ウェブページ

最近のトラックバック

本の検索・注文


  • サーチする:
    Amazon.co.jp のロゴ

« よい授業を続ける教師がしていること | トップページ | 沖縄教員採用試験問題「丸写し問題」から見る「教員採用の資質・能力」 »

「社会的な見方・考え方」を教えるために

 次期学習指導要領の目玉は,(改正)教育基本法(・・・註:実は,この内容自体に課題があるのだが・・・)や学校教育法の規定にそくして,子どもに身につけさせたい資質・能力を明らかに示して,それを育てるために各教科等独自の「見方・考え方」を働かせることができるような学習指導を目指すことにある。

 社会科・地理歴史科・公民科では,「社会的な見方・考え方」を育成しなければならない。

 「社会的な見方・考え方」で根本的に大切な発想は,

 「人によって違いがある」「見方・考え方は1つではない」ということである。

 週刊東洋経済8月27日号の佐藤優コラムでは,「さまざまな事件を読み解く3つの視点」が紹介されている。

 分けて考えるべき「3つの視点」=「事実関係」「認識」「評価」。

 「事実関係」の理解を誤ると,当然,「認識」や「評価」も間違ったものになる。

 しかし,「正確な事実関係をおさえること」は,たとえば犯罪操作を例に取ってみても,決して易しいものとは言えないことが想像できる。

 だれか(あるいは組織)が事実を隠したり,違うことを事実として発表したり,一部の事実しか発表しなかったり・・・。

 だから,「社会的な見方・考え方」でまずは大事なのは,「そこに示された事実関係が,本当のものかどうか,一応は疑ってみる」という批判的な姿勢をもつことである。

 「振り込め詐欺」にひっかかる人に,こういう姿勢の大切さを突きつけるのは酷だろうか。

 
 「社会の見方・考え方」の難しい点は,

 「事実関係」が同じでも,「認識」が同じになるとは限らない,ということである。

 私はこのコラムを読むまで知らなかったが,トランプ大統領候補がアメリカではバッシングを受けているが,ロシアでは肯定的な内容のものが多いということ。

>米国で孤立主義的な外交哲学を持って,主要国との「すみ分け」を提唱する賢明な政治家が米国大統領候補になったという印象を受ける

 「認識」が異なる背景にあるのは,「認識を導く利害関心」が異なることである。

 その「事実関係」が,自分たちにとって「望ましいことか」「望ましくないことか」によって,「認識」は180度違うものになるかもしれない。

 「利害関心」とまでいかなくても,「目標」が異なれば,「認識」が変わる例として,

 せっかく90点をとったのに,家で親から叱られた,というケースが教育では想定できる。

 同じ90点でも,「とても努力した結果,点が上がった」という子どもの認識と,「満点に10点も足りない」という親の認識は異なる。

 
 これは教育の世界の話だと笑うことはできない。

 たとえば災害対策や環境問題への「認識」は,今のままで本当によいのだろうか。

>逮捕されることが予想される人やメディアバッシングが予想される人は,楽観論に傾く傾向がある

 冷静な「認識」の持ち方を社会科では教えなければならない,ということである。

 
 最後の「評価」についても,難しい課題である。

 50億円かけて都知事選挙をする意味があったかどうか,という問いを立てると,

 人によって意見は対立するだろう。

 
 しかし,「評価」を念頭においた意思決定,政策判断というものも大切である。

 社会科で教える「社会的な見方・考え方」は,奥が深い。


にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へにほんブログ村 教育ブログ 教師教育・教員養成へにほんブログ村 教育ブログ 社会科教育へ
教育問題・教育論 ブログランキングへ 

« よい授業を続ける教師がしていること | トップページ | 沖縄教員採用試験問題「丸写し問題」から見る「教員採用の資質・能力」 »

教育」カテゴリの記事

学習指導要領」カテゴリの記事

教育改革」カテゴリの記事

リーダーシップ」カテゴリの記事

歴史学習」カテゴリの記事

社会科」カテゴリの記事

教職教育」カテゴリの記事

仕事術」カテゴリの記事

教師の逆コンピテンシー」カテゴリの記事

教育実習」カテゴリの記事

教員研修」カテゴリの記事

グローバル人材」カテゴリの記事

アクティブ・ラーニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「社会的な見方・考え方」を教えるために:

« よい授業を続ける教師がしていること | トップページ | 沖縄教員採用試験問題「丸写し問題」から見る「教員採用の資質・能力」 »

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

宮城谷昌光の言葉

  • 雲のうえに頂をもつ高山を登ろうとするのに、その山相のすさまじさに圧倒され、おじけづいていては何もはじまらない。最初の一歩を踏み出さねば、山頂は近づいてこない。
    「楽毅」第四巻より
  • みごとなものだ。斂(おさ)めるところは斂め、棄てるところは棄てている。楽氏が棄てたところに、われわれの生きる道がある。
    「楽毅」第四巻より
  • 去ってゆく千里の馬を追っても、とても追いつかぬぞ。千里の馬の尾をつかむには、その脚が停まったときしかない
    「楽毅」第四巻より
  • ・・・つくづく人のふしぎさを感じた。道を歩く者は、足もとの石をたしかめようとしないということである。千里のかなたを照らす宝石がころがっていても、気がつかない。それほどの名宝は深山幽谷に踏みこまなければ得られないとおもいこんでいる。
    「楽毅」第三巻より
  • この城をもっとたやすく落とすべきであった。たやすく得たものは、たやすく手放せる。
    「楽毅」第二巻より
  • なにかを信じつづけることはむずかしい。それより、信じつづけたことをやめるほうが、さらにむずかしい。
    「楽毅」第二巻より
  • からだで、皮膚で、感じるところに自身をおくことをせず、頭で判断したことに自身を縛りつけておくのは、賢明ではなく、むしろ怠慢なのではないか
    「楽毅」第二巻より
  • こうする、ああする、といちいち目的と行動とを配下におしえつづけてゆけば、配下はただ命令を待つだけで、思考をしなくなる。この四人はいつなんどき多数の兵を指揮することになるかもしれず、そのときにそなえて自立した思考力をもつ必要がある。
    「楽毅」第二巻より
  • 人は自分の存在を最小にすることによって最大を得ることができる
    「楽毅」第三巻より
  • 勇と智とをあわせもっている者は、攻めるときよりも退くときに、なにかをなすときより、なにもなさないときに、その良質をあらわす
    「楽毅」第二巻より