ウェブページ

最近のトラックバック

本の検索・注文


  • サーチする:
    Amazon.co.jp のロゴ

« 伝える技術に溺れるよりも,真摯な話しベタであれ | トップページ | 「良心」を守ったおかげで得られたもの »

人を散々苦しませておいて,「私には相談しないで」と訴える人

 教師が一番苦しませたくないのは,子どもである。

 残念ながら,一番苦しませたくないのは,自分だ,という教師も少なくない。

 ある人が酔っ払って書いている文章を読んでみると,

 大学時代のさまざまな授業の講義で知った本に書いてあることが,

 なぜかたくさん思い出された。

 教育が失敗する原因の大部分は教師にある。

 いかに失敗させ,そこからどれだけ身になることを学ばせることができるかが勝負だが,

 子どもや教師自身の自尊感情を傷つけて終わるだけというタイプの失敗を
 
 平気で繰り返す人がいる。

 30年前に学んだ心理学から言語学,社会学などとことごとく「つながっていく」のは,

 私が気の毒に思える人が多いからだろう。


 多くの教師が,混乱させられ,悩まされている。

 そんな教師の問題を,1冊や2冊の本が解決できるわけがない。

 具体的な解決策が書いてあるわけではなく,

 「解決した気になる」ことが書いてあるだけだから,

 本人に確かめたくなる。しかしそれでも問題は解決しない。

 教育という仕事は,「人間関係」「対人関係」そのものだと考えてよい。

 「本を読めばわかる」なんていう態度は,そもそも「人間関係」を築く教育自体を否定していることになる。

 「本(教科書)を読めばわかる」なんていう態度だから,『学び合い』が成立することになってしまうのだ。

 大学の研究論文が,同じ職業の人間か学位をとるための学生にしか読まれない理由を語るまでもないだろう。

 「人間関係」の悪化自体が食べていくためのエサになる仕事があることを忘れてはならない。
 
 「現実の」教育の世界では,自分の都合のよいことは表に出すが,

 都合の悪いことは出しにくい。

 なぜなら,現実に被害にあっている子どもを公開するわけにはいかないからである。

 元大学教員の先生がお灸を据えてくれたのだが,

 「酔っ払って大きなことを書いてすみません」といいながら,

 ちゃっかり本の宣伝をしているところがこのセンセイらしいところである。

 「私は苦しい思いをしている」と書けば,「思いやりのある人」は,

 相談しにくくなるのである。「人間関係のことは相談しないで!」と訴えていることが伝わっていく。

 この大学のセンセイが担任の先生だと,心優しい子どもは,本当に可哀想なことになる。

 教師としてやってはいけないことを堂々とご開陳しながらの「最強」宣言なのだから,

 ある意味では本当に「最強」である。
 
にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へにほんブログ村 教育ブログ 教師教育・教員養成へにほんブログ村 教育ブログ 社会科教育へ
教育問題・教育論 ブログランキングへ

« 伝える技術に溺れるよりも,真摯な話しベタであれ | トップページ | 「良心」を守ったおかげで得られたもの »

教育」カテゴリの記事

ニュースより」カテゴリの記事

学習指導要領」カテゴリの記事

教育改革」カテゴリの記事

リーダーシップ」カテゴリの記事

ブログネタ」カテゴリの記事

教職教育」カテゴリの記事

仕事術」カテゴリの記事

道徳」カテゴリの記事

教員の評価」カテゴリの記事

『学び合い』」カテゴリの記事

レジリエンス」カテゴリの記事

アクティブ・ラーニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 人を散々苦しませておいて,「私には相談しないで」と訴える人:

« 伝える技術に溺れるよりも,真摯な話しベタであれ | トップページ | 「良心」を守ったおかげで得られたもの »

2020年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

宮城谷昌光の言葉

  • 雲のうえに頂をもつ高山を登ろうとするのに、その山相のすさまじさに圧倒され、おじけづいていては何もはじまらない。最初の一歩を踏み出さねば、山頂は近づいてこない。
    「楽毅」第四巻より
  • みごとなものだ。斂(おさ)めるところは斂め、棄てるところは棄てている。楽氏が棄てたところに、われわれの生きる道がある。
    「楽毅」第四巻より
  • 去ってゆく千里の馬を追っても、とても追いつかぬぞ。千里の馬の尾をつかむには、その脚が停まったときしかない
    「楽毅」第四巻より
  • ・・・つくづく人のふしぎさを感じた。道を歩く者は、足もとの石をたしかめようとしないということである。千里のかなたを照らす宝石がころがっていても、気がつかない。それほどの名宝は深山幽谷に踏みこまなければ得られないとおもいこんでいる。
    「楽毅」第三巻より
  • この城をもっとたやすく落とすべきであった。たやすく得たものは、たやすく手放せる。
    「楽毅」第二巻より
  • なにかを信じつづけることはむずかしい。それより、信じつづけたことをやめるほうが、さらにむずかしい。
    「楽毅」第二巻より
  • からだで、皮膚で、感じるところに自身をおくことをせず、頭で判断したことに自身を縛りつけておくのは、賢明ではなく、むしろ怠慢なのではないか
    「楽毅」第二巻より
  • こうする、ああする、といちいち目的と行動とを配下におしえつづけてゆけば、配下はただ命令を待つだけで、思考をしなくなる。この四人はいつなんどき多数の兵を指揮することになるかもしれず、そのときにそなえて自立した思考力をもつ必要がある。
    「楽毅」第二巻より
  • 人は自分の存在を最小にすることによって最大を得ることができる
    「楽毅」第三巻より
  • 勇と智とをあわせもっている者は、攻めるときよりも退くときに、なにかをなすときより、なにもなさないときに、その良質をあらわす
    「楽毅」第二巻より