ウェブページ

最近のトラックバック

本の検索・注文


  • サーチする:
    Amazon.co.jp のロゴ

« 『学び合い』では子どもの「自主性」が育たない理由 | トップページ | 「地獄へようこそ」と迎えられる国でのオリンピック »

1冊の本の価値の格差

 教育の世界の人間ばかりを相手に話をしている人は,話せば話すほど,自分自身がドツボにはまっていく感覚をもてるようにした方がよい。

 日本全国,どこに行っても似たような反応が返ってくる理由は何かと自問してみればよい。

 教育など,所詮は「日本国内の問題」としか捉えていない人が大部分である。相手が教師であれば,なおさらである。

 読書編で紹介した1冊の本には,本当に衝撃を受けた。

 教育関係の図書とは,内容の重みに天と地ほどの差がある。

 1冊の価値の格差をこれほどまでに強く感じたことはなかった。

 アクティブ・ラーニングの関係書のほとんどは,「内容に乏しい」。

 それはそうだろう。「ハウツー本」なのだから。「だれにでもできる」ことを書いてあるというのだから。

 一方,「事実」を積み上げてできあがるノンフィクションものに,しばらくふれていなかったことを後悔している。

 教育の世界では,「事実」のほとんどがプライバシーにかかわるものだから,内容が公になることはあまりない。

 「世界史未履修」とか「保健の授業をやっていない」とか「免許失効教員」とかの問題は,それで困る子どもがだれもいなかったとしたら,そもそも必要がないものであることがわかってしまうという点で,本当は隠しておきたい「事実」だった。「教員免許」すらもっていなくても,授業や業務が成立してしまう「事実」が明らかになってしまうのも困りものである。

 だれがどのような教え方をしたら,どういうタイプの子どもがどれだけ上達したのか,こういうことはたとえばテニススクールのようなところでは,情報の共有化がなされ,コーチの技能の向上に企業として役立てられているのかもしれない。

 しかし,学校では,極小規模のところでさえ,教科別のこうした「個別指導の具体的経過と上達の記録」が整っているところはないだろう。「指導要録」程度の内容で,意味があるとは思えない。

 かつては,ドキュメンタリーのような指導記録が刊行されていた時代もあったが,どうしても個々の子どものプライバシーが壁になる。特に障がいをもった子どもに焦点が当てられる場合などは。

 「事実」の記録を残しようがないタイプの教育方法は,何としても手を抜いて17時に帰りたいと思っている教師たちには願ってもない道具だろう。

 時期も時期だから政治的内容にはふれにくいのだが,「事実」が残ってしまう仕事というのは本当にきついものである。

 自分の身を守ることに精一杯の人間が考えることと,世界の人々から尊敬が得られるほど,国際的な貢献を増やしていきたいと願う人間が考えることのレベルにどれだけの隔たりがあることか。

 視野が広いということが,本当にプラスにはたらくだけのことなのか。

 今,世界の人々の視野は確実に狭くなっていっているのではないか。

 日本は,それを広げることに何かの役割を果たせるのではないか。

 価値の異なる2冊の本を前にしただけで,真剣に考えるべき課題がいくつも浮かんでくるのはありがたいことである。


にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へにほんブログ村 教育ブログ 教師教育・教員養成へにほんブログ村 教育ブログ 社会科教育へ
教育問題・教育論 ブログランキングへ

« 『学び合い』では子どもの「自主性」が育たない理由 | トップページ | 「地獄へようこそ」と迎えられる国でのオリンピック »

教育」カテゴリの記事

ニュースより」カテゴリの記事

教育改革」カテゴリの記事

リーダーシップ」カテゴリの記事

学力向上」カテゴリの記事

教職教育」カテゴリの記事

仕事術」カテゴリの記事

教師の逆コンピテンシー」カテゴリの記事

小中連携」カテゴリの記事

教育実習」カテゴリの記事

教員の評価」カテゴリの記事

教員研修」カテゴリの記事

グローバル人材」カテゴリの記事

『学び合い』」カテゴリの記事

アクティブ・ラーニング」カテゴリの記事

公共空間と私共空間」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 1冊の本の価値の格差:

« 『学び合い』では子どもの「自主性」が育たない理由 | トップページ | 「地獄へようこそ」と迎えられる国でのオリンピック »

2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

宮城谷昌光の言葉

  • 雲のうえに頂をもつ高山を登ろうとするのに、その山相のすさまじさに圧倒され、おじけづいていては何もはじまらない。最初の一歩を踏み出さねば、山頂は近づいてこない。
    「楽毅」第四巻より
  • みごとなものだ。斂(おさ)めるところは斂め、棄てるところは棄てている。楽氏が棄てたところに、われわれの生きる道がある。
    「楽毅」第四巻より
  • 去ってゆく千里の馬を追っても、とても追いつかぬぞ。千里の馬の尾をつかむには、その脚が停まったときしかない
    「楽毅」第四巻より
  • ・・・つくづく人のふしぎさを感じた。道を歩く者は、足もとの石をたしかめようとしないということである。千里のかなたを照らす宝石がころがっていても、気がつかない。それほどの名宝は深山幽谷に踏みこまなければ得られないとおもいこんでいる。
    「楽毅」第三巻より
  • この城をもっとたやすく落とすべきであった。たやすく得たものは、たやすく手放せる。
    「楽毅」第二巻より
  • なにかを信じつづけることはむずかしい。それより、信じつづけたことをやめるほうが、さらにむずかしい。
    「楽毅」第二巻より
  • からだで、皮膚で、感じるところに自身をおくことをせず、頭で判断したことに自身を縛りつけておくのは、賢明ではなく、むしろ怠慢なのではないか
    「楽毅」第二巻より
  • こうする、ああする、といちいち目的と行動とを配下におしえつづけてゆけば、配下はただ命令を待つだけで、思考をしなくなる。この四人はいつなんどき多数の兵を指揮することになるかもしれず、そのときにそなえて自立した思考力をもつ必要がある。
    「楽毅」第二巻より
  • 人は自分の存在を最小にすることによって最大を得ることができる
    「楽毅」第三巻より
  • 勇と智とをあわせもっている者は、攻めるときよりも退くときに、なにかをなすときより、なにもなさないときに、その良質をあらわす
    「楽毅」第二巻より