ウェブページ

最近のトラックバック

本の検索・注文


  • サーチする:
    Amazon.co.jp のロゴ

« 不信感は能力を低下させる~日本シリーズ第6戦でカープが負けた理由~ | トップページ | 「同志」とは,共通の敵と戦う仲間のこと。革命集団がもたらす災い。 »

大川小の教師たちを非難することは簡単。だが,自分たちも同じことをしているかもしれないという自覚をもつべき。

 自分と同じことをしている人間を非難する人たちをときどき目にする。

 自分の机の周りは散らかし放題なのに,他の人たちが整理整頓できていないことに文句ばかり言っている人。

 電車の中で,自分が周囲の人の邪魔をしているのに,自分にとって邪魔な人に対して怒っている人。

 教育ブログでもおなじみの,人の悪口しか言わないのに,自分が悪口を言われるとキレる人。


 
 大川小の教師を非難している人たちの中に,似たようなのはいないか?

 「山に登って子どもが怪我したら,だれが責任取るんだ?」

 という脅し方を教頭にした教師がいるという。管理職をそういう方法で脅す教員はいないか?

 「津波が来ないかもしれないのに,子どもを危険な目にあわせるわけにはいかない」

 という発想。

 「全員がバスに乗れないのだから,乗れる子と乗れない子がいるのは不平等だ」

 とあくまで「一人も例外を出さない」ことにこだわる教師。

 「一人も見捨てない」などといって,「ほとんど全員を殺してしまう」タイプの教員はいないか?


 
 命の危険をともなう決断ではなかったが,

 実は私も「教員の意見が分かれる」同じような場面を震災当日も,翌日も経験している。

 校外に出かける行事中で,電話も不通になったため,引率主任や学年主任は「上からの指示」がもらえない状態に戸惑っていた。

 私は「今,そんなものは必要ない。現場にいるあなたが最高責任者だ」と主張したが,引率主任はいつまわってくるかわからない公衆電話の長い列の中にずっといた。

 学年主任は迷っているだけだった。

 決して責任を取るのが嫌だったというわけではなく,決断するのが怖かったのだろう。

 自信がない。だから,決断しない。これで助かってきた経験がマイナスに働いてしまったのだ。

 状況は,大川小とほとんど同じだったのである。

 避難できる高い建物はどこにもない。

 そもそも,地震で倒壊する可能性があるといって,建物の中には入れなかった。

 そういう状況だったが,避難できる場所を発見して,実際にそこに移動するまで気の遠くなるような時間が必要だった。

 大川小では,低い川の方向に移動してすぐに津波がやって来たので,最後尾にいた教員や子どもはわずかだが助かったらしい。

 ということは,もう少し長く校庭でもめていたら,全員が山に登って助かった可能性もあった。

 だから,一概に「教員たちがもめていたこと」が原因とも言えず,「低い方向へ移動したこと」が直接的な原因だったとも考えられる。

 
 管理職の指示や命令をきかないタイプの教員は,昔はたくさんいただろうが,

 徐々に減ってきているはずである。

 逆に,管理職の指示がないと,何もできない人が増えていないか,そっちの方が心配である。


にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へにほんブログ村 教育ブログ 教師教育・教員養成へにほんブログ村 教育ブログ 社会科教育へ
教育問題・教育論 ブログランキングへ 

« 不信感は能力を低下させる~日本シリーズ第6戦でカープが負けた理由~ | トップページ | 「同志」とは,共通の敵と戦う仲間のこと。革命集団がもたらす災い。 »

教育」カテゴリの記事

ニュースより」カテゴリの記事

教育改革」カテゴリの記事

リーダーシップ」カテゴリの記事

ブログネタ」カテゴリの記事

学校評価」カテゴリの記事

教職教育」カテゴリの記事

仕事術」カテゴリの記事

教師の逆コンピテンシー」カテゴリの記事

教育実習」カテゴリの記事

教員の評価」カテゴリの記事

教員研修」カテゴリの記事

『学び合い』」カテゴリの記事

レジリエンス」カテゴリの記事

リスクマネジメント」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 不信感は能力を低下させる~日本シリーズ第6戦でカープが負けた理由~ | トップページ | 「同志」とは,共通の敵と戦う仲間のこと。革命集団がもたらす災い。 »

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

宮城谷昌光の言葉

  • 雲のうえに頂をもつ高山を登ろうとするのに、その山相のすさまじさに圧倒され、おじけづいていては何もはじまらない。最初の一歩を踏み出さねば、山頂は近づいてこない。
    「楽毅」第四巻より
  • みごとなものだ。斂(おさ)めるところは斂め、棄てるところは棄てている。楽氏が棄てたところに、われわれの生きる道がある。
    「楽毅」第四巻より
  • 去ってゆく千里の馬を追っても、とても追いつかぬぞ。千里の馬の尾をつかむには、その脚が停まったときしかない
    「楽毅」第四巻より
  • ・・・つくづく人のふしぎさを感じた。道を歩く者は、足もとの石をたしかめようとしないということである。千里のかなたを照らす宝石がころがっていても、気がつかない。それほどの名宝は深山幽谷に踏みこまなければ得られないとおもいこんでいる。
    「楽毅」第三巻より
  • この城をもっとたやすく落とすべきであった。たやすく得たものは、たやすく手放せる。
    「楽毅」第二巻より
  • なにかを信じつづけることはむずかしい。それより、信じつづけたことをやめるほうが、さらにむずかしい。
    「楽毅」第二巻より
  • からだで、皮膚で、感じるところに自身をおくことをせず、頭で判断したことに自身を縛りつけておくのは、賢明ではなく、むしろ怠慢なのではないか
    「楽毅」第二巻より
  • こうする、ああする、といちいち目的と行動とを配下におしえつづけてゆけば、配下はただ命令を待つだけで、思考をしなくなる。この四人はいつなんどき多数の兵を指揮することになるかもしれず、そのときにそなえて自立した思考力をもつ必要がある。
    「楽毅」第二巻より
  • 人は自分の存在を最小にすることによって最大を得ることができる
    「楽毅」第三巻より
  • 勇と智とをあわせもっている者は、攻めるときよりも退くときに、なにかをなすときより、なにもなさないときに、その良質をあらわす
    「楽毅」第二巻より