ウェブページ

最近のトラックバック

本の検索・注文


  • サーチする:
    Amazon.co.jp のロゴ

« 成績(評価・評定)管理の不徹底問題 | トップページ | 学校の評価・評定は,本当に適切なのか~中学校別評定割合一覧からわかること »

コミュニケーション能力の乏しい人たちが考えるコミュニケーション能力向上策

 「ウソをついていることがばれないように振る舞う」というコミュニケーション能力を求められている人たちは,本当に気の毒である。

 隠蔽,捏造,虚偽,改竄と,自ら進んで,または上司からの命令でさせられる人たちは,人と人とのコミュニケーションをどう捉えているのだろうか。

 こういう人たちが提唱する「コミュニケーション能力の向上」とは,何を指しているか。

 これを子どもたちに身に付けさせよう,と真面目に思っているとしたら,本当に空恐ろしい。

かねてコミュニケーション研究においては,言葉で伝わる「言語的メッセージ」よりも,眼差しや表情,仕草や姿勢,雰囲気や空気を通じて伝わる「非言語的メッセージ」の方が,何倍も大きな比重を占めることが明らかにされている。しかし,残念ながら,最近のビジネスパーソンの多くは,「言葉をいかに使うか」「資料をどう工夫するか」という次元でのコミュニケーションしか考えない傾向がある。
 だが,そうしたことは,コミュニケーションの技法という意味では,初歩的な段階にすぎない。(田坂広志著『深く考える力』より)

 教員である私は,「非言語的メッセージ」のことを「オーラ」と表現して,新入部員が入ってきたときに,「一番すごいオーラをもった先輩についていけ」というメッセージを(上級生がいる前で)伝えている。

 「何を言ってくるか」ではなく,「どんな姿を見せてくれるか」が大事である,というメッセージである。

 それは教員自身にとっても問われてくる。

 私は3年間の行政経験があるが,そこで体験した忘れられないことの一つが,「脳の一部が壊死していく感覚」であった。

 子どもたちの「言葉」はもちろん,「オーラ」や「行動」から様々なことを読み取りながら生活をしていたのが,「オーラ」を押し殺す人たちの集団に入ってしまったために,感覚を研ぎ澄ます必要がなくなってしまったからである。

 「答申」「通知」「通達」「命令」などによって行動する原理をもった世界における「コミュニケーション能力」は,せいぜい正確な「ホウレンソウ」くらいしかない・・・とまで言い切ると言い過ぎだが。

 「忖度」という非言語能力の機能だけを体得した人たちが,退職後に生かす場がなくなるのは寂しそうだ。

 「相手の質問をいかにはぐらかすか」「いかに答えずに済ますか」という場面だけが報道でクローズアップされている人たちは,とても気の毒な気がするが,「それが仕事だ」という印象から,「官僚は国家や国民の未来を守る気概で動いているんだ」という理念は絶対に見えてこない。

 各省庁から,どんどん情報が外に出てきている。これを「官僚の反乱」などと表現する人もいるが,「自壊する国家のパターン」を示すことよりも,「政治家ではなく国民を守る官僚の力」の事例になるように頑張ってほしい。

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へにほんブログ村 教育ブログ 教師教育・教員養成へにほんブログ村 教育ブログ 社会科教育へ
教育問題・教育論 ブログランキングへ

« 成績(評価・評定)管理の不徹底問題 | トップページ | 学校の評価・評定は,本当に適切なのか~中学校別評定割合一覧からわかること »

教育」カテゴリの記事

ニュースより」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

« 成績(評価・評定)管理の不徹底問題 | トップページ | 学校の評価・評定は,本当に適切なのか~中学校別評定割合一覧からわかること »

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

宮城谷昌光の言葉

  • 雲のうえに頂をもつ高山を登ろうとするのに、その山相のすさまじさに圧倒され、おじけづいていては何もはじまらない。最初の一歩を踏み出さねば、山頂は近づいてこない。
    「楽毅」第四巻より
  • みごとなものだ。斂(おさ)めるところは斂め、棄てるところは棄てている。楽氏が棄てたところに、われわれの生きる道がある。
    「楽毅」第四巻より
  • 去ってゆく千里の馬を追っても、とても追いつかぬぞ。千里の馬の尾をつかむには、その脚が停まったときしかない
    「楽毅」第四巻より
  • ・・・つくづく人のふしぎさを感じた。道を歩く者は、足もとの石をたしかめようとしないということである。千里のかなたを照らす宝石がころがっていても、気がつかない。それほどの名宝は深山幽谷に踏みこまなければ得られないとおもいこんでいる。
    「楽毅」第三巻より
  • この城をもっとたやすく落とすべきであった。たやすく得たものは、たやすく手放せる。
    「楽毅」第二巻より
  • なにかを信じつづけることはむずかしい。それより、信じつづけたことをやめるほうが、さらにむずかしい。
    「楽毅」第二巻より
  • からだで、皮膚で、感じるところに自身をおくことをせず、頭で判断したことに自身を縛りつけておくのは、賢明ではなく、むしろ怠慢なのではないか
    「楽毅」第二巻より
  • こうする、ああする、といちいち目的と行動とを配下におしえつづけてゆけば、配下はただ命令を待つだけで、思考をしなくなる。この四人はいつなんどき多数の兵を指揮することになるかもしれず、そのときにそなえて自立した思考力をもつ必要がある。
    「楽毅」第二巻より
  • 人は自分の存在を最小にすることによって最大を得ることができる
    「楽毅」第三巻より
  • 勇と智とをあわせもっている者は、攻めるときよりも退くときに、なにかをなすときより、なにもなさないときに、その良質をあらわす
    「楽毅」第二巻より