ウェブページ

最近のトラックバック

本の検索・注文


  • サーチする:
    Amazon.co.jp のロゴ

« 才能が大きく開花する前の時期・段階を大切にしたい | トップページ | 実践を語る人とただの「べき論」だけを語る人 »

他人を平気で嘘つき呼ばわりできる人

 ある生徒が,「小学校ではみんな平気で嘘をついていた」と言いました。

 理由を問うと,「先生はみんなを信じてくれていたから」だそうです。

 教師は子どもを信じていてくれる存在なのだから,堂々と嘘をついて,自分の悪事を認めなければよい。

 「心の教育」「道徳」の悪用パターンです。

 「人は人を信ずるべきだ」・・・・「あっそう,じゃ,いくらでも嘘がつけるね」・・・・

 子どもたちは「人から信用されること,信頼されることの大切さ」を学ぶことなく,少なくとも6年間の学校生活を送ってしまったということです。

 小学生たちは,教師による「心にもない嘘」もよく見抜いています。

 たいしたことないことですぐ褒める教師を見ながら。

 「本心じゃない」というのがばれている。だから,褒められてもうれしくない。


 一度「嘘をついていたこと」「平気で嘘がつけること」「嘘をつくことが当然であること」がばれてしまった以上は,教師は子どもを,子どもは教師を信用することはできない・・・・というわけにもいきません。


 生活指導場面の経験を重ねると,中学生はどういうときに,どういう風な嘘をつくかがわかってきます。

 嘘の証拠がつかめる(他の人には違うことを言っていたなど)場合もあれば,つかめない場合もある。

 「いつかは嘘をつかないで自分に正直になれる日が来る」ことを信じて,指導を続けていくわけです。


 こういう指導を重ねた教師なら,他人を平気で嘘つき呼ばわりできる人間は教師に向かないことがわかります。

 もし何かが嘘というのであれば,その証拠を示さないといけません。

 真実が何かを示す必要があるのです。

 でもそれは,非常に難しいことでもあります。

 証拠を示さずに,「嘘だ」「嘘だ」と言っても何も始まりません。


 そういえば,裁判所の悪口も書いていた人がいました。

 司法を嘘つき呼ばわりするような経緯を想像するのはそれほど難しいわけではありませんが,

 それも単なる想像です。

 人を嘘つきだと糾弾できる人間の脳内物質・・・アドレナリンの出方をコントロールするのは,

 「望ましい基本的生活習慣と人間関係づくり」しかありません。

 学校に通うのが一番の治療方法です。


にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へにほんブログ村 教育ブログ 教師教育・教員養成へにほんブログ村 教育ブログ 社会科教育へ
教育問題・教育論 ブログランキングへ

« 才能が大きく開花する前の時期・段階を大切にしたい | トップページ | 実践を語る人とただの「べき論」だけを語る人 »

教育」カテゴリの記事

ニュースより」カテゴリの記事

教育改革」カテゴリの記事

リーダーシップ」カテゴリの記事

いじめ問題」カテゴリの記事

教職教育」カテゴリの記事

仕事術」カテゴリの記事

教師の逆コンピテンシー」カテゴリの記事

小中連携」カテゴリの記事

道徳」カテゴリの記事

教育実習」カテゴリの記事

教員の評価」カテゴリの記事

教員研修」カテゴリの記事

生活指導」カテゴリの記事

アクティブ・ラーニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 他人を平気で嘘つき呼ばわりできる人:

« 才能が大きく開花する前の時期・段階を大切にしたい | トップページ | 実践を語る人とただの「べき論」だけを語る人 »

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

宮城谷昌光の言葉

  • 雲のうえに頂をもつ高山を登ろうとするのに、その山相のすさまじさに圧倒され、おじけづいていては何もはじまらない。最初の一歩を踏み出さねば、山頂は近づいてこない。
    「楽毅」第四巻より
  • みごとなものだ。斂(おさ)めるところは斂め、棄てるところは棄てている。楽氏が棄てたところに、われわれの生きる道がある。
    「楽毅」第四巻より
  • 去ってゆく千里の馬を追っても、とても追いつかぬぞ。千里の馬の尾をつかむには、その脚が停まったときしかない
    「楽毅」第四巻より
  • ・・・つくづく人のふしぎさを感じた。道を歩く者は、足もとの石をたしかめようとしないということである。千里のかなたを照らす宝石がころがっていても、気がつかない。それほどの名宝は深山幽谷に踏みこまなければ得られないとおもいこんでいる。
    「楽毅」第三巻より
  • この城をもっとたやすく落とすべきであった。たやすく得たものは、たやすく手放せる。
    「楽毅」第二巻より
  • なにかを信じつづけることはむずかしい。それより、信じつづけたことをやめるほうが、さらにむずかしい。
    「楽毅」第二巻より
  • からだで、皮膚で、感じるところに自身をおくことをせず、頭で判断したことに自身を縛りつけておくのは、賢明ではなく、むしろ怠慢なのではないか
    「楽毅」第二巻より
  • こうする、ああする、といちいち目的と行動とを配下におしえつづけてゆけば、配下はただ命令を待つだけで、思考をしなくなる。この四人はいつなんどき多数の兵を指揮することになるかもしれず、そのときにそなえて自立した思考力をもつ必要がある。
    「楽毅」第二巻より
  • 人は自分の存在を最小にすることによって最大を得ることができる
    「楽毅」第三巻より
  • 勇と智とをあわせもっている者は、攻めるときよりも退くときに、なにかをなすときより、なにもなさないときに、その良質をあらわす
    「楽毅」第二巻より