ウェブページ

最近のトラックバック

本の検索・注文


  • サーチする:
    Amazon.co.jp のロゴ

« 都合の悪いことに目を向けさせなくする教育 | トップページ | 近づきにくい人に近づく方法 »

「知らない」ことが持っている大きなパワー

 教員に求められる資質能力に際限はない。

 子どもの学力低下が問題になれば,教員の教え方が悪い,となる。

 子ども同士の「いじめ合い」が増えると,人間愛が足りない,となる。

 教員養成系大学の教員の嘆きも深刻である。

 「そんなことまで大学で教えないといけないのか?小中高で何を学んできたのだ?」

 教員研修担当の指導主事や学校管理職の嘆きもある。

 「こんなのでどうして採用試験に合格できたのか?」

 現場教師の嘆きが最も深刻なのは言うまでもないが。

 「指導案も書けないのか」「指導案は書けるのに,授業が成立しない」

 子どもだけではない。

 教員にも,「知らないこと」「できないこと」が少なくない。

 しかし,「知らない」からできない。「能力がない」からできない。と嘆いていても,仕方がない。

 「知らない」「できないこと」をパワーにすればよいだけである。

 小学校の先生方には失礼かもしれないが,中学校で教えているとき,

 子どもが「知らない」「聞いたことがない」「読んだことがない」からこその「わかる」喜びを原動力にしている部分がある。そこで「自分からわかるようにしてしまおう」とする「近道」のありかを探っている。

 関心があるかないかで知識の習得度に大きな違いがあることは言うまでもない。

 私は相撲は大切な国技だと思っているが,18時に本番が終わってしまうようなスポーツはライブで見る機会がないから,関取の名前なども有名人以外はほとんど知らないし,知ろうとも思わない。

 「もっと知りたい」「もっとわかりたい」と思わせるきっかけが教育にあることで,「私にとっての相撲」以上のものが,子どもたちに生まれることを望んでいる。学校では,1日6時間の授業すべてでこれが起こると,放課後の時間がいくらあっても足りなくなってしまうが・・・。

 大学時代の授業を思い出す。私にとってのよい授業とは,もう講義に出ている時間を気にせずに,自分で講師の著書などから学ぶ気持ちにさせてくれた授業のことである。昔は,試験さえ受ければ単位はとれたから,講義の多くは参加していないのに,試験の結果がよくて好成績を取れる仕組みがあった(今はダメだろうが)。

 学校は,すべてを教えてくれるところではないし,すべてができるようになるところでもない。

 教科書に書いてあることは,むしろ,読めばわかるという前提で,教えないように指導する,というスタンスもありだろう。

 昨日の会議で,文科省の人が,「他の教科の内容を,専門ではない別の教科の人が教えなければならない,というのはおかしい」と発言したので,私は次のように返答した。

新しい学習指導要領の趣旨は,教科ごとに学ぶ知識を分けたのではなく,別々の「見方・考え方」があることを教科のアイデンティティとした。ある教科の内容(知識)を他の教科で扱うべきではない,と捉えられかねない発言は誤りである。

 行政の立場で受けやすい質問の答えを,まさか本人が本気で信じているとは思いたくないが・・・

では,◎◎科(教科名が入る)の教員にも,そういう知識が必要で,教えなければならないのですか?(私は嫌です)

 逃げの答えは,「その内容は,○○科で扱うので,大丈夫です」。 

 私のホンネは,

中学校に教える程度の教科の内容は,すべての教員が持っていてもおかしくない。なぜなら,中学校の過程を修了しているのだから。

 しかし高校や大学には,「専門ではない領域の内容は教えるべきではない」という常識がある。専門だというお墨付きがあってはじめて職が得られることが前提になっているので。逆に言うと,大学のセンセイの最大の弱点は,専門ではない人に,自分より高度な知見を教えられてしまうことである。学位をもった人よりも,学位はない予備校の先生の本が売れに売れるという話は,「前提の誤り」を如実に示す事例である。

 「正しい知識」の習得という話になると,議論がやや複雑になる。子ども同士に教え合いをさせて何も感じないようなセンセイには関係ない話だが,「専門ではない人の話は信用しない」という大学の暗黙のルールは,大学の存在意義というか正統性に根付く話だから,仕方がない。ただ教育の世界の場合,「研究者は役に立たない」ことは,現場に立った人間が実務上わかってしまう話だから,教職大学院が研究者だけでは成り立たない場所になるわけである。

 「知らない」「できない」という資源を最大に活用する方法を,教育学者ならもっと研究すべきだろう。

 教育産業はとっくにやっている,という話もあろうが,教育産業の弱みは「合格する」「できるようになる」ことを売りにしなければならないことである。

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へにほんブログ村 教育ブログ 教師教育・教員養成へにほんブログ村 教育ブログ 社会科教育へ
教育問題・教育論 ブログランキングへ

« 都合の悪いことに目を向けさせなくする教育 | トップページ | 近づきにくい人に近づく方法 »

教育」カテゴリの記事

アクティブ・ラーニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「知らない」ことが持っている大きなパワー:

« 都合の悪いことに目を向けさせなくする教育 | トップページ | 近づきにくい人に近づく方法 »

2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

宮城谷昌光の言葉

  • 雲のうえに頂をもつ高山を登ろうとするのに、その山相のすさまじさに圧倒され、おじけづいていては何もはじまらない。最初の一歩を踏み出さねば、山頂は近づいてこない。
    「楽毅」第四巻より
  • みごとなものだ。斂(おさ)めるところは斂め、棄てるところは棄てている。楽氏が棄てたところに、われわれの生きる道がある。
    「楽毅」第四巻より
  • 去ってゆく千里の馬を追っても、とても追いつかぬぞ。千里の馬の尾をつかむには、その脚が停まったときしかない
    「楽毅」第四巻より
  • ・・・つくづく人のふしぎさを感じた。道を歩く者は、足もとの石をたしかめようとしないということである。千里のかなたを照らす宝石がころがっていても、気がつかない。それほどの名宝は深山幽谷に踏みこまなければ得られないとおもいこんでいる。
    「楽毅」第三巻より
  • この城をもっとたやすく落とすべきであった。たやすく得たものは、たやすく手放せる。
    「楽毅」第二巻より
  • なにかを信じつづけることはむずかしい。それより、信じつづけたことをやめるほうが、さらにむずかしい。
    「楽毅」第二巻より
  • からだで、皮膚で、感じるところに自身をおくことをせず、頭で判断したことに自身を縛りつけておくのは、賢明ではなく、むしろ怠慢なのではないか
    「楽毅」第二巻より
  • こうする、ああする、といちいち目的と行動とを配下におしえつづけてゆけば、配下はただ命令を待つだけで、思考をしなくなる。この四人はいつなんどき多数の兵を指揮することになるかもしれず、そのときにそなえて自立した思考力をもつ必要がある。
    「楽毅」第二巻より
  • 人は自分の存在を最小にすることによって最大を得ることができる
    「楽毅」第三巻より
  • 勇と智とをあわせもっている者は、攻めるときよりも退くときに、なにかをなすときより、なにもなさないときに、その良質をあらわす
    「楽毅」第二巻より