ウェブページ

最近のトラックバック

本の検索・注文


  • サーチする:
    Amazon.co.jp のロゴ

« なぜ360度評価が役に立つのか | トップページ | 電子黒板が使い物にならないことを知っていた人たち »

私でなくてもいい,私ではない方がいい

 教員の多くは,ちょっとやそっとのことでは心が折れません。

 いちいち生徒がしでかしてくれることに怒ったり落胆したりしていては,きっとストレスですぐに病休に入ってしまうでしょう。

 ただ,こういう「心の強さ」は,別の角度から見れば「鈍感すぎる」という嫌悪感すら抱かれる「短所」にもなります。

 生徒の表情や心の中を読めず,直接は言われないかもしれませんが「空気が読めない教師」と陰口をたたかれても,そんなことはどうでもいい,自分は自分のやるべきことをやる,なんていう,人間相手の仕事には不向きであるはずの教員がいます。

 一方,最近は,小中学校時代から本当に「真面目」に勉強に取り組んでいたんだろうなあ,と実感するような「良い子」「良い若者」が増えています。こういう「真面目」な人は,自己評価も的確に行おうとします。

 そうすると,ときには,「私ではない方が,子どもたちは幸せなのではないか」と思うこともあるでしょう。

 明らかに指導力が高い教員というのは,多くの人にとって,「ああ,~先生のことかな」と身近にいるから想像がつくものです。

 「~先生だったら,どうするだろう」ならまだよいのですが,「~先生だったら,子どもたちも嬉しいだろうな」なんて思うようになると,子どもの方も気づいてしまうようになります。

 こういうタイプの人は,また,得てして「新しい何か」「評判のよい何か」に飛びつきます。

 そして,「改めての挫折」を経験します。

 こういう「挫折」は,とても大事なものだと思っています。

 子どもやその保護者の側からすると,「ちょうど自分の(子どもの)ときに,ドツボにはまらないでくれ・・・」と思うこともあるでしょうが,子どもは「挫折から次のレベルへのステップを歩み出すプロセス」を目の当たりにすることで,大いに勇気づけられることになるはずです。そして,教員を「挫折から救う」のは,実は自分たち,子どもたち,児童生徒たちであることに気づきます。

 自分たちが挫折し,なかなか立ち上がれないときに,救ってくれるのも子どもたちです。ごくまれに,教員が手を貸してくれることもありますが,もしここで「お互い様」の関係でも生まれたら,卒業しても,貴重な関係は切れずに続くことでしょう。

 「先生でなくてはだめです」なんて,何度言われても嫌な気にはならないでしょう。

 教育の基本は,教えることができる教師と,同じように,教師に教えることができるような子どもたちとの支え合いです。

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へにほんブログ村 教育ブログ 教師教育・教員養成へにほんブログ村 教育ブログ 社会科教育へ
教育問題・教育論 ブログランキングへ

« なぜ360度評価が役に立つのか | トップページ | 電子黒板が使い物にならないことを知っていた人たち »

教育」カテゴリの記事

教職教育」カテゴリの記事

教員の評価」カテゴリの記事

レジリエンス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 私でなくてもいい,私ではない方がいい:

« なぜ360度評価が役に立つのか | トップページ | 電子黒板が使い物にならないことを知っていた人たち »

2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

宮城谷昌光の言葉

  • 雲のうえに頂をもつ高山を登ろうとするのに、その山相のすさまじさに圧倒され、おじけづいていては何もはじまらない。最初の一歩を踏み出さねば、山頂は近づいてこない。
    「楽毅」第四巻より
  • みごとなものだ。斂(おさ)めるところは斂め、棄てるところは棄てている。楽氏が棄てたところに、われわれの生きる道がある。
    「楽毅」第四巻より
  • 去ってゆく千里の馬を追っても、とても追いつかぬぞ。千里の馬の尾をつかむには、その脚が停まったときしかない
    「楽毅」第四巻より
  • ・・・つくづく人のふしぎさを感じた。道を歩く者は、足もとの石をたしかめようとしないということである。千里のかなたを照らす宝石がころがっていても、気がつかない。それほどの名宝は深山幽谷に踏みこまなければ得られないとおもいこんでいる。
    「楽毅」第三巻より
  • この城をもっとたやすく落とすべきであった。たやすく得たものは、たやすく手放せる。
    「楽毅」第二巻より
  • なにかを信じつづけることはむずかしい。それより、信じつづけたことをやめるほうが、さらにむずかしい。
    「楽毅」第二巻より
  • からだで、皮膚で、感じるところに自身をおくことをせず、頭で判断したことに自身を縛りつけておくのは、賢明ではなく、むしろ怠慢なのではないか
    「楽毅」第二巻より
  • こうする、ああする、といちいち目的と行動とを配下におしえつづけてゆけば、配下はただ命令を待つだけで、思考をしなくなる。この四人はいつなんどき多数の兵を指揮することになるかもしれず、そのときにそなえて自立した思考力をもつ必要がある。
    「楽毅」第二巻より
  • 人は自分の存在を最小にすることによって最大を得ることができる
    「楽毅」第三巻より
  • 勇と智とをあわせもっている者は、攻めるときよりも退くときに、なにかをなすときより、なにもなさないときに、その良質をあらわす
    「楽毅」第二巻より