ウェブページ

最近のトラックバック

本の検索・注文


  • サーチする:
    Amazon.co.jp のロゴ

« 私でなくてもいい,私ではない方がいい | トップページ | 愛校心によって大切なものを失った経験から »

電子黒板が使い物にならないことを知っていた人たち

 電子黒板や電子教科書など,学校現場で使い物にならなそうなものはたくさんある。

 学校ほど,「ハイテク」が機能しない場所はない。

 地方の国立大学に行くと,本当に困る。HDMIの端子がない。私立の大学なら,大丈夫か?というと,学生が使う机には携帯やパソコンを充電するためのコンセントがあるが,プロジェクターも古いし,操作性がよくない。

 大学の大教室や学校の講堂のようなところならまだしも,40人しか入らない教室では,65型のテレビ1台あれば,十分である。どこのメーカーか知らないが,価格が10万円くらいだった。

 タブレットを子どもに持たせるのはいいが,いつでもどこでも充電できる環境がなければ,6時間授業はもたない。

 iPadでもぎりぎりになることがある。

 これまで,とんでもないコストがかかるわりには,ほとんど死んでいたものはどれだけあったか。

 何も知らない人は,各学校に1台電子黒板があれば,それでいい,と考えてしまったりもする。

 1人しか使えないものは,結局,だれも使えずに終わることになる。

 電子黒板を使った教室と,使っていない教室での学習状況にそれほど違いがないのであれば,入れる意味はない。全教室への導入という目標が立っていないのは,効果が聞こえてこないからだろう。あれば邪魔になる,という声にもきちんと耳を傾けなければならない。

 私は,専門家でありながら,ICTにかかわる機器やソフトが現場にしっかりと定着し,効果がきっちりと出ることを読めなかった人を信用すべきではないと考える。というか,それがわかる専門家なら,もっと別の仕事をしているに違いない。

 使えもしないのに機器ばかり導入しようとする人はいないだろうか。

 学校以外のところで生徒が個人的に活用するのは自由である。動画サイト漬けになって学習に身が入らないようになるのも,すべて買い与えた人間の責任である。

 そろそろ,「本物」と「本物っぽいけど,残念なもの」の区別をしっかりとすべきではないか。

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へにほんブログ村 教育ブログ 教師教育・教員養成へにほんブログ村 教育ブログ 社会科教育へ
教育問題・教育論 ブログランキングへ

« 私でなくてもいい,私ではない方がいい | トップページ | 愛校心によって大切なものを失った経験から »

教育」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 電子黒板が使い物にならないことを知っていた人たち:

« 私でなくてもいい,私ではない方がいい | トップページ | 愛校心によって大切なものを失った経験から »

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

宮城谷昌光の言葉

  • 雲のうえに頂をもつ高山を登ろうとするのに、その山相のすさまじさに圧倒され、おじけづいていては何もはじまらない。最初の一歩を踏み出さねば、山頂は近づいてこない。
    「楽毅」第四巻より
  • みごとなものだ。斂(おさ)めるところは斂め、棄てるところは棄てている。楽氏が棄てたところに、われわれの生きる道がある。
    「楽毅」第四巻より
  • 去ってゆく千里の馬を追っても、とても追いつかぬぞ。千里の馬の尾をつかむには、その脚が停まったときしかない
    「楽毅」第四巻より
  • ・・・つくづく人のふしぎさを感じた。道を歩く者は、足もとの石をたしかめようとしないということである。千里のかなたを照らす宝石がころがっていても、気がつかない。それほどの名宝は深山幽谷に踏みこまなければ得られないとおもいこんでいる。
    「楽毅」第三巻より
  • この城をもっとたやすく落とすべきであった。たやすく得たものは、たやすく手放せる。
    「楽毅」第二巻より
  • なにかを信じつづけることはむずかしい。それより、信じつづけたことをやめるほうが、さらにむずかしい。
    「楽毅」第二巻より
  • からだで、皮膚で、感じるところに自身をおくことをせず、頭で判断したことに自身を縛りつけておくのは、賢明ではなく、むしろ怠慢なのではないか
    「楽毅」第二巻より
  • こうする、ああする、といちいち目的と行動とを配下におしえつづけてゆけば、配下はただ命令を待つだけで、思考をしなくなる。この四人はいつなんどき多数の兵を指揮することになるかもしれず、そのときにそなえて自立した思考力をもつ必要がある。
    「楽毅」第二巻より
  • 人は自分の存在を最小にすることによって最大を得ることができる
    「楽毅」第三巻より
  • 勇と智とをあわせもっている者は、攻めるときよりも退くときに、なにかをなすときより、なにもなさないときに、その良質をあらわす
    「楽毅」第二巻より