ウェブページ

最近のトラックバック

本の検索・注文


  • サーチする:
    Amazon.co.jp のロゴ

« 「役に立つ知識」とは何か? | トップページ | 入試・採用における女子冷遇措置 »

利便性と危険性のバランス感覚

 歩きスマホより危険なのは,自転車を運転しながらスマホの画面を見たり操作したりする行為である。

 自動車の運転をしていて,「自転車スマホ」を発見すると,気になってついつい見てしまう。こちらも危険になる。

 「カーナビ」と同じように「チャリナビ」用のホルダーも販売されているが,運転しながら画面を見るのは危険な行為である。

 技術の進歩によって便利な世の中になっていく分,危険なことも増していく社会のあり方を教えることも学校の大きな役割になっている。

 考えてみれば,学校の中に入ってしまうと,大きな事故が全く起きないわけではないが,生活が便利になったことで危険が増しているということはあまりない。

 中学校1年生くらいは廊下を走ったり教室からすごい勢いで飛び出したりすることがあるが,こういう子どもがいる方が,「よける技」が身に付く,周囲に気を配るようになる,なんていう「利点」もある。

 ただ,赤信号や信号のない場所を渡ろうとする人が,「自動車は止まってくれるもの」と信じ切って(思い込んで),堂々としている様子も気にかかる。こちらはどちらかというと,高齢者に多い。若い人がスマホをいじりながら自転車を運転できる理由も同じようなものだろうか?

 事故を起こした経験などない方がよいのだが,一度(物理的に)痛い思いをしなければ改善しにくいことかもしれない。

 最近の交通安全教室は,警察官だけでなくスタントマンも登場し,実際の衝突場面を演じてくれたりもする。

 「本物の事故」を目撃する経験も大事だろう。

 話題が突然変わるが,最近の入試問題はミスが増えている。

 単純ミスは論外だが,少し工夫を凝らした問題で,ミスが起こりやすい。

 危険を冒す度胸がある人はあまりいないから,作問者は無難なところで妥協するものだが,「新しいもの」というだけで「いいもの」と捉える人が増えると,ミスも多発するかもしれない。

 「事故は起きない」と理由もなく信じるような人を,

 「事故はいつ起きてもおかしくない」と慎重でいられる人に変える方法を考えている。

 保険会社にそういうノウハウがあるのなら,教えてほしい。

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へにほんブログ村 教育ブログ 教師教育・教員養成へにほんブログ村 教育ブログ 社会科教育へ
教育問題・教育論 ブログランキングへ

« 「役に立つ知識」とは何か? | トップページ | 入試・採用における女子冷遇措置 »

教育」カテゴリの記事

生活指導」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 利便性と危険性のバランス感覚:

« 「役に立つ知識」とは何か? | トップページ | 入試・採用における女子冷遇措置 »

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

宮城谷昌光の言葉

  • 雲のうえに頂をもつ高山を登ろうとするのに、その山相のすさまじさに圧倒され、おじけづいていては何もはじまらない。最初の一歩を踏み出さねば、山頂は近づいてこない。
    「楽毅」第四巻より
  • みごとなものだ。斂(おさ)めるところは斂め、棄てるところは棄てている。楽氏が棄てたところに、われわれの生きる道がある。
    「楽毅」第四巻より
  • 去ってゆく千里の馬を追っても、とても追いつかぬぞ。千里の馬の尾をつかむには、その脚が停まったときしかない
    「楽毅」第四巻より
  • ・・・つくづく人のふしぎさを感じた。道を歩く者は、足もとの石をたしかめようとしないということである。千里のかなたを照らす宝石がころがっていても、気がつかない。それほどの名宝は深山幽谷に踏みこまなければ得られないとおもいこんでいる。
    「楽毅」第三巻より
  • この城をもっとたやすく落とすべきであった。たやすく得たものは、たやすく手放せる。
    「楽毅」第二巻より
  • なにかを信じつづけることはむずかしい。それより、信じつづけたことをやめるほうが、さらにむずかしい。
    「楽毅」第二巻より
  • からだで、皮膚で、感じるところに自身をおくことをせず、頭で判断したことに自身を縛りつけておくのは、賢明ではなく、むしろ怠慢なのではないか
    「楽毅」第二巻より
  • こうする、ああする、といちいち目的と行動とを配下におしえつづけてゆけば、配下はただ命令を待つだけで、思考をしなくなる。この四人はいつなんどき多数の兵を指揮することになるかもしれず、そのときにそなえて自立した思考力をもつ必要がある。
    「楽毅」第二巻より
  • 人は自分の存在を最小にすることによって最大を得ることができる
    「楽毅」第三巻より
  • 勇と智とをあわせもっている者は、攻めるときよりも退くときに、なにかをなすときより、なにもなさないときに、その良質をあらわす
    「楽毅」第二巻より