ウェブページ

最近のトラックバック

本の検索・注文


  • サーチする:
    Amazon.co.jp のロゴ

« 感情移入を武器にする教育 | トップページ | イジメドッキリは,いじめを助長するきっかけになるか »

65歳以上=「准高齢者」,75歳以上=「高齢者」時代へ突入か

 老年学会という組織の存在をニュースで初めて知った。

 学会員の構成を知りたいが,それよりも「高齢者」のくくりの変更提案については,以前にもあったことを思い出している。

 1億総活躍社会の実現には,高齢者の「働き」が重要な意味をもってくる。

 生徒とこの話題を論じたときに出てきた考えは,

 「人によって年齢と元気さが異なる」というもので,

 75歳でも健康的な方もいれば,65歳以上で働くことが困難な方もいる・・・・

 身近な高齢者を多く知っているために,意見も具体的である。

 教育現場では,ぜひとも65歳以上の方々の活躍の場を確保したい。

 私の勤務校の教員OB,OGの会には,100歳近い人も参加しているため,

 65歳くらいの先生は実働部隊だが,かなりの「下っ端」である。

 さすがに100歳に近づけば,歩くこともままならないが,

 「話す」ことにかけては全く引けを取らない。

 目を閉じればそこに60歳くらいの先生が立たれているような気になる。

 「老害」という言葉でこうした経験豊富な先生方を排除したい人もいるだろうが,

 排除したいという点では,30代でもちらほら存在しており違いはない。

 長い長い「中年時代」の真ん中当たりにいる身としては,

 自分が75歳で何をしているか,実感が湧きにくいが,

 フォールドワークでの研究を欠かさず実践されている方もいる。

 その徳にあやかりたいという気持ちを抱かせてくれる人が,

 学校現場にどれだけ存在するだろう。

 道徳とは,その人の体からにじみ出てくるものに影響される,「そういう教育にあたるもの」であってほしい。

 少なくとも,健康な高齢者の割合が増えることが,日本全体の成長にとって二重の意味で重要であることを強調してほしい。

 そして,健康であるためには,何が必要か,タイプごとに整理してみてほしい。

 働くことを生きがいにするタイプの人,自分の築いた財産を使って趣味に生きたいタイプの人など,さまざまな「生活スタイル」の提案をセットにして,不安のない終活が送れるまでのイメージをつくっていってもらいたい。

 83歳になられた天皇陛下の一日の仕事を宮内庁HPからコピーした。こんな多忙な83歳がどこの世界にいらっしゃるだろうか。

*****************

天皇陛下お誕生日行事一覧
平成28年12月23日(金)
時刻 出御 行事 事項 場所
午前9:00 御代拝 天長祭の儀 三殿
同9:30 両陛下 祝賀及びお祝酒 侍従長始め侍従職職員 御所
同10:00 天皇陛下 祝賀 長官始め課長相当以上の者,参与及び御用掛 鳳凰の間
同10:05 皇后陛下 祝賀 長官,次長(職員総代),参与 花の間
同10:20 両陛下
お始め 一般参賀 春秋の間
(東庭)
同10:30 天皇陛下 祝賀の儀 皇太子同妃お始め皇族各殿下 松の間
同10:30 皇后陛下 祝賀 皇太子同妃お始め皇族各殿下 梅の間
同10:40 両陛下 お祝酒 皇太子同妃お始め皇族各殿下,元皇族,御親族 連翠(南)
同11:00 両陛下
お始め 一般参賀 春秋の間
(東庭)
同11:05 天皇陛下 祝賀 宮内庁職員,皇宮警察本部職員 北溜
同11:30 天皇陛下 祝賀 旧奉仕者会会員(元宮内庁職員及び元皇宮警察本部職員) 北溜
同11:40 両陛下
お始め 一般参賀 春秋の間
(東庭)
同11:50 天皇陛下 祝賀 堂上会総代(3名) 鳳凰の間
午後0:55 天皇陛下 祝賀の儀 内閣総理大臣,衆・参両院議長,最高裁判所長官 松の間
同1:00 両陛下
お始め 宴会の儀 内閣総理大臣等 豊明殿
同3:00 両陛下
お始め 茶会の儀 各国の外交使節団の長及びその配偶者 春秋の間
同3:30 両陛下 茶会 元参与,松栄会会員,元側近奉仕者,元御用掛 連翠(北)
同4:40 両陛下 茶会 御進講者等御関係者 御所
同6:00 両陛下 祝賀 愛子内親王殿下
悠仁親王殿下  御所
同6:30 両陛下 お祝御膳 皇太子同妃両殿下
秋篠宮同妃両殿下
黒田様御夫妻 御所
 
******************* 

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へにほんブログ村 教育ブログ 教師教育・教員養成へにほんブログ村 教育ブログ 社会科教育へ
教育問題・教育論 ブログランキングへ

« 感情移入を武器にする教育 | トップページ | イジメドッキリは,いじめを助長するきっかけになるか »

教育」カテゴリの記事

ニュースより」カテゴリの記事

教育改革」カテゴリの記事

リーダーシップ」カテゴリの記事

歴史学習」カテゴリの記事

社会科」カテゴリの記事

ブログネタ」カテゴリの記事

教職教育」カテゴリの記事

仕事術」カテゴリの記事

教師の逆コンピテンシー」カテゴリの記事

教育実習」カテゴリの記事

教員研修」カテゴリの記事

レジリエンス」カテゴリの記事

リスクマネジメント」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 感情移入を武器にする教育 | トップページ | イジメドッキリは,いじめを助長するきっかけになるか »

2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

宮城谷昌光の言葉

  • 雲のうえに頂をもつ高山を登ろうとするのに、その山相のすさまじさに圧倒され、おじけづいていては何もはじまらない。最初の一歩を踏み出さねば、山頂は近づいてこない。
    「楽毅」第四巻より
  • みごとなものだ。斂(おさ)めるところは斂め、棄てるところは棄てている。楽氏が棄てたところに、われわれの生きる道がある。
    「楽毅」第四巻より
  • 去ってゆく千里の馬を追っても、とても追いつかぬぞ。千里の馬の尾をつかむには、その脚が停まったときしかない
    「楽毅」第四巻より
  • ・・・つくづく人のふしぎさを感じた。道を歩く者は、足もとの石をたしかめようとしないということである。千里のかなたを照らす宝石がころがっていても、気がつかない。それほどの名宝は深山幽谷に踏みこまなければ得られないとおもいこんでいる。
    「楽毅」第三巻より
  • この城をもっとたやすく落とすべきであった。たやすく得たものは、たやすく手放せる。
    「楽毅」第二巻より
  • なにかを信じつづけることはむずかしい。それより、信じつづけたことをやめるほうが、さらにむずかしい。
    「楽毅」第二巻より
  • からだで、皮膚で、感じるところに自身をおくことをせず、頭で判断したことに自身を縛りつけておくのは、賢明ではなく、むしろ怠慢なのではないか
    「楽毅」第二巻より
  • こうする、ああする、といちいち目的と行動とを配下におしえつづけてゆけば、配下はただ命令を待つだけで、思考をしなくなる。この四人はいつなんどき多数の兵を指揮することになるかもしれず、そのときにそなえて自立した思考力をもつ必要がある。
    「楽毅」第二巻より
  • 人は自分の存在を最小にすることによって最大を得ることができる
    「楽毅」第三巻より
  • 勇と智とをあわせもっている者は、攻めるときよりも退くときに、なにかをなすときより、なにもなさないときに、その良質をあらわす
    「楽毅」第二巻より