ウェブページ

最近のトラックバック

本の検索・注文


  • サーチする:
    Amazon.co.jp のロゴ

« 注目を浴びたい子どもがすること | トップページ | 理解するよりも誤解する人が多い教育論 »

いかにして手を抜くかを必死に考えるための教育論

 自分の理論に賛同してくれる教師だけを集めた学校はつくりたくない。

 それはそうだろう。

 「こんな理論では教育はできない」ことが,ものの見事に証明されてしまうからである。

 そもそも,「教育の仕事についていけない教師をつくりたくない」という動機が不純なのである。

 目の前にいる,「こんな学生,教師には向かない」と思える人が,どんどん採用される時代になっていくことの危機感があるのはわかる。

 ただ,そういう人たちを支えるのは,あくまでも現場の教師である。

 公立学校では,仕事ができる人に責任や役割が集中する。

 教育現場というのは,仕事ができない人は,仕事から遠ざかれる,「やさしい職場」である。

 小学校に限っては,担任としての業務にかかる負担が重く,離職率も高くなるかもしれない。

 それでも,学校は,今まで通りの「最低基準」は維持していかなければならない。

 いかに「最低基準」をさらに下げ,「だれでも楽できる職場をつくりたい」などというのは,「楽ができる職場にいる」人間の幻想に過ぎない。


にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へにほんブログ村 教育ブログ 教師教育・教員養成へにほんブログ村 教育ブログ 社会科教育へ
教育問題・教育論 ブログランキングへ

« 注目を浴びたい子どもがすること | トップページ | 理解するよりも誤解する人が多い教育論 »

『学び合い』」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: いかにして手を抜くかを必死に考えるための教育論:

« 注目を浴びたい子どもがすること | トップページ | 理解するよりも誤解する人が多い教育論 »

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

宮城谷昌光の言葉

  • 雲のうえに頂をもつ高山を登ろうとするのに、その山相のすさまじさに圧倒され、おじけづいていては何もはじまらない。最初の一歩を踏み出さねば、山頂は近づいてこない。
    「楽毅」第四巻より
  • みごとなものだ。斂(おさ)めるところは斂め、棄てるところは棄てている。楽氏が棄てたところに、われわれの生きる道がある。
    「楽毅」第四巻より
  • 去ってゆく千里の馬を追っても、とても追いつかぬぞ。千里の馬の尾をつかむには、その脚が停まったときしかない
    「楽毅」第四巻より
  • ・・・つくづく人のふしぎさを感じた。道を歩く者は、足もとの石をたしかめようとしないということである。千里のかなたを照らす宝石がころがっていても、気がつかない。それほどの名宝は深山幽谷に踏みこまなければ得られないとおもいこんでいる。
    「楽毅」第三巻より
  • この城をもっとたやすく落とすべきであった。たやすく得たものは、たやすく手放せる。
    「楽毅」第二巻より
  • なにかを信じつづけることはむずかしい。それより、信じつづけたことをやめるほうが、さらにむずかしい。
    「楽毅」第二巻より
  • からだで、皮膚で、感じるところに自身をおくことをせず、頭で判断したことに自身を縛りつけておくのは、賢明ではなく、むしろ怠慢なのではないか
    「楽毅」第二巻より
  • こうする、ああする、といちいち目的と行動とを配下におしえつづけてゆけば、配下はただ命令を待つだけで、思考をしなくなる。この四人はいつなんどき多数の兵を指揮することになるかもしれず、そのときにそなえて自立した思考力をもつ必要がある。
    「楽毅」第二巻より
  • 人は自分の存在を最小にすることによって最大を得ることができる
    「楽毅」第三巻より
  • 勇と智とをあわせもっている者は、攻めるときよりも退くときに、なにかをなすときより、なにもなさないときに、その良質をあらわす
    「楽毅」第二巻より