ウェブページ

最近のトラックバック

本の検索・注文


  • サーチする:
    Amazon.co.jp のロゴ

« 「お上の意向」と教育 | トップページ | 東京五輪マスコット~「選択する責任」を小学生に負わせるのが主権者教育? »

京大で起こっていることとは何か?

 入試問題の作問では,工夫した新しいタイプの問題を出そうと思えば思うほど,ミスのリスクが高まる。

 学生の創造性を豊かに育てようとしている京都大学が,つまらない問題を出題すれば,非難のもととなるほか,進学を敬遠する人が増えるかもしれない。

 つまらない問題を出している大学では,つまらない授業が行われていると考えるのが自然である。

 私は問題を見ていないので何とも言えないが,京大の出題ミスは「挑戦」が原因の一つであったことを願いたい。

 しかし,出題ミスの原因は,他のことも考えられる。

 それは,「退職等に伴うベテランの作問者の減少」である。

 経験の浅い人ばかりで作問をすると,ミスに気づきにくい。

 優秀でかつ作問能力が高かった人たちがどんどん現場からいなくなっているのではないか。

 それは,高校や小中学校でも起こっていることではないか。

 大学の附属学校での作問ミスもよく起こっている。

 学年末考査の時期である。

 中高のテストに誤りはないだろうか。

 何度も見直しを行い,ミスが発見されたら,速やかに対応したい。

 なお,国立大学のイメージダウンにつながるニュースは徹底的に報じる姿勢がマスコミに貫徹している。

 運営交付金を減らしたい文科省にとっても,財務省にとっても,私大出身の政治家たちにとっても,私大にとっても,有益な印象操作ができる。
 
 「国立大学はもういらない」。

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へにほんブログ村 教育ブログ 教師教育・教員養成へにほんブログ村 教育ブログ 社会科教育へ
教育問題・教育論 ブログランキングへ

« 「お上の意向」と教育 | トップページ | 東京五輪マスコット~「選択する責任」を小学生に負わせるのが主権者教育? »

教育」カテゴリの記事

ニュースより」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 京大で起こっていることとは何か?:

« 「お上の意向」と教育 | トップページ | 東京五輪マスコット~「選択する責任」を小学生に負わせるのが主権者教育? »

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

宮城谷昌光の言葉

  • 雲のうえに頂をもつ高山を登ろうとするのに、その山相のすさまじさに圧倒され、おじけづいていては何もはじまらない。最初の一歩を踏み出さねば、山頂は近づいてこない。
    「楽毅」第四巻より
  • みごとなものだ。斂(おさ)めるところは斂め、棄てるところは棄てている。楽氏が棄てたところに、われわれの生きる道がある。
    「楽毅」第四巻より
  • 去ってゆく千里の馬を追っても、とても追いつかぬぞ。千里の馬の尾をつかむには、その脚が停まったときしかない
    「楽毅」第四巻より
  • ・・・つくづく人のふしぎさを感じた。道を歩く者は、足もとの石をたしかめようとしないということである。千里のかなたを照らす宝石がころがっていても、気がつかない。それほどの名宝は深山幽谷に踏みこまなければ得られないとおもいこんでいる。
    「楽毅」第三巻より
  • この城をもっとたやすく落とすべきであった。たやすく得たものは、たやすく手放せる。
    「楽毅」第二巻より
  • なにかを信じつづけることはむずかしい。それより、信じつづけたことをやめるほうが、さらにむずかしい。
    「楽毅」第二巻より
  • からだで、皮膚で、感じるところに自身をおくことをせず、頭で判断したことに自身を縛りつけておくのは、賢明ではなく、むしろ怠慢なのではないか
    「楽毅」第二巻より
  • こうする、ああする、といちいち目的と行動とを配下におしえつづけてゆけば、配下はただ命令を待つだけで、思考をしなくなる。この四人はいつなんどき多数の兵を指揮することになるかもしれず、そのときにそなえて自立した思考力をもつ必要がある。
    「楽毅」第二巻より
  • 人は自分の存在を最小にすることによって最大を得ることができる
    「楽毅」第三巻より
  • 勇と智とをあわせもっている者は、攻めるときよりも退くときに、なにかをなすときより、なにもなさないときに、その良質をあらわす
    「楽毅」第二巻より