ウェブページ

最近のトラックバック

本の検索・注文


  • サーチする:
    Amazon.co.jp のロゴ

« 子どもたちにとっての「迷惑行為」とは何か | トップページ | 国後島で考えたこと~日本の教育 »

「洗脳」か「常識」か

 まだ運動会で整然とした行進ができている中学校は,どのくらい残っているでしょうか。

 平成一桁の公立学校で,私が赴任していたところは,よく「軍隊の行進のようで,好きになれない」という苦情が寄せられていました。思っていても口に出来る人はわずかで,1万人に1人くらいの割合でしょうか。生徒たちも特に文句を言うわけでもなく,粛々と行進練習に励んでいました。もちろん動作が合わせられず,目立ってしまう生徒はよく叱られていましたから,そういう子は本当に嫌なのを我慢して行進していたのかもしれません。

 ある国の大学で,入学後にこの行進をさせられることに対して批判をした人物が,入学を取り消された,というニュースを目にしました。

 行進=軍国主義というのも極端な発想で,あのオリンピックでさえ,整然とした行進をする国もあるわけですから,「一面的な見方」で批判するのもどうかと思いますが,批判=侮辱という図式で入学を取り消されてしまうというのも,「民主主義」「人権尊重」という立場からは非常に隔たりのある考え方です。

 ある大学4年生に中学校時代のことを語ってもらったのですが,「先生の言うことは絶対」「先生に逆らうことはあり得ない」という環境だったようです。こういう学校環境なら,『星野君の二塁打』もとてもやりやすいのでしょうね。子どもの「主体性」よりも「絶対服従」を大切にする道徳心は,こういう環境の下ではもはや「常識」のようなので,教えたり考えたりする必要もないのでしょうが,「異分子」の芽を遺伝子レベルで潰すつもりでもあるのでしょう。

 ある行動が,「異様」に見えたり思えたりする状況は,グローバル社会で生きようとすると,いくらでも出てくるでしょう。そういう状況に応じる力をつける場所は,どこにあるのでしょうか。

 「あんな国に生まれなくてよかった」と他国を侮辱する感情を育てないようにするための,「指導上の留意点」はどこにあるのでしょうか。それは,「おかしな教材」が排除できないのであれば,それが「おかしな話」であることを認識できる環境をつくることでしょう。

 勉強だけしかしない毎日を送っても,大学には入学できます。

 そういう生活を送ってきた学生に,協調性を持たせる,という目的で行わせる「行進」が,「洗脳だ」と受け止められることに対して,どう考えるか,どういう声をかけるのか,道徳の時間に話し合ってもらったらいかがでしょう。

 テーマは「寛容」です。

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へにほんブログ村 教育ブログ 教師教育・教員養成へにほんブログ村 教育ブログ 社会科教育へ
教育問題・教育論 ブログランキングへ

« 子どもたちにとっての「迷惑行為」とは何か | トップページ | 国後島で考えたこと~日本の教育 »

教育」カテゴリの記事

ニュースより」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「洗脳」か「常識」か:

« 子どもたちにとっての「迷惑行為」とは何か | トップページ | 国後島で考えたこと~日本の教育 »

2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

宮城谷昌光の言葉

  • 雲のうえに頂をもつ高山を登ろうとするのに、その山相のすさまじさに圧倒され、おじけづいていては何もはじまらない。最初の一歩を踏み出さねば、山頂は近づいてこない。
    「楽毅」第四巻より
  • みごとなものだ。斂(おさ)めるところは斂め、棄てるところは棄てている。楽氏が棄てたところに、われわれの生きる道がある。
    「楽毅」第四巻より
  • 去ってゆく千里の馬を追っても、とても追いつかぬぞ。千里の馬の尾をつかむには、その脚が停まったときしかない
    「楽毅」第四巻より
  • ・・・つくづく人のふしぎさを感じた。道を歩く者は、足もとの石をたしかめようとしないということである。千里のかなたを照らす宝石がころがっていても、気がつかない。それほどの名宝は深山幽谷に踏みこまなければ得られないとおもいこんでいる。
    「楽毅」第三巻より
  • この城をもっとたやすく落とすべきであった。たやすく得たものは、たやすく手放せる。
    「楽毅」第二巻より
  • なにかを信じつづけることはむずかしい。それより、信じつづけたことをやめるほうが、さらにむずかしい。
    「楽毅」第二巻より
  • からだで、皮膚で、感じるところに自身をおくことをせず、頭で判断したことに自身を縛りつけておくのは、賢明ではなく、むしろ怠慢なのではないか
    「楽毅」第二巻より
  • こうする、ああする、といちいち目的と行動とを配下におしえつづけてゆけば、配下はただ命令を待つだけで、思考をしなくなる。この四人はいつなんどき多数の兵を指揮することになるかもしれず、そのときにそなえて自立した思考力をもつ必要がある。
    「楽毅」第二巻より
  • 人は自分の存在を最小にすることによって最大を得ることができる
    「楽毅」第三巻より
  • 勇と智とをあわせもっている者は、攻めるときよりも退くときに、なにかをなすときより、なにもなさないときに、その良質をあらわす
    「楽毅」第二巻より