログランキングへ

疑問に思う力を損なわない教育

 日本では,「質問をする」のはたいてい教師の仕事で,「質問に答える」のは子どもの役割である。

 そうでないと,教師は子どもが理解しているかどうかがわからない。

 問題と答えを与えて,子どもたちが好き勝手にまとめあげ,はい,理解できましたね,などという授業をしてしまう無責任な教師は日本では少数派だろう。

 ただ,最近は,「質問をする」能力がない教師が増えていて,手元の指導書に頼りきる,というケースが多いかもしれない。

 質問もしないで説明だけで終わる,という大学のような講義スタイルは,小中高の学習指導要領という法的なしばりをもつ「ルールブック」では認められない方法である。

 教師の「質問をする」力はどこで養われるのか?

 私が担当している教育実習生は,毎年同じような壁に突き当たる。

 それは,生徒への「質問」(教育現場の業界用語では,「発問」という)の内容を考えることである。

 「源頼朝は,どうして京都ではなく,鎌倉に拠点を置いたのだろう」

 こういう「質問」を考える教育実習生は,あまりいない。

 「考えたこともない」という学生もいるし,

 「三方を山で囲まれているから」と答える学生もいる。

 日本には,攻めにくい地形の場所はいくらでもあるから,それは答えにはなっていない。

 この問いの答えは,簡単なようで,実は奥が深いものである。

 実習生には,自分が答えるためというより,本当に「疑問」に感じられる「質問」はどのようなものかを感じ取ってもらうために,次々に問いを投げかける。

 「鎌倉幕府が成立した」と考えられた時期に,どのようなことが起こったか?

 幕府ができたから奥州藤原氏を滅ぼすことができたのか,

 奥州藤原氏を滅ぼすことができたから幕府が成立できたのか?

 そのどちらでもないのか?
  
 年表をたどりながら,では,明治時代になって「鎌倉幕府」と呼ばれるようになったものは,

 いつの時点で成立したのだろう?と考えることに意味はあるのか?

 ・・・・・・

 「考える」とは,どういうことなのか?

 それが教育実習期間に最も「考える」課題である。
 

 自分が答えを知らない質問を生徒にするのが怖い,という気持ちもわかる。

 正解を導くことよりも,生徒が疑問に感じ,その真相を知りたいと思うような課題がなければ,

 学習が面白いとは思えないことは,学生もよくわかっている。

 学生たちは,自分が実は何もわかっていないことにまずは戸惑い,

 結局は,自分がわかったことだけを授業を扱おうとする。

 実習生自身が,こういう授業を大学まで受けてきた「成果」が,指導しなければそのまま実習の授業に反映される。

 
 外山滋比古先生は,著書『考えるとはどういうことか』(集英社インターナショナル)で,次のようなことを述べている。

 頭では地動説を受け入れていても,いまでも「日が昇る」「日が沈む」という言い方をやめようとしない・・・日常生活では天動説的な感覚を持って暮らしている・・・と。

 学校の授業でも,地球ではなくて太陽がまわり続けている。

 答えが決まっているものをせっせと「理解する」ことを主眼とし,子ども「全員」が無事に答えにたどり着かせることで多少の満足感を覚えている教育理念が,「天動説」の典型的な例である。
 

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へにほんブログ村 教育ブログ 教師教育・教員養成へにほんブログ村 教育ブログ 社会科教育へ
教育問題・教育論 ブログランキングへ

カンニングの習慣がつく『学び合い』

 日常的に,友達から答えを教えてもらって理解する習慣がついた子どもは,試験のときに落ち着かなくなります。

 私の学校でも,カンニングと疑われても仕方がない目の動きをする中学校1年生が,最初の定期考査で何人か「摘発」されます。

 さすがに次の定期考査ではそういう生徒は減っていきますが,どうしても「直せない」子どもがいる。

 まわりが気になって気になって仕方がない。

 もしかしたら,勉強とはいつもだれかと一緒にしゃべりながら行うこと,という習慣が染み付いてしまっているのかもしれません。

 小学校(の担任)によっては,カンニングが公認されてしまっていたところもあるらしい。

 無理もないですね。

 大学入試で「携帯電話を持ち込み可にしたらどうだろう」と提案しているセンセイの影響を受けてしまったのがいるようですから。

 さすがに会話は禁止にするとしても,問題を写真で撮影して,頭の良い人に解いてもらい,解答を送信してもらえれば,よい点が狙えてしまいます。

 要は,正解が出せる人とどれだけの人脈をもっているかが評価の分かれ道になる,ということですね。

 学校は寄生虫として生きる道を教える場所ではありません。

 『学び合い』はテストで点数が高くなることが売りのようですが,その理由がよくわかりました。

 「政治闘争」があったり,多くの人から相手にされない理由も。

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へにほんブログ村 教育ブログ 教師教育・教員養成へにほんブログ村 教育ブログ 社会科教育へ
教育問題・教育論 ブログランキングへ

高校地理には人材がいない?

 高校では,どうやら「地理総合」が必修になりそうなのだが,学校現場では,

 「地理総合」を高度な専門性と高い意欲をもって教えられそうな教師が少ないことが危惧されている。

 地理学科を卒業して教師になっている人が少ないことが大問題であると・・・。

 本当にそうなのか?

 私は地理学ではなく日本史が専門だったが,教職の単位をとるために,地理関係の講義もたくさん受けた。

 骨は折れたが英語でアメリカの人文地理を学んだときには,一挙両得の気分になったことを覚えている。

 地震研究所の先生方による講義も受けていたから,自然地理もそれなりに理解できた。

 もちろん歴史関係の単位もたくさんとったが,私の場合,卒論のテーマになるような内容は,高校の教科書などには1行も触れられていないものであり,大学での専攻がそのまま高校や中学校での教育に使えるかというと,そういうわけではない。

 地理学科を卒業すると,それだけで高校の地理が教えられる,という論理は,単純には理解できない。

 歴史学科を卒業しても,それだけで高校の歴史を教えられるとは言えないはずだからである。

 弁護士さんが裁判関係の模擬授業を学校現場でやってみると,授業は教育実習生よりも下手くそだということが起きる。それはなぜか。

 授業は,自分が知っていることを子どもに伝えればすむような話のものではないからである。

 教師に求められる教科の専門性というのは,簡単に言うと,教科書に掲げられているタイトルの内容を,教科書本文は見ずに,いくつかの参考図書から整理して自分なりに説明できるような力があるということである。

 もっと言えば,教師の仕事とは,教科書の内容の解説をすることではなく,教科書の本文には書かれていない「おもしろい内容」を,生徒がいくつかの資料を使って調べたり考えたりしながら,「やはり教科書に書かれている内容は重要なのだな」と気づかせることができるように導いてあげることである。

 何を専門にしてこようが,大事なのは,その人が「おもしろい素材」を探し出し,「考えるきっかけ」をつかむ習慣を身につけているかどうかである。

 だから,地理総合だろうが,歴史総合だろうが,(私は個人的には「地歴総合」という学び方をさせたいものだが)教科書ベースではないもので,どれだけおもしろい授業が構成できるかが大切なのである。

 地理の人たちの心配を聞いていると,その地理の人たちがとても心配になるような話になっている,ということである。
 

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へにほんブログ村 教育ブログ 教師教育・教員養成へにほんブログ村 教育ブログ 社会科教育へ
教育問題・教育論 ブログランキングへ 

人工知能の時代に人間に求められるもの

 日経に紹介されているマイクロソフト社CEOの言葉に,日本の教育関係者は何を感じとるべきだろうか。

>AIが普及した社会で一番希少になるのは,他者に共感する力を持つ人間だ

 本当にそうだろうか。

 もともと,欧米と日本とでは,人工知能やロボットに対する見方が異なっているように思える。

 それは,人間観の違いと表裏一体なのかもしれない。

 日本でも,将来,他者に共感する力を持つ人間が「希少」な存在になるのだろうか。

 そうとは思えない。

 一方では,「すでにそういう時代だ」と言いたい人もいるだろう。相当に孤独な人生を送っている人ではないか。

 災害のときに見られる助け合い精神も,将来は見られなくなるのだろうか。

 
 ここでは,「マイクロソフト社のAI開発原則」のうち,「AI」ではなく「人間」に求められるもの」とされている以下のことを引用しておきたい。

>共感力

>教育

>創造力

>結果に対する責任

 AIと人間が共生する社会とは,人間がAIに利用される社会ではない。

 AIを人間が利用しつつ,その結果に対する最終的な責任を人間が負う社会である。

 ICT機器を安易に導入している学校や地域にやがて問われるのは,

 「単なる費用対効果」の問題ではない。

 もっと大切なものを失っていないか,やがて大きな問題になるだろう。


にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へにほんブログ村 教育ブログ 教師教育・教員養成へにほんブログ村 教育ブログ 社会科教育へ
教育問題・教育論 ブログランキングへ

国が定めるポケモンGOを楽しむためのルール

 内閣サイバーセキュリティーセンターのチラシに示されたルールは以下の通り。

>(天候で)警報などが出た場合はハンティングはお休みに(特に「特別警報」の場合は,命を守る行動が優先)

>SNSに写真を投稿するときは,家の近くのものはやめておく(家が特定される)

>写真にはGPS情報が付かないように設定する(位置が特定される)

>電池切れに備えて,予備の電池(モバイルバッテリー)を持ち歩く

>充電するときは,コンセント利用の許可をとる(無断利用はダメ)

>テレフォンカードをもって,公衆電話も利用できるように(電池切れに備えて)

>自転車に乗りながらのプレイはダメ

 配信する側としては,

>警報が出ている地域ではモンスターもいなくなる設定

>本物のモンスターがいるような危険な場所にモンスターを配置しない設定

>木陰などにモンスターを集める設定

 などの工夫は出来るのでしょうか?


にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へにほんブログ村 教育ブログ 教師教育・教員養成へにほんブログ村 教育ブログ 社会科教育へ
教育問題・教育論 ブログランキングへ

ポケモンGOでサイバーセキュリティー教育・熱中症予防教育

 ポケモンGOの日本配信を前に行われた政府の対応が注目されている。

 内閣サイバーセキュリティーセンターから,

 『ポケモントレーナーのみんなへおねがい♪』というチラシが公開された。

 特定の企業のアプリやキャラクターだから,政府がそれらを宣伝しているようにも見えるのだが・・。

 「おねがい」は以下の9項目。

>1 個人情報を守ろう

>2 偽アプリ,チートツール注意

>3 お天気アプリは必ず入れよう

>4 熱中症を警戒しよう

>5 予備の電池を持とう

>6 予備の連絡手段を準備しよう

>7 危険な場所には立ち入らない

>8 会おうという人を警戒しよう

>9 歩きスマホは×ですよ

 情報モラルに関する内容は,1,2,8,9だが,

 屋外での長時間の利用を想定して,3~7まで「親切」に加えてくれているのは,

 教育の世界でいえばとても「実践的」なお仕事である。


 厚生労働省や総務省,文部科学省の人間がいないと,こういう内容がもれてしまい,

 「みんなへのおねがい パート2」のように,あとで付け足すという無様な仕事になってしまうおそれがあった。

 
 ところで,SNS,GPS情報,マルウェア,チートツール,公式ストアといった用語に不慣れな教員も多いはずだから,いずれ「ポケモンGO研修」という取り組みも始まるかもしれない。

 真夏の時期に屋外で楽しむ人気アプリリリースとあって,「ポケモンGO」で熱中症による救急搬送何名といったニュースが連日流れることも予想されてしまう。

 後手にまわる仕事ではなく,「攻めの行政」といった姿は学校現場でも見習うべきものだ。


にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へにほんブログ村 教育ブログ 教師教育・教員養成へにほんブログ村 教育ブログ 社会科教育へ
教育問題・教育論 ブログランキングへ

最も胡散臭い「ナントカ教育」は何か?

 胡散臭さの「最高峰」は「道徳教育」にある(根拠については「道徳教育」の「専門家」が最も詳しいはず)というのが持論ですが,今どきの教育界は,

 「薬物乱用防止教育」「ICT教育」「主権者教育」「金融教育」「キャリア教育」など,

 「教育」の前に「問題」を抱える何かをつければ何でも「カネを生み出す打ち出の小づち」になっていきます。

 「ICT教育」の最大の問題は,多くの家庭で用意できる機器を学校では用意できない,という「カネ」の壁にあります。

 教師が詳しくなるはるか前に,子どもの方がよく知っている状態が生まれる。

 いずれ,「キャリア教育」の世界も,現実社会を知ることになる高校生や高校中退の子どもの方が「専門家」になっていきます。

 「先生なんて,何も知らないでしょ」という高校生に,迷わず「ハイ!」と即答してしまうような世界です。

 「薬物乱用防止教育」は,警察の方からDVDを使った講演をお願いできますが,

 もっともっと「よく知っている」生徒がいたりする。

 学校で学ぶことと,家庭や地域社会で学んでもらうことの線引きをしようとする人はいません。

 なぜなら,学校が,「家庭や地域社会との連携」を考える主体になってしまっているからです。

 政治家って,何のためにいるのでしょう。

 市役所につとめている公務員の存在意義ってなんでしょう。

 首長は何のために選挙で選んでいるのでしょう。

 今は,教科書採択を見ればわかるように,首長の関係者が教育を動かし始めている時代です。

 そうそう,「オリンピック教育」というのも始まっていますね。

 「東京オリンピック」に向けて,すでに相当の予算が教育にも費やされているようです。


にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へにほんブログ村 教育ブログ 教師教育・教員養成へにほんブログ村 教育ブログ 社会科教育へ
教育問題・教育論 ブログランキングへ

より以前の記事一覧

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

宮城谷昌光の言葉

  • 雲のうえに頂をもつ高山を登ろうとするのに、その山相のすさまじさに圧倒され、おじけづいていては何もはじまらない。最初の一歩を踏み出さねば、山頂は近づいてこない。
    「楽毅」第四巻より
  • みごとなものだ。斂(おさ)めるところは斂め、棄てるところは棄てている。楽氏が棄てたところに、われわれの生きる道がある。
    「楽毅」第四巻より
  • 去ってゆく千里の馬を追っても、とても追いつかぬぞ。千里の馬の尾をつかむには、その脚が停まったときしかない
    「楽毅」第四巻より
  • ・・・つくづく人のふしぎさを感じた。道を歩く者は、足もとの石をたしかめようとしないということである。千里のかなたを照らす宝石がころがっていても、気がつかない。それほどの名宝は深山幽谷に踏みこまなければ得られないとおもいこんでいる。
    「楽毅」第三巻より
  • この城をもっとたやすく落とすべきであった。たやすく得たものは、たやすく手放せる。
    「楽毅」第二巻より
  • なにかを信じつづけることはむずかしい。それより、信じつづけたことをやめるほうが、さらにむずかしい。
    「楽毅」第二巻より
  • からだで、皮膚で、感じるところに自身をおくことをせず、頭で判断したことに自身を縛りつけておくのは、賢明ではなく、むしろ怠慢なのではないか
    「楽毅」第二巻より
  • こうする、ああする、といちいち目的と行動とを配下におしえつづけてゆけば、配下はただ命令を待つだけで、思考をしなくなる。この四人はいつなんどき多数の兵を指揮することになるかもしれず、そのときにそなえて自立した思考力をもつ必要がある。
    「楽毅」第二巻より
  • 人は自分の存在を最小にすることによって最大を得ることができる
    「楽毅」第三巻より
  • 勇と智とをあわせもっている者は、攻めるときよりも退くときに、なにかをなすときより、なにもなさないときに、その良質をあらわす
    「楽毅」第二巻より