ウェブページ

最近のトラックバック

本の検索・注文


  • サーチする:
    Amazon.co.jp のロゴ

« 知識を獲得することが楽しい時期と思考することが楽しくなる時期 | トップページ | 学校への「正式な要望」の提出方法 »

「ライバルを出し抜く」という経験ができない教育界

 タイトルをお読みになって,「いやいや,そんなことはない,これこれという事情がある」と実例を紹介したい人を刺激するための言葉でもある。

 なぜこのようなテーマの文章を書こうと思ってしまったかというと,週刊東洋経済4月16日号のコラム「知の技法 出世の作法」で佐藤優さんが次のようなことを紹介していたからである。

>極秘情報をリーク(漏洩)して自らに有利な状況を作ることができないようでは,一級の外交官と言えない。リークが露見しないように細心の注意を払いつつ秘密を暴露する能力も,ライバルと差をつけるうえではとても重要なのだ。

 このあと紹介されるのは,日ロ関係をめぐる権力闘争の話で,情報源があると新聞には紹介されないこんな話が読めるのかと感動してしまう。

 ただ,私の関心は,官僚社会や企業社会のような「組織内のライバルとの戦い」を知らない教員世界の問題にある。

 学校でも子どもの喧嘩のような「足の引っ張り合い」は起こるが,「ライバルに勝つ」などという発想は,部活動の大会を除けば,教育界にはほんと存在しない。

 学校現場には子どもの学力向上が求められているが,そもそも学力の場合,自分が教えたからよくできるようになったのか,もともとできるのかの区別はつきにくい。塾に通っている子どもの場合も言うまでもない。

 自分のクラスの成績がよくなったからといって,それで給料が上がるわけでもなく,むしろ他のクラスの子どもの心配をしてあげるのが良識のある教師というものである。

 中には「いいクラスになったのは自分の指導力の賜だ」といい気になって本まで出版してしまう恥知らずもいるが,それはクラスで傷ついたり,教師に不満をもったり,学力不振で悩んだりした経験をもつ子どもへの想像力の欠如がなせる業に過ぎない。

 効果があるとすれば,とりあえず「自信に満ちた雰囲気がある」ために子どもに安心感を与えるという面は肯定できるかもしれない。

 競争がない社会では,競争がある社会以上に,「腐敗」が起こりやすい。

 学会などでは適当にデータを捏造して自分の都合の良い論文がいくらでも書けてしまうが,教育界ではこんな出鱈目はまだ可愛いものである。

 競争がない社会の「腐敗」ほど手に負えないものはないのだ。

 新しいことにチャレンジしない。

 できるだけ手を抜くことを考える。

 子どもが生き生きしているだけで満足する。

 こういう教師が増えていることは,出版物の売れ行きや研究会等への自主的な参加が増えているのかどうかで判断することができよう。

 教育は仕事の成果が数値化しにくいこと,子どもと自分との関係でほとんど完結する社会だから,「腐敗」がばれにくいという背景があることも課題である。

 週刊誌ではよく「公立校」に子どもを通わせている親の悩みが特集されている。

 「腐敗」の根は深いので,やはり「競争」原理が機能している塾業界に頼らざるを得ないのが現状だろう。

 「競争」原理が働いている公立の中高一貫の場合は,学校が塾業界に頼ってくれているという安心材料がある。 

 
にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へにほんブログ村 教育ブログ 教師教育・教員養成へにほんブログ村 教育ブログ 社会科教育へ
教育問題・教育論 ブログランキングへ 

« 知識を獲得することが楽しい時期と思考することが楽しくなる時期 | トップページ | 学校への「正式な要望」の提出方法 »

教育」カテゴリの記事

教育改革」カテゴリの記事

リーダーシップ」カテゴリの記事

教職教育」カテゴリの記事

仕事術」カテゴリの記事

教師の逆コンピテンシー」カテゴリの記事

小中連携」カテゴリの記事

教育実習」カテゴリの記事

教員の評価」カテゴリの記事

教員研修」カテゴリの記事

グローバル人材」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「ライバルを出し抜く」という経験ができない教育界:

« 知識を獲得することが楽しい時期と思考することが楽しくなる時期 | トップページ | 学校への「正式な要望」の提出方法 »

2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

宮城谷昌光の言葉

  • 雲のうえに頂をもつ高山を登ろうとするのに、その山相のすさまじさに圧倒され、おじけづいていては何もはじまらない。最初の一歩を踏み出さねば、山頂は近づいてこない。
    「楽毅」第四巻より
  • みごとなものだ。斂(おさ)めるところは斂め、棄てるところは棄てている。楽氏が棄てたところに、われわれの生きる道がある。
    「楽毅」第四巻より
  • 去ってゆく千里の馬を追っても、とても追いつかぬぞ。千里の馬の尾をつかむには、その脚が停まったときしかない
    「楽毅」第四巻より
  • ・・・つくづく人のふしぎさを感じた。道を歩く者は、足もとの石をたしかめようとしないということである。千里のかなたを照らす宝石がころがっていても、気がつかない。それほどの名宝は深山幽谷に踏みこまなければ得られないとおもいこんでいる。
    「楽毅」第三巻より
  • この城をもっとたやすく落とすべきであった。たやすく得たものは、たやすく手放せる。
    「楽毅」第二巻より
  • なにかを信じつづけることはむずかしい。それより、信じつづけたことをやめるほうが、さらにむずかしい。
    「楽毅」第二巻より
  • からだで、皮膚で、感じるところに自身をおくことをせず、頭で判断したことに自身を縛りつけておくのは、賢明ではなく、むしろ怠慢なのではないか
    「楽毅」第二巻より
  • こうする、ああする、といちいち目的と行動とを配下におしえつづけてゆけば、配下はただ命令を待つだけで、思考をしなくなる。この四人はいつなんどき多数の兵を指揮することになるかもしれず、そのときにそなえて自立した思考力をもつ必要がある。
    「楽毅」第二巻より
  • 人は自分の存在を最小にすることによって最大を得ることができる
    「楽毅」第三巻より
  • 勇と智とをあわせもっている者は、攻めるときよりも退くときに、なにかをなすときより、なにもなさないときに、その良質をあらわす
    「楽毅」第二巻より