ウェブページ

最近のトラックバック

本の検索・注文


  • サーチする:
    Amazon.co.jp のロゴ

« タイムスリップを体感できる「公楽園」 | トップページ | 悪底部(アクティブ)・ラーニングの金太郎飴 »

空理空論に堕ち,問題山積の次期学習指導要領

 次期学習指導要領の方向性がほぼ固まったようである。

 率直な感想は,典型的な観念先行型の空理空論のお手本のような趣旨だということである。

 関係者は「今までにないものをつくろう」と粋がっているようだが,

 今回の改訂の最大の特色は,作り手側が自滅しかけているところにあると思われる。

 実施前から,相当数の児童生徒たちが「おおむね満足」な学習の実現状況に達しないことが目に見えている。

 私の予想では,「まともに教科書がつくれない」初めての学習指導要領になる。


 次期学習指導要領の本当の趣旨から言えば,「教科書なんて必要ない」というより,

 むしろ教科書があると,「主体的な学習」が阻害されることになり,

 子どもたちに望んでいる資質・能力が保証されにくくなってしまうことになる。

 「作り手側の自滅」とは,こういう意味も含んでいる。

 あなたの中学校,高校時代の歴史の授業を思い起こしていただきたい。

 私は,教科書を開いて授業を受けたことがほとんどない。

 資料プリントか,教師の話と板書を中心に授業が進む。

 授業中に問いがいくつも発せられるから,与えられた情報の中からその答えを考える。

 もちろん,「教科書に書かれていると思われる知識」も総動員して。

 課題をグループで解決するような形式になれば,ほぼ「アクティブ・ラーニング」になる。

 次期学習指導要領の目指すものは,この学習のさらに上を行くことになる。

 「主体的に学ぶ」ことが中心的な柱になるから,教師が問いを発すること自体,子どもの「主体性」を邪魔することになってしまう。「問い」も子どもが考え,自らの解決に向かう学習を進めていかなければ,求めている資質・能力が身についたとは言えない教育になってしまうのだ。

  
 もし,こういう授業ではなく,まるで国語のように,教科書を開き,最初から文章を読んでいくような歴史の授業を受けていた人は,「主体的な学習」のイメージはわかないのではないか。

 教科書には「背景」「原因」「経過」「結果」「結論」が順序よく示されており,どこからどう読んでも,「導き出したい話」が全部載ってしまっている。

 
 だから,もし歴史的思考力を本気で身につけさせようとしたら,教科書を読めば,国語の問題として解けてしまうような問いを発するべきではない。

 こういうレベルの話を,すべての子どもたちに身につけさせようとしているのが,次期学習指導要領である。

 ある教科の雑誌の特集を読んでも,引用元が同じだから,みんな同じようにつまらない話ばかりが並んでしまっている。

 結論を「学習指導要領に左右される度合いは少ない」などと,そもそもの編集意図を台無しにしてしまうような結論で終わっているものまである。

 地に足がつかない話が今後も延々と続けられることになるだろうが,

 まずは,学習指導要領の中身がどうなるかに注目したい。


 にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へにほんブログ村 教育ブログ 教師教育・教員養成へにほんブログ村 教育ブログ 社会科教育へ
教育問題・教育論 ブログランキングへ

« タイムスリップを体感できる「公楽園」 | トップページ | 悪底部(アクティブ)・ラーニングの金太郎飴 »

教育」カテゴリの記事

ニュースより」カテゴリの記事

学習指導要領」カテゴリの記事

教育改革」カテゴリの記事

リーダーシップ」カテゴリの記事

ブログネタ」カテゴリの記事

「ゆとり教育」」カテゴリの記事

教職教育」カテゴリの記事

仕事術」カテゴリの記事

教師の逆コンピテンシー」カテゴリの記事

教育実習」カテゴリの記事

教員の評価」カテゴリの記事

教員研修」カテゴリの記事

グローバル人材」カテゴリの記事

アクティブ・ラーニング」カテゴリの記事

公共空間と私共空間」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 空理空論に堕ち,問題山積の次期学習指導要領:

« タイムスリップを体感できる「公楽園」 | トップページ | 悪底部(アクティブ)・ラーニングの金太郎飴 »

2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

宮城谷昌光の言葉

  • 雲のうえに頂をもつ高山を登ろうとするのに、その山相のすさまじさに圧倒され、おじけづいていては何もはじまらない。最初の一歩を踏み出さねば、山頂は近づいてこない。
    「楽毅」第四巻より
  • みごとなものだ。斂(おさ)めるところは斂め、棄てるところは棄てている。楽氏が棄てたところに、われわれの生きる道がある。
    「楽毅」第四巻より
  • 去ってゆく千里の馬を追っても、とても追いつかぬぞ。千里の馬の尾をつかむには、その脚が停まったときしかない
    「楽毅」第四巻より
  • ・・・つくづく人のふしぎさを感じた。道を歩く者は、足もとの石をたしかめようとしないということである。千里のかなたを照らす宝石がころがっていても、気がつかない。それほどの名宝は深山幽谷に踏みこまなければ得られないとおもいこんでいる。
    「楽毅」第三巻より
  • この城をもっとたやすく落とすべきであった。たやすく得たものは、たやすく手放せる。
    「楽毅」第二巻より
  • なにかを信じつづけることはむずかしい。それより、信じつづけたことをやめるほうが、さらにむずかしい。
    「楽毅」第二巻より
  • からだで、皮膚で、感じるところに自身をおくことをせず、頭で判断したことに自身を縛りつけておくのは、賢明ではなく、むしろ怠慢なのではないか
    「楽毅」第二巻より
  • こうする、ああする、といちいち目的と行動とを配下におしえつづけてゆけば、配下はただ命令を待つだけで、思考をしなくなる。この四人はいつなんどき多数の兵を指揮することになるかもしれず、そのときにそなえて自立した思考力をもつ必要がある。
    「楽毅」第二巻より
  • 人は自分の存在を最小にすることによって最大を得ることができる
    「楽毅」第三巻より
  • 勇と智とをあわせもっている者は、攻めるときよりも退くときに、なにかをなすときより、なにもなさないときに、その良質をあらわす
    「楽毅」第二巻より