ウェブページ

最近のトラックバック

本の検索・注文


  • サーチする:
    Amazon.co.jp のロゴ

« デジタル教科書の使用が招く学力低下 | トップページ | 日本人の大多数が「英語嫌い」になるシナリオ »

中学生やその保護者が求める「教員の質」が低下する最大の理由

 日本の中学校では,「部活動」が果たしている役割が極めて大きい。

 だから,当たり前のことだが,中学校の教師にかかる「部活動」指導の負担も大きい。

 昔から,運動部の指導が苦手な教員は一定数いたが,吹奏楽,合唱など,文化部系の部活動をもってもらうなどして,何とかなっていた。

 今,現場で何が起きているかというと,中学校や高校,大学で,運動系の部活動やサークル活動に熱心に参加したことがなく,「お勉強」中心の生活を送って,「教員採用試験」に合格している人の割合が相当に高まってしまっていることが予想される。

 20年前くらいから,実際にその傾向が高まっていることを感じた私は,知り合いの人事部の担当者に直接聞いてみたことがあるが,その答えは守秘義務があるし内容が恐ろしすぎてここでは書けない。

 大量採用の時代には,ばりばりの運動部経験者が教員に採用されており,希望する部活動の顧問の地位の取り合いも起こっていた。今,そういう人たちがどんどん退職している。

 この流れは,「教育の正常化」である,という見方も成り立ちうるが,自分たちが経験できたことを,

 自分たちの子どもができなくなっている現状を見ている保護者としては,いらだちの方が先に立ってしまうだろう。

 しかし残念ながら,「受験偏差値が高い」(とは言っても・・・)ので教育公務員試験に合格できるというだけの人が大量に教員に採用されていく。


 建前上は,「授業が上手」「思いやりがある」教師を子どもや親は求めつつも,

 「部活動の指導を熱心に行ってくれる」「厳しい」教師が現場には求められている。

 
 時代は,「部活動を担当しなくていい権利」を現職のセンセイが主張するところまで来ている。

 署名まで集めて。

 今度は,「そんな教師を自治体は採用しないでくれ」という署名を保護者たちがする番である。

 「教員リコール制度」も必要なのか。


にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へにほんブログ村 教育ブログ 教師教育・教員養成へにほんブログ村 教育ブログ 社会科教育へ
教育問題・教育論 ブログランキングへ

« デジタル教科書の使用が招く学力低下 | トップページ | 日本人の大多数が「英語嫌い」になるシナリオ »

教育」カテゴリの記事

ニュースより」カテゴリの記事

教育改革」カテゴリの記事

リーダーシップ」カテゴリの記事

ブログネタ」カテゴリの記事

教職教育」カテゴリの記事

教師の逆コンピテンシー」カテゴリの記事

教育実習」カテゴリの記事

教員の評価」カテゴリの記事

教員研修」カテゴリの記事

生活指導」カテゴリの記事

教員採用試験」カテゴリの記事

コメント

コメントありがとうございます。

ある教員養成系大学の内情を聞きました。

もともと教員志望自体が少ないというあり得ないことと,それ以上にショックな情報が・・・。

首都圏は大量採用。私の知る範囲では
多種多様なタイプを採用していると感じられております。

とある教育委員会・人事の方が
「試験は「選考」であって、ペーパーのみを重視していない。
 部活やりたい人から学習指導ができる人、年齢構成など
 幅広く見ている。」
と、述べておられました。

ペーパー重視型の採用も多いのでしょうが
首都圏では、倍率の低さで、もっと深刻な問題が出ています。
そもそも人間としての資質の問題が。
質の低下は、どこでも悩ましい問題だと感じておる次第です。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 中学生やその保護者が求める「教員の質」が低下する最大の理由:

« デジタル教科書の使用が招く学力低下 | トップページ | 日本人の大多数が「英語嫌い」になるシナリオ »

2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

宮城谷昌光の言葉

  • 雲のうえに頂をもつ高山を登ろうとするのに、その山相のすさまじさに圧倒され、おじけづいていては何もはじまらない。最初の一歩を踏み出さねば、山頂は近づいてこない。
    「楽毅」第四巻より
  • みごとなものだ。斂(おさ)めるところは斂め、棄てるところは棄てている。楽氏が棄てたところに、われわれの生きる道がある。
    「楽毅」第四巻より
  • 去ってゆく千里の馬を追っても、とても追いつかぬぞ。千里の馬の尾をつかむには、その脚が停まったときしかない
    「楽毅」第四巻より
  • ・・・つくづく人のふしぎさを感じた。道を歩く者は、足もとの石をたしかめようとしないということである。千里のかなたを照らす宝石がころがっていても、気がつかない。それほどの名宝は深山幽谷に踏みこまなければ得られないとおもいこんでいる。
    「楽毅」第三巻より
  • この城をもっとたやすく落とすべきであった。たやすく得たものは、たやすく手放せる。
    「楽毅」第二巻より
  • なにかを信じつづけることはむずかしい。それより、信じつづけたことをやめるほうが、さらにむずかしい。
    「楽毅」第二巻より
  • からだで、皮膚で、感じるところに自身をおくことをせず、頭で判断したことに自身を縛りつけておくのは、賢明ではなく、むしろ怠慢なのではないか
    「楽毅」第二巻より
  • こうする、ああする、といちいち目的と行動とを配下におしえつづけてゆけば、配下はただ命令を待つだけで、思考をしなくなる。この四人はいつなんどき多数の兵を指揮することになるかもしれず、そのときにそなえて自立した思考力をもつ必要がある。
    「楽毅」第二巻より
  • 人は自分の存在を最小にすることによって最大を得ることができる
    「楽毅」第三巻より
  • 勇と智とをあわせもっている者は、攻めるときよりも退くときに、なにかをなすときより、なにもなさないときに、その良質をあらわす
    「楽毅」第二巻より