ウェブページ

最近のトラックバック

本の検索・注文


  • サーチする:
    Amazon.co.jp のロゴ

« 告示される前から失敗することがわかっている学習指導要領改訂のねらいとは | トップページ | インフルエンザによる高校入試の追試 »

悪徳商法と全く同じ手法を使う大学のセンセイ

 電通が叩かれる理由として,過労死問題とは別の心当たりがある人は少なくないだろう。

 高収入の背景には,高い成果と膨大な仕事量が求められる過酷な能力主義があることについては,納得がいくことである。

 「広告」に対しては,どこかに「だまされてはならない」という自制心が働くのが正常な受け止め方だろう。

 ネットの時代になっても,私も含め,紙(新聞や雑誌本体も含めて)の「広告」やテレビのコマーシャルのお世話になっている人が多いから,「広告」という仕事への忌避感が背景にあるとは考えないのが普通かもしれない。

 アンケートに答えたら,自分の年収に合った広告が入ってきたときに,「もう関係をもつのをやめよう」と思った会社があったが,一度答えたデータはもう消しようがないかもしれない。

 電通に社員向けの格言があったように,広告業界には,「消費者をだますためのテクニック」が当たり前のように存在する。

 ここでの「だます」の意味は,法律に触れる範囲のことではない。

 たとえば女性が化粧して「すっぴん状態」をわからないようにすることも「だます」に入ると考えていただきたい。

 本来,買うつもりがなかったもの,買う必要がなかったものを買わせるのが広告の仕事である。

 もちろん純粋に,定期的に買っていただいているのに,今月はまだだから,きらしてしまって不自由しているのではないですか,という趣旨の「広告」もあるかもしれない。

 ただ,夏の終わりに冬の着物は必要ないし,独身男性に高額な生命保険などは必要ないから,それをすすめるような「広告」は「いかにだますか」が力の見せ所といったことになっている。

 年収300万円の人が,ローンでベンツを買って乗りまわすことを,「悪いこと」だとは言わない。

 ただ,そのお金のもっと大事な使い途はないですか,と自問してもらいたくはなる。

 前置きが長くなったが,

 「モノを買わせる」「人を騙す」ための広告業界のテクニックには,
 
 「じらし(ティーザー広告)=大事な部分を隠しておく」,「不安を煽る」,「理想や夢を実現したいという欲望につけこむ」,「稀少性を訴える」,「権威を利用」などがある。

 この手法を見事にすべて利用している大学のセンセイがいる。

 どうでもいいものを公開する一方,大事なことは内緒にしている。それは,絶対にバレてはいけないことがあるからである。

 もちろん,違法性があるという趣旨の指摘をしているわけではない。

 「不安を煽る」手法を使っていることは,教育者というより宗教家としての資質の方が高いことを示している。

 宗教は,人の心の弱みにつけ込める「強さ」を持っている一方で,

 人から強い反発を受け,孤立しやすく,迫害されやすいという「弱さ」を持っている。

 教育は,人の「弱さ」を認めつつ,人の絆の「強さ」をつくる取り組みである。

 教育が宗教的に利用されると,ごく一部の人間の絆だけが強くなり,社会との絆が弱くなっていく。

 「賢い」子どもを育てるために,教育が譲ってはならない部分がどこにあるのか。

 教師としては,常に問い続けておきたい点である。

 
にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へにほんブログ村 教育ブログ 教師教育・教員養成へにほんブログ村 教育ブログ 社会科教育へ
教育問題・教育論 ブログランキングへ

« 告示される前から失敗することがわかっている学習指導要領改訂のねらいとは | トップページ | インフルエンザによる高校入試の追試 »

教育」カテゴリの記事

書評」カテゴリの記事

学習指導要領」カテゴリの記事

教育改革」カテゴリの記事

リーダーシップ」カテゴリの記事

ブログネタ」カテゴリの記事

教職教育」カテゴリの記事

仕事術」カテゴリの記事

教師の逆コンピテンシー」カテゴリの記事

小中連携」カテゴリの記事

道徳」カテゴリの記事

教育実習」カテゴリの記事

教員の評価」カテゴリの記事

教員研修」カテゴリの記事

『学び合い』」カテゴリの記事

アクティブ・ラーニング」カテゴリの記事

教員採用試験」カテゴリの記事

リスクマネジメント」カテゴリの記事

指導主事」カテゴリの記事

コメント

コメントありがとうございます。

医者の娘の上野千鶴子東大名誉教授の言葉とも共通性がありますね。

「平等に貧しくなろう」ですから。

中流ならまだいいですが,餓死しない程度の世帯所得を手に入れるために,小学校や中学校で結婚相手を見つけ,地元で生きてろという主張をN氏はどこかでしていました。

「一人も見捨てない」という発想は,「ほとんどの人を見殺しにする」こととイコールになってしまうことを,歴史が証明していることをご存じないのでしょう。

内容に共感しました。

確かに,知識をスムーズに伝達するだけならば,教員ひとりよりも複数の子供達が教えた方がよいでしょう。
しかし,このシステムの構造的問題は,「イノベーションを起こしにくい」という点にあります。つまり,「ひとりも見捨てない」というお題目のもと,教える側に負荷がかかると,「教える側の伸び悩み」と「教えてもらう側の依存感(誰かに助けてもらえる)」につながってしまいます。

そもそも,『学び合い』の背景には,いわゆる「一億総中流」思考があります。
西川氏は,「一般人が稼げるだけで充分」,「東京大学に入りたいと思っている人がいたら、『へ~、頑張ってね。そんなにまで勉強したいんだ、あはははは』と思えるような状態になればいい。」と述べていますから,西川氏のキャリア観は,「一億総中流」思考が強く読み取れます。この点を踏まえると,「ひとりも見捨てない」という『学び合い』の考え方もよく理解できます。

ただ,この「一億総中流」思考の一番の問題は,縮小再生産の形でしか運用できない点にあります。西川氏は,「一億総中流」になることで全員がハッピーになれると考えているようですが,現実的には「一億総中流」社会は,1970年以降の日本を見ても分かる通り,格差の拡大につながります。
現実の社会では,資本主義のもと,イノベーションが起こり雇用がうまれるわけですから,縮小再生産ではなく,革新的なアイデアやイノベーションを生み出せる人物を育てる必要があります。
ここの現実社会とのミスマッチ(現実社会:イノベーションが必要,『学び合い』:一億総中流)が,『学び合い』の問題点だと思います。

あくまで『学び合い』は,底上げという目的で利用すべきであり,すべてが『学び合い』で解決することはありえません。
むしろ,旧来の「一億総中流」思考を押し付けられ,革新的なアイデアやイノベーションを生み出せる人物を育てられない点においては,現状の教育の方が「まし」であると言えるでしょう。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 悪徳商法と全く同じ手法を使う大学のセンセイ:

« 告示される前から失敗することがわかっている学習指導要領改訂のねらいとは | トップページ | インフルエンザによる高校入試の追試 »

2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

宮城谷昌光の言葉

  • 雲のうえに頂をもつ高山を登ろうとするのに、その山相のすさまじさに圧倒され、おじけづいていては何もはじまらない。最初の一歩を踏み出さねば、山頂は近づいてこない。
    「楽毅」第四巻より
  • みごとなものだ。斂(おさ)めるところは斂め、棄てるところは棄てている。楽氏が棄てたところに、われわれの生きる道がある。
    「楽毅」第四巻より
  • 去ってゆく千里の馬を追っても、とても追いつかぬぞ。千里の馬の尾をつかむには、その脚が停まったときしかない
    「楽毅」第四巻より
  • ・・・つくづく人のふしぎさを感じた。道を歩く者は、足もとの石をたしかめようとしないということである。千里のかなたを照らす宝石がころがっていても、気がつかない。それほどの名宝は深山幽谷に踏みこまなければ得られないとおもいこんでいる。
    「楽毅」第三巻より
  • この城をもっとたやすく落とすべきであった。たやすく得たものは、たやすく手放せる。
    「楽毅」第二巻より
  • なにかを信じつづけることはむずかしい。それより、信じつづけたことをやめるほうが、さらにむずかしい。
    「楽毅」第二巻より
  • からだで、皮膚で、感じるところに自身をおくことをせず、頭で判断したことに自身を縛りつけておくのは、賢明ではなく、むしろ怠慢なのではないか
    「楽毅」第二巻より
  • こうする、ああする、といちいち目的と行動とを配下におしえつづけてゆけば、配下はただ命令を待つだけで、思考をしなくなる。この四人はいつなんどき多数の兵を指揮することになるかもしれず、そのときにそなえて自立した思考力をもつ必要がある。
    「楽毅」第二巻より
  • 人は自分の存在を最小にすることによって最大を得ることができる
    「楽毅」第三巻より
  • 勇と智とをあわせもっている者は、攻めるときよりも退くときに、なにかをなすときより、なにもなさないときに、その良質をあらわす
    「楽毅」第二巻より