ウェブページ

最近のトラックバック

本の検索・注文


  • サーチする:
    Amazon.co.jp のロゴ

« どんなに偏差値が高い学校でも,1学年に200人いたら,200番の生徒がいる | トップページ | なぜ指導案が書ける実習生の授業が下手で,指導案が書けない実習生の方が授業が上手なのか? »

校長の言葉の「重さ」と「軽さ」~「2人産め」と言われた子どもはどう思ったか?~

 公立学校の校長の上司は市区町村の教育長である。

 任用の権限を握っているのは都道府県教育委員会だが,学校を設置しているのは市区町村だから。

 校長は,出張が多いと言われるが,市区町村で実施している定例の校長会があり,

 教育長は毎月校長と顔を合わせているはずである。

 教員の服務事故の報告は毎回行われるが,管理職の問題が報告されるのはまれである。

 「2人産め」発言の校長は,口頭での注意にも従わなかったはずだから,適切な判断力を欠いているとみなされ,軽い処分ではすまされないと思われる。


 学校現場からすると,校長の集会等での発言は,どれくらいの重みがあると考えられているだろうか。

 私が接していたのは人間的に魅力のある校長ばかりだったが,やはり中には子どもと同じようなレベルで

 「またどうでもいい自分の過去の話ばかりしているな」と思う人もいた。

 校長とは授業等での接点がない子どもたちにとって,校長の言葉がどれだけ心に響くかはわからない。

 「早く終われよ」という気持ちで聞かされている子どもも多いだろう。


 他の方はどうかわからないが,多くの学校の校長先生の話というのは,生徒にとっては,

 担任のきれい事のお説教に並んで,どうでもいいものの代名詞のようなものだろう。

 だから「2人産め」と言われても,子どもにとっては「はあ?」ですむ。

 ただ,これが教育委員会に報告されてしまうと,「はあ?」ではすまされない。

 学校の隠れた教育目標に,「女子は結婚して子どもを2人以上産むものだと決意させる」なんてものがあったらたまらない。

 
 再任用で校長職を続けているこの人物の普段の言葉に「重み」があったら,それなりの影響力もあるかもしれない。

 ただ,今時の中学生には,「大人の発言のおかしいと思う点を批判する能力」を身につける教育が行われているものと信じたい。

 「主権者教育」という,上から目線の「おしつけ民主主義」的な言葉があるが,まずは「大人の言動に疑問が投げかけられる子どもが育っているかどうか」を問うてみてもいいだろう。

 ぜひ,該当校の子どもの声を聞いてみたい。

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へにほんブログ村 教育ブログ 教師教育・教員養成へにほんブログ村 教育ブログ 社会科教育へ
教育問題・教育論 ブログランキングへ

« どんなに偏差値が高い学校でも,1学年に200人いたら,200番の生徒がいる | トップページ | なぜ指導案が書ける実習生の授業が下手で,指導案が書けない実習生の方が授業が上手なのか? »

教育」カテゴリの記事

ニュースより」カテゴリの記事

学校選択制」カテゴリの記事

教育改革」カテゴリの記事

リーダーシップ」カテゴリの記事

学習の評価」カテゴリの記事

学校評価」カテゴリの記事

教職教育」カテゴリの記事

仕事術」カテゴリの記事

教師の逆コンピテンシー」カテゴリの記事

道徳」カテゴリの記事

教育実習」カテゴリの記事

教員の評価」カテゴリの記事

教員研修」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« どんなに偏差値が高い学校でも,1学年に200人いたら,200番の生徒がいる | トップページ | なぜ指導案が書ける実習生の授業が下手で,指導案が書けない実習生の方が授業が上手なのか? »

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

宮城谷昌光の言葉

  • 雲のうえに頂をもつ高山を登ろうとするのに、その山相のすさまじさに圧倒され、おじけづいていては何もはじまらない。最初の一歩を踏み出さねば、山頂は近づいてこない。
    「楽毅」第四巻より
  • みごとなものだ。斂(おさ)めるところは斂め、棄てるところは棄てている。楽氏が棄てたところに、われわれの生きる道がある。
    「楽毅」第四巻より
  • 去ってゆく千里の馬を追っても、とても追いつかぬぞ。千里の馬の尾をつかむには、その脚が停まったときしかない
    「楽毅」第四巻より
  • ・・・つくづく人のふしぎさを感じた。道を歩く者は、足もとの石をたしかめようとしないということである。千里のかなたを照らす宝石がころがっていても、気がつかない。それほどの名宝は深山幽谷に踏みこまなければ得られないとおもいこんでいる。
    「楽毅」第三巻より
  • この城をもっとたやすく落とすべきであった。たやすく得たものは、たやすく手放せる。
    「楽毅」第二巻より
  • なにかを信じつづけることはむずかしい。それより、信じつづけたことをやめるほうが、さらにむずかしい。
    「楽毅」第二巻より
  • からだで、皮膚で、感じるところに自身をおくことをせず、頭で判断したことに自身を縛りつけておくのは、賢明ではなく、むしろ怠慢なのではないか
    「楽毅」第二巻より
  • こうする、ああする、といちいち目的と行動とを配下におしえつづけてゆけば、配下はただ命令を待つだけで、思考をしなくなる。この四人はいつなんどき多数の兵を指揮することになるかもしれず、そのときにそなえて自立した思考力をもつ必要がある。
    「楽毅」第二巻より
  • 人は自分の存在を最小にすることによって最大を得ることができる
    「楽毅」第三巻より
  • 勇と智とをあわせもっている者は、攻めるときよりも退くときに、なにかをなすときより、なにもなさないときに、その良質をあらわす
    「楽毅」第二巻より