ウェブページ

最近のトラックバック

本の検索・注文


  • サーチする:
    Amazon.co.jp のロゴ

« 部活動の存在しない学校づくり | トップページ | 子どもに「気をつかわせる」教師 »

教師集団が子ども集団と個人としての教師や子どもを育てていく

 中高で苦労する生活指導の対処法として,対象の子どもと対峙するときに,「外見的」「雰囲気的」な部分での威圧を武器にしようとする教員が,かつては大勢いた。

 内面的な弱さをカバーするためにわざといでたちを派手にしたり,言葉使いを荒くしたりしている子どもに対して,このような・・・いわゆる「力で押さえる」・・・・方法は,逆効果であることは言うまでもない。

 子どもの内面的な弱さを少しでも強くしてあげる手立てが教師たちに必要とされる。

 内面が強い教師は,若い教師に限らず,内面的な弱さをもつすべての教師を支える役割も果たさなければならない。

 もし教師が人としてのロールモデルとして子どもに対峙しようとするならば,人間としての弱さを見せつつも,芯が本当に強いことを示せる場面がほしい。

 ただそのような状況設定はすぐにつくれるものではない。

 こういうときに発揮すべきものが,教師集団のチームプレーであり,小学校では実行不可能な方法である。

 小学校では子どもにとって担任教師と過ごす時間があまりに多すぎて,チームプレーは発揮しにくい。だからこそ学級崩壊に歯止めがかからず,いくら教頭や副校長や校長が授業に入っても,それは決して「チームプレー」ではなく「尻ぬぐい」にすぎない。

 中学校や高校の場合は(これも学年に1クラスとか2クラスしかない小規模校では難しいのだが),1つの学年の中でもさまざまなキャラクターを演じることができ,役割分担が可能になる。

 年齢が若いある教員は,子どもの主張を学校側に伝える「橋渡し」になり,ベテランの教員は自治的な動きの不十分さなどを指摘して,子どもに現状以上の頑張りを要求する,子どもにとっての「壁」となる。

 乗り越えるべき「壁」の前にある「溝」を子どもたち自身が埋めるような行動を,また別の教員がフォローしてくれる。

 教師集団がみんな同じレベルでだれに何を相談しても同じような答えしか返ってこなければ,子どもは教師に相談しようなんて気をなくしてしまう。

 教師集団といっても,ベテラン教師に他の教師が絶対服従的な態度をとってしまえば,それと同じような上下関係を子ども集団でも「学習」してつくってしまう。

 ぶつかるところはぶつかり,任せるところは任せる。

 アドバイスすべきところはアドバイスし,見守るところは見守る。

 教師集団の中でこうした人間関係が確立できると,それを見ている子ども集団も同じようなチャレンジをしやすくなっていく。

 ときに上下の関係を重んじる(廊下でかわすレベルの単純な挨拶など)面を子どもに見せつつ,行事主任など経験不足な教員に任せていくところは任せていく。

 人と人の関係のこうした柔軟な多層構造を,自分自身という個人の生き方自体の中に織り込んでいけるような人間にしていくことが,学校という教育に特化した社会でできることだ。

 組織からいったん抜けてしまった後に,別人のようになってしまう人間を作り出さないためにも,組織は人を育てるものになっていないといけない。

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へにほんブログ村 教育ブログ 教師教育・教員養成へにほんブログ村 教育ブログ 社会科教育へ
教育問題・教育論 ブログランキングへ 

« 部活動の存在しない学校づくり | トップページ | 子どもに「気をつかわせる」教師 »

教育」カテゴリの記事

ニュースより」カテゴリの記事

教育改革」カテゴリの記事

教職教育」カテゴリの記事

教師の逆コンピテンシー」カテゴリの記事

教育実習」カテゴリの記事

教員研修」カテゴリの記事

生活指導」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 教師集団が子ども集団と個人としての教師や子どもを育てていく:

« 部活動の存在しない学校づくり | トップページ | 子どもに「気をつかわせる」教師 »

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

宮城谷昌光の言葉

  • 雲のうえに頂をもつ高山を登ろうとするのに、その山相のすさまじさに圧倒され、おじけづいていては何もはじまらない。最初の一歩を踏み出さねば、山頂は近づいてこない。
    「楽毅」第四巻より
  • みごとなものだ。斂(おさ)めるところは斂め、棄てるところは棄てている。楽氏が棄てたところに、われわれの生きる道がある。
    「楽毅」第四巻より
  • 去ってゆく千里の馬を追っても、とても追いつかぬぞ。千里の馬の尾をつかむには、その脚が停まったときしかない
    「楽毅」第四巻より
  • ・・・つくづく人のふしぎさを感じた。道を歩く者は、足もとの石をたしかめようとしないということである。千里のかなたを照らす宝石がころがっていても、気がつかない。それほどの名宝は深山幽谷に踏みこまなければ得られないとおもいこんでいる。
    「楽毅」第三巻より
  • この城をもっとたやすく落とすべきであった。たやすく得たものは、たやすく手放せる。
    「楽毅」第二巻より
  • なにかを信じつづけることはむずかしい。それより、信じつづけたことをやめるほうが、さらにむずかしい。
    「楽毅」第二巻より
  • からだで、皮膚で、感じるところに自身をおくことをせず、頭で判断したことに自身を縛りつけておくのは、賢明ではなく、むしろ怠慢なのではないか
    「楽毅」第二巻より
  • こうする、ああする、といちいち目的と行動とを配下におしえつづけてゆけば、配下はただ命令を待つだけで、思考をしなくなる。この四人はいつなんどき多数の兵を指揮することになるかもしれず、そのときにそなえて自立した思考力をもつ必要がある。
    「楽毅」第二巻より
  • 人は自分の存在を最小にすることによって最大を得ることができる
    「楽毅」第三巻より
  • 勇と智とをあわせもっている者は、攻めるときよりも退くときに、なにかをなすときより、なにもなさないときに、その良質をあらわす
    「楽毅」第二巻より