ウェブページ

最近のトラックバック

本の検索・注文


  • サーチする:
    Amazon.co.jp のロゴ

« 教師は「子どもを一人も見捨てないこと」より,自分が「子どもに見捨てられない」ための努力をすべきである | トップページ | 教育の中毒と使命感 »

「すべての子どもを好きになる決意」を自分自身に求める教師の職業病

 認知領域の教育目標には,

 「~を何というか」という問いに単語で答えることができる程度の浅いものから,

 「~の意義とは何か」を説明することができる「解釈」程度のもの,

 自ら課題を発見して解決への道筋を説明することができる深い程度のものまで,

 さまざまある。

 同様に,情意の領域の教育目標には,

 「相手の異なる考え」などを受け入れることができる程度の浅いものから,

 適切な反応を示すことができる程度のもの,

 そして意識することなく,反射的によい態度がとれる・・・つまり

 習慣化されているほどに内面化できているレベルのものがある。

 「すべての子どもを好きになる」という教師の目標設定は,

 情意面でも特に浅いタイプのものであることを自覚しておかなければならない。

 そして,こうした情意面の目標については,「それが何のためなのか」がわかっていなければ,

 「手段」と「目的」の混同が起こってしまう。

 
 教師にとって,「すべての子どもを好きになる」ことが職務であるわけではない。

 そして,たとえ「すべての子どもを好きになる」ことができても,

 職務を果たせるとは限らない。

 逆に,「すべての子どもを好きになる」ことができなかったとしても,

 職務を果たすことができる可能性は残されている。


 このようにピントはずれを話を始めるのは,決まって小学校の教師であり,

 小学校の教師上がりの大学の教員である。


 手段と目的の違いがわかっていない言動が目立つが,

 「すべての子どもを好きになる決意をする」などはその最たるものである。


 そういう決意をしようとしている時点で,自分を恥ずかしいと思わなければならない。

 
 医者が,「すべての患者を好きになることを決意する」と言い出したら,

 患者はどう思うだろうか。

 中には,おしゃべりをしに病院に通う人もいるわけで,そういう人にとっては「いいお医者さん」になるかもしれないが,医者の職務とは何だろう。

 教員の職務とは何だろう。

 「すべての子どもを見捨てないこと」とはどういう意味なのだろう。

 
 教師がすべきことは,「知識に代表される認知領域,態度や習慣として現われる情意領域,それに技能面などを加えた各領域の能力を,すべての子どもに対して可能な限り伸ばしてあげること」である。

 そういう目標が定まって,「方法」はどうしたらよいかの検討に入る。

 それぞれの「方法」について,本当に「すべての子どもの能力を高めているか」を評価していくことになる。

 こういうことは教育心理など,大学の教職課程で履修済みのことであるはずだ。

 
 教師はいつの間にか基本中の基本を忘れ去り,独断でいい加減な教育論を展開し出す。

 教員免許更新講習は,「講習」だから,「失効しないですむ」ことが前提である。

 そのうち,教員免許更新試験になる日がやって来そうで恐ろしい。


にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へにほんブログ村 教育ブログ 教師教育・教員養成へにほんブログ村 教育ブログ 社会科教育へ
教育問題・教育論 ブログランキングへ 

« 教師は「子どもを一人も見捨てないこと」より,自分が「子どもに見捨てられない」ための努力をすべきである | トップページ | 教育の中毒と使命感 »

教育」カテゴリの記事

教育改革」カテゴリの記事

リーダーシップ」カテゴリの記事

学習の評価」カテゴリの記事

いじめ問題」カテゴリの記事

ブログネタ」カテゴリの記事

教職教育」カテゴリの記事

仕事術」カテゴリの記事

教師の逆コンピテンシー」カテゴリの記事

小中連携」カテゴリの記事

道徳」カテゴリの記事

教育実習」カテゴリの記事

教員の評価」カテゴリの記事

教員研修」カテゴリの記事

生活指導」カテゴリの記事

『学び合い』」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 教師は「子どもを一人も見捨てないこと」より,自分が「子どもに見捨てられない」ための努力をすべきである | トップページ | 教育の中毒と使命感 »

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

宮城谷昌光の言葉

  • 雲のうえに頂をもつ高山を登ろうとするのに、その山相のすさまじさに圧倒され、おじけづいていては何もはじまらない。最初の一歩を踏み出さねば、山頂は近づいてこない。
    「楽毅」第四巻より
  • みごとなものだ。斂(おさ)めるところは斂め、棄てるところは棄てている。楽氏が棄てたところに、われわれの生きる道がある。
    「楽毅」第四巻より
  • 去ってゆく千里の馬を追っても、とても追いつかぬぞ。千里の馬の尾をつかむには、その脚が停まったときしかない
    「楽毅」第四巻より
  • ・・・つくづく人のふしぎさを感じた。道を歩く者は、足もとの石をたしかめようとしないということである。千里のかなたを照らす宝石がころがっていても、気がつかない。それほどの名宝は深山幽谷に踏みこまなければ得られないとおもいこんでいる。
    「楽毅」第三巻より
  • この城をもっとたやすく落とすべきであった。たやすく得たものは、たやすく手放せる。
    「楽毅」第二巻より
  • なにかを信じつづけることはむずかしい。それより、信じつづけたことをやめるほうが、さらにむずかしい。
    「楽毅」第二巻より
  • からだで、皮膚で、感じるところに自身をおくことをせず、頭で判断したことに自身を縛りつけておくのは、賢明ではなく、むしろ怠慢なのではないか
    「楽毅」第二巻より
  • こうする、ああする、といちいち目的と行動とを配下におしえつづけてゆけば、配下はただ命令を待つだけで、思考をしなくなる。この四人はいつなんどき多数の兵を指揮することになるかもしれず、そのときにそなえて自立した思考力をもつ必要がある。
    「楽毅」第二巻より
  • 人は自分の存在を最小にすることによって最大を得ることができる
    「楽毅」第三巻より
  • 勇と智とをあわせもっている者は、攻めるときよりも退くときに、なにかをなすときより、なにもなさないときに、その良質をあらわす
    「楽毅」第二巻より