ウェブページ

最近のトラックバック

本の検索・注文


  • サーチする:
    Amazon.co.jp のロゴ

« アルマーニを着用する小学生から見える社会とは | トップページ | 実践発表は何のためにする? »

「道徳があるからやってんだろ」と詰られる子どもたち

 行動の規範を教える方法は様々あるが,昔からさまざまな「形から入る教育」があった。

 その「形」には,「挨拶の仕方」のように,理想型というか定型を直接的に教え込むタイプのものもあれば,

 「茶道」「武道」のように,「応用をきかせるため」に教えるものもある。

 ブランド品を着せるだけで,着ている人間は立派になる,と考える人はいないだろうが,

 「形」から入る教育には,明らかな失敗事例が多発するため,摩擦も増える。

 「柔道」の世界では,指導者レベルの人間が犯した罪が,「柔道」そのものの価値を大粉砕してしまったようだ。

 「武道」をやってもこんなにひどい人間になるのもいるんだ,という共通認識ができたことは貴重だったのかもしれない。

 教育の世界では,そもそも「道徳」という時間(これからは「特別な教科」)が存在すること自体が,摩擦の原因になることは,義務教育の教師ならだれでもわかることだろう。

 家庭環境が荒れた子どもの中には,「教師が気に入るような真面目な行動」が大嫌いで,周囲の子どもが

 別に当たり前のように行動していても,「あいつは教師の気に入られるような行動をしている」と邪推し,

 からかったり,暴力をふるったりするのが出てくる。

 中には,本当に「良い子のふりをしなければならない」苦痛に耐える必要があるのが「道徳」である。

 教育というのは,本来,こういう「邪推」が一切生まれない環境でできることが理想であるが,進路がからむ中学校だと,ただでさえ「教師」と「子ども」の関係は「お互いに嘘が必要」になってくる。そこへ最大の癌の「道徳」がのしかかってくる。

 あいつ,ボランティア活動を熱心にやっているが,あれは「奉仕の精神」の評価ねらいだな。

 学校に内緒でやってるんなら,評価できるのに・・・・。

 「なぜ評価してはいけないのか」がわからない連中たちと教育の話をするのは疲れる。

 「勘違いされたくない」という純粋な子どもの心を最も強力に邪魔している「道徳」。

 「道徳」の次に問題になってくるのは,「どこどこ小学校」などという学校の「看板」である。

 他の地域からわざわざバスで通学しにきて,「うるさい」「邪魔だ」と迷惑扱いされている子どもに

 ブランド品を着せて,どうにかしようとする,という発想は「道徳」以下だが。

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へにほんブログ村 教育ブログ 教師教育・教員養成へにほんブログ村 教育ブログ 社会科教育へ
教育問題・教育論 ブログランキングへ

« アルマーニを着用する小学生から見える社会とは | トップページ | 実践発表は何のためにする? »

教育」カテゴリの記事

教育改革」カテゴリの記事

道徳」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「道徳があるからやってんだろ」と詰られる子どもたち:

« アルマーニを着用する小学生から見える社会とは | トップページ | 実践発表は何のためにする? »

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

宮城谷昌光の言葉

  • 雲のうえに頂をもつ高山を登ろうとするのに、その山相のすさまじさに圧倒され、おじけづいていては何もはじまらない。最初の一歩を踏み出さねば、山頂は近づいてこない。
    「楽毅」第四巻より
  • みごとなものだ。斂(おさ)めるところは斂め、棄てるところは棄てている。楽氏が棄てたところに、われわれの生きる道がある。
    「楽毅」第四巻より
  • 去ってゆく千里の馬を追っても、とても追いつかぬぞ。千里の馬の尾をつかむには、その脚が停まったときしかない
    「楽毅」第四巻より
  • ・・・つくづく人のふしぎさを感じた。道を歩く者は、足もとの石をたしかめようとしないということである。千里のかなたを照らす宝石がころがっていても、気がつかない。それほどの名宝は深山幽谷に踏みこまなければ得られないとおもいこんでいる。
    「楽毅」第三巻より
  • この城をもっとたやすく落とすべきであった。たやすく得たものは、たやすく手放せる。
    「楽毅」第二巻より
  • なにかを信じつづけることはむずかしい。それより、信じつづけたことをやめるほうが、さらにむずかしい。
    「楽毅」第二巻より
  • からだで、皮膚で、感じるところに自身をおくことをせず、頭で判断したことに自身を縛りつけておくのは、賢明ではなく、むしろ怠慢なのではないか
    「楽毅」第二巻より
  • こうする、ああする、といちいち目的と行動とを配下におしえつづけてゆけば、配下はただ命令を待つだけで、思考をしなくなる。この四人はいつなんどき多数の兵を指揮することになるかもしれず、そのときにそなえて自立した思考力をもつ必要がある。
    「楽毅」第二巻より
  • 人は自分の存在を最小にすることによって最大を得ることができる
    「楽毅」第三巻より
  • 勇と智とをあわせもっている者は、攻めるときよりも退くときに、なにかをなすときより、なにもなさないときに、その良質をあらわす
    「楽毅」第二巻より