ウェブページ

最近のトラックバック

本の検索・注文


  • サーチする:
    Amazon.co.jp のロゴ

« 英語達者な先生に習っても英語の成績が向上しない理由 | トップページ | 家庭訪問が楽しみ »

学校現場という「甘えん坊」たちの巣窟

 こんなタイトル,管理職ではない学校の一教員だから書けるものかもしれない。

 学校の教員が,「締め切りに追われる」というのは,どういう場合か想像つくだろうか。

 私は6つくらいの出版社の原稿を抱えて,死にそうになっていたころがあったが,そんな話ではない。

 締め切りを過ぎるのが複数出てくると,本当に寝る時間がなくなる。

 部活の指導をして,授業の準備をした後に原稿を書くと,もう次の日の授業が始まる,なんていう生活になる。

 今でも夢に「締め切りに追われる自分」が出てくるのは困ったものである。

 学校には,準備しなければならない様々な「計画」がある。

 「道徳の年間計画・全体計画」「総合的な学習の・・・」「安全指導の・・・」などなど。

 「各教科の評価規準と評価基準」なども。「計画」の一種である。

 こういう「計画」は,年度当初か,教育課程届けを受理してもらうために,必要なものである。

 これ以外にも,指導主事に任用されて,私は初めて「学校はこんなにたくさん調査書類を提出しているんだ」ということがわかった。

 依頼文書の写しをつくり,教育長名で各学校長に依頼する。

 中には,自分のところに届いた時点で,すでに締め切りがかなり迫ってしまっている調査もあった。

 困るのは現場の教頭である。

 郵送では間に合わないから,FAXで先に送っておき,準備しておいてもらう。

 国→都道府県→区市町村→学校→区市町村→都道府県→国

 というルートで依頼される調査の結果が上がっていく。

 一カ所でも締め切りを守らないと,後に迷惑をかける。

 こういうプレッシャーのかかる経験をすると,

 締め切りを守らない人間は「悪魔」に見えてくる。

 もちろん,すべての教員がこういう「調査もの」にかかわるとは限らない。

 ただ,いつも「締め切り」など守ろうとしない人のところに,
 
 よくその人を知らなかった管理職が書類をまわしてしまうと,大変なことになる。

 「締め切りを守る」とかいうレベルではなく,

 「書類を紛失する」というレベルも存在する。

 「多分この辺に埋もれていると思うんですが・・・」

 真っ青になっている管理職の顔が目に浮かぶ。

 人によっては,書類をなくしておいて,

 「忙しいのに,こんな仕事をふりやがって!」と逆ギレする。

 そんな学校現場を見てきたが,子どもレベルの「甘えん坊」でも生きていける世界だったことを思うと,今では逆に微笑ましくもなる。

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へにほんブログ村 教育ブログ 教師教育・教員養成へにほんブログ村 教育ブログ 社会科教育へ
教育問題・教育論 ブログランキングへ 

« 英語達者な先生に習っても英語の成績が向上しない理由 | トップページ | 家庭訪問が楽しみ »

教育」カテゴリの記事

ニュースより」カテゴリの記事

教育改革」カテゴリの記事

リーダーシップ」カテゴリの記事

教職教育」カテゴリの記事

仕事術」カテゴリの記事

教師の逆コンピテンシー」カテゴリの記事

道徳」カテゴリの記事

教育実習」カテゴリの記事

教員の評価」カテゴリの記事

教員研修」カテゴリの記事

グローバル人材」カテゴリの記事

教員採用試験」カテゴリの記事

リスクマネジメント」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 学校現場という「甘えん坊」たちの巣窟:

« 英語達者な先生に習っても英語の成績が向上しない理由 | トップページ | 家庭訪問が楽しみ »

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

宮城谷昌光の言葉

  • 雲のうえに頂をもつ高山を登ろうとするのに、その山相のすさまじさに圧倒され、おじけづいていては何もはじまらない。最初の一歩を踏み出さねば、山頂は近づいてこない。
    「楽毅」第四巻より
  • みごとなものだ。斂(おさ)めるところは斂め、棄てるところは棄てている。楽氏が棄てたところに、われわれの生きる道がある。
    「楽毅」第四巻より
  • 去ってゆく千里の馬を追っても、とても追いつかぬぞ。千里の馬の尾をつかむには、その脚が停まったときしかない
    「楽毅」第四巻より
  • ・・・つくづく人のふしぎさを感じた。道を歩く者は、足もとの石をたしかめようとしないということである。千里のかなたを照らす宝石がころがっていても、気がつかない。それほどの名宝は深山幽谷に踏みこまなければ得られないとおもいこんでいる。
    「楽毅」第三巻より
  • この城をもっとたやすく落とすべきであった。たやすく得たものは、たやすく手放せる。
    「楽毅」第二巻より
  • なにかを信じつづけることはむずかしい。それより、信じつづけたことをやめるほうが、さらにむずかしい。
    「楽毅」第二巻より
  • からだで、皮膚で、感じるところに自身をおくことをせず、頭で判断したことに自身を縛りつけておくのは、賢明ではなく、むしろ怠慢なのではないか
    「楽毅」第二巻より
  • こうする、ああする、といちいち目的と行動とを配下におしえつづけてゆけば、配下はただ命令を待つだけで、思考をしなくなる。この四人はいつなんどき多数の兵を指揮することになるかもしれず、そのときにそなえて自立した思考力をもつ必要がある。
    「楽毅」第二巻より
  • 人は自分の存在を最小にすることによって最大を得ることができる
    「楽毅」第三巻より
  • 勇と智とをあわせもっている者は、攻めるときよりも退くときに、なにかをなすときより、なにもなさないときに、その良質をあらわす
    「楽毅」第二巻より