ウェブページ

最近のトラックバック

本の検索・注文


  • サーチする:
    Amazon.co.jp のロゴ

« 地雷を踏む教員 地雷をばらまく教員 | トップページ | 孤立・自壊する可能性に気づいた?中国との関係づくり »

自信をなくす教師たち

 おそらく自分が年齢を重ねたからではなく,もしアンケート調査を本気で実施したら,本当に出てくる傾向だと思われる。

 教師たちは,自信を失っている。

 だから何にでも,ろくでもないものに飛びついてしまうという,「飢餓状態」にあるのではないか。

 自信を失う理由とは何か。

 「だれかに支えられている」という安心感がなくなったからではないか。

 子どもたちとの距離が開き,親たちとの関係性もなくなり,まわりの教師たちとのつながりも薄くなる。

 今から30年前の教師たちには,安心感があった。

 今は管理職ですら,頼りにならない。

 まわりにいる教師たちも,頼りにならない。

 そういう学校で「自信」を維持しているのは,ただの「自意識過剰人間」だけかもしれない。

 うまい「頼り方」を知らない世代は,孤立傾向を強めていく。

 「頼りにできない人」は,「頼られないこと」でますます離れていく。

 自信を回復するための最初の一歩は,「頼ること」である。

 子どもを頼っている人間は,給与の全てを返納してほしい。

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へにほんブログ村 教育ブログ 教師教育・教員養成へにほんブログ村 教育ブログ 社会科教育へ
教育問題・教育論 ブログランキングへ 

« 地雷を踏む教員 地雷をばらまく教員 | トップページ | 孤立・自壊する可能性に気づいた?中国との関係づくり »

教育」カテゴリの記事

コメント

人間,それぞれ長所と短所があります。
「よい教師」「いい教師」などと「単体」で評価したがる「専門家」がいますが,大事なのは「よき教師集団」であることです。
だれかのある部分の短所を,別の人がカバーする。
カバーしてくれた人の短所を,また別の人がカバーする・・・・・
こういうサポート力に優れた教員集団は,よき子ども集団をつくります。

他人の短所を利用するような人間がいる教師集団は,そういうことを平気でする子どもたちをつくります。教育とは本当に恐ろしい営みです。

貴方の仰る通りで、「頼り無さ」が蔓延している学校では、教育が成立しない。だが、その頼り無さも、反面教師的にある程度は要望されるファクターなのでしょうか。頼り無い教師には、頼り無い生徒が集まったりもします。頼り無い者同士、お互い本心を打ち明け、慰め合う事も可能になる場合があったりして、逆に、「頼り甲斐」のある教師には、それが出来なくなる事が考えられる。でも、矢張り頼れる存在にならないと、何時迄も不安定で無秩序な社会が継続するのも、現実が教えてくれているところです。嘘吐きばかりの安倍晋三には、全く「信頼がもてない」という中で、日本政治が混迷の一途を辿っている事を見れば、一目瞭然です。しかし、この安倍びょんの如く、最後まで徹底して「嘘を吐き通す」事が出来れば、それなりの支持率が確保され、延命出来る訳なのでしょうか。従って、浅薄な中身の無い首相の様に、自信も信頼も何にも無い教師達も、それを覆い隠して、真逆の所作を迷える生徒達の前では、徹頭徹尾、演技する事が必要不可欠となります。概ねの教師は、この演技力の拙さから逆効果を引き起こしてしまい、教育荒廃に輪を掛けているのが実状ではないでしょうか。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 自信をなくす教師たち:

« 地雷を踏む教員 地雷をばらまく教員 | トップページ | 孤立・自壊する可能性に気づいた?中国との関係づくり »

2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

宮城谷昌光の言葉

  • 雲のうえに頂をもつ高山を登ろうとするのに、その山相のすさまじさに圧倒され、おじけづいていては何もはじまらない。最初の一歩を踏み出さねば、山頂は近づいてこない。
    「楽毅」第四巻より
  • みごとなものだ。斂(おさ)めるところは斂め、棄てるところは棄てている。楽氏が棄てたところに、われわれの生きる道がある。
    「楽毅」第四巻より
  • 去ってゆく千里の馬を追っても、とても追いつかぬぞ。千里の馬の尾をつかむには、その脚が停まったときしかない
    「楽毅」第四巻より
  • ・・・つくづく人のふしぎさを感じた。道を歩く者は、足もとの石をたしかめようとしないということである。千里のかなたを照らす宝石がころがっていても、気がつかない。それほどの名宝は深山幽谷に踏みこまなければ得られないとおもいこんでいる。
    「楽毅」第三巻より
  • この城をもっとたやすく落とすべきであった。たやすく得たものは、たやすく手放せる。
    「楽毅」第二巻より
  • なにかを信じつづけることはむずかしい。それより、信じつづけたことをやめるほうが、さらにむずかしい。
    「楽毅」第二巻より
  • からだで、皮膚で、感じるところに自身をおくことをせず、頭で判断したことに自身を縛りつけておくのは、賢明ではなく、むしろ怠慢なのではないか
    「楽毅」第二巻より
  • こうする、ああする、といちいち目的と行動とを配下におしえつづけてゆけば、配下はただ命令を待つだけで、思考をしなくなる。この四人はいつなんどき多数の兵を指揮することになるかもしれず、そのときにそなえて自立した思考力をもつ必要がある。
    「楽毅」第二巻より
  • 人は自分の存在を最小にすることによって最大を得ることができる
    「楽毅」第三巻より
  • 勇と智とをあわせもっている者は、攻めるときよりも退くときに、なにかをなすときより、なにもなさないときに、その良質をあらわす
    「楽毅」第二巻より