ウェブページ

最近のトラックバック

本の検索・注文


  • サーチする:
    Amazon.co.jp のロゴ

« 失敗したときの反応を見たい面接官 | トップページ | 「ゆとり教育」と「詰め込み教育」のいいところではなく問題点だけが際立ってくる次期学習指導要領 »

理想=幻想と現実のあいだ~SMAPとEUと教育改革~

 ファン心理は除外して,「SMAP解散」による影響を多面的に見てみよう,という課題を出すと,

 まずは「経済的損失」あるいは「経済的利益」が目のつけどころになるのだろうか。

 もし「解散コンサート」を開くと,どれだけの収入が得られるか?

 解散後の各メンバーの収入はそれぞれどのように変化するのか?

 事務所の「損害」はどれくらいなのか?

 アクティブ・ラーニングの課題を,子どもの興味・関心に応じて設定すると,教師あるいは子どもたちの「調査能力」が課題になる。

 「正解を得る必要がない」という安心感が強すぎると,調査などはせずに

 「ああでもない」「こうでもない」とただただ想像を口にするだけで終わってしまうから,

 まともな資質・能力が育つとは考えにくい。

 「おもしろそうな課題ほど,追究場面が困難になったり,追究過程がいい加減になりやすい」ことを教師は経験によって知っている。

 だから,「先が見えている課題」ばかりを教室で実践することになる。

 「多面的な思考」の具体的な定義はとてもしにくい。

 「一面的でなければ多面的といえるか」というとそうでもないし,

 ただ多面的に考えてみても,そこに意味や意義が見いだせないと意味がない。

 「SMAP」などの芸能人のグループやユニットは,「ファンのためにある」ものなら,

 「解散」への圧力を加えたメンバーや周囲の環境は「ファンを裏切る側」になる。

 芸能人のグループやユニットでも,「個人の意思が尊重されるべき」ものなら,

 ファンが悲しもうが,事務所が困ろうが,恩義がどうとか関係なく,

 解散でも別居でも何でもありである。

 だれにとっての「理想」なのか。

 だれが勝手に「幻想」を抱いているのか。

 「言い分」なり「立場」がはっきりしているイギリスなどはとても分かりやすい。

 ただ,EUから離脱すべきだと考えている人でも,離脱後にイギリスが大変な状態に陥れば,「後悔」の年に襲われるかもしれない。

 これから,「ゆとり世代」の教師たちが中心になって,

 「詰め込み世代」の保護者ににらまれながら,

 「アクティブ・ラーニング世代」の子どもたちを教育していく時代が来る。

 「詰め込み」も解散,「ゆとり」も解散した。

 「アクティブ・ラーニング」は,両者の「いいところ」を見事にスルーして教育しないような下策にならないよう,気をつけなければならない。


にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へにほんブログ村 教育ブログ 教師教育・教員養成へにほんブログ村 教育ブログ 社会科教育へ
教育問題・教育論 ブログランキングへ

« 失敗したときの反応を見たい面接官 | トップページ | 「ゆとり教育」と「詰め込み教育」のいいところではなく問題点だけが際立ってくる次期学習指導要領 »

教育」カテゴリの記事

ニュースより」カテゴリの記事

学習指導要領」カテゴリの記事

教育改革」カテゴリの記事

リーダーシップ」カテゴリの記事

教職教育」カテゴリの記事

仕事術」カテゴリの記事

教師の逆コンピテンシー」カテゴリの記事

教育実習」カテゴリの記事

教員の評価」カテゴリの記事

教員研修」カテゴリの記事

グローバル人材」カテゴリの記事

『学び合い』」カテゴリの記事

レジリエンス」カテゴリの記事

アクティブ・ラーニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 理想=幻想と現実のあいだ~SMAPとEUと教育改革~:

« 失敗したときの反応を見たい面接官 | トップページ | 「ゆとり教育」と「詰め込み教育」のいいところではなく問題点だけが際立ってくる次期学習指導要領 »

2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

宮城谷昌光の言葉

  • 雲のうえに頂をもつ高山を登ろうとするのに、その山相のすさまじさに圧倒され、おじけづいていては何もはじまらない。最初の一歩を踏み出さねば、山頂は近づいてこない。
    「楽毅」第四巻より
  • みごとなものだ。斂(おさ)めるところは斂め、棄てるところは棄てている。楽氏が棄てたところに、われわれの生きる道がある。
    「楽毅」第四巻より
  • 去ってゆく千里の馬を追っても、とても追いつかぬぞ。千里の馬の尾をつかむには、その脚が停まったときしかない
    「楽毅」第四巻より
  • ・・・つくづく人のふしぎさを感じた。道を歩く者は、足もとの石をたしかめようとしないということである。千里のかなたを照らす宝石がころがっていても、気がつかない。それほどの名宝は深山幽谷に踏みこまなければ得られないとおもいこんでいる。
    「楽毅」第三巻より
  • この城をもっとたやすく落とすべきであった。たやすく得たものは、たやすく手放せる。
    「楽毅」第二巻より
  • なにかを信じつづけることはむずかしい。それより、信じつづけたことをやめるほうが、さらにむずかしい。
    「楽毅」第二巻より
  • からだで、皮膚で、感じるところに自身をおくことをせず、頭で判断したことに自身を縛りつけておくのは、賢明ではなく、むしろ怠慢なのではないか
    「楽毅」第二巻より
  • こうする、ああする、といちいち目的と行動とを配下におしえつづけてゆけば、配下はただ命令を待つだけで、思考をしなくなる。この四人はいつなんどき多数の兵を指揮することになるかもしれず、そのときにそなえて自立した思考力をもつ必要がある。
    「楽毅」第二巻より
  • 人は自分の存在を最小にすることによって最大を得ることができる
    「楽毅」第三巻より
  • 勇と智とをあわせもっている者は、攻めるときよりも退くときに、なにかをなすときより、なにもなさないときに、その良質をあらわす
    「楽毅」第二巻より