ウェブページ

最近のトラックバック

本の検索・注文


  • サーチする:
    Amazon.co.jp のロゴ

« SMAP騒動から「奴隷とは何か」を考え,『学び合い』を検証する | トップページ | 信長を呼び捨てにする秀吉と,「校長」と呼び捨てにする教員の共通点 »

「コの字」型の座席配置の問題点

 「コの字型 座席」で検索すると,私のブログの記事が先頭に来てしまうので,訪問された方は問題点を指摘した内容を読まされてしまう結果になるのだが,「よいことばかりではない」のは世の常,ということでご勘弁を願いたい。

 コの字型の座席は,どうやら高校でも導入しているところがあるようだ。

 その成果が,「寝る生徒が減った」というのだから,情けない。

 私は「生徒が生徒を監視できるシステム」には違和感の方が強い。

 「学び合いができる」なんていう表向きの理由ではなく,
 
 「お互いに監視し合える」なんていうホンネを陰で語っている教師がいることがいたたまれない。

 そして,「痛々しい思いをしている子ども」がいることを,検索トップの記事で書いていた。

 
 コの字型座席の問題点は,「学びの共同体」を研究させられている学校からの報告でも知ることができる。

******************************

 ・単元の導入で新しい用語など基本的なことを教える段階では,やりにくい。

 ・抽象的な内容が多い場合は不向きである。
 
 ・説明のときは,座席を前に向けて一斉授業形態とするほうがよい。

 ・コの字型では授業に集中しないことが多い。
 
 ・「学びの共同体」用の教材準備の時間が確保できない。

 ・生徒が自分で考えないで,人に聞けばいいという態度になることがある(友人からの「教えて教えて攻撃」に保護者からも意見)。

 ・個人でじっくり考えて解くことも必要。

 ・自分自身と向き合う学習をさせたいときは適さない。

 ・話し合いに参加しようとしない生徒の指導が問題である(グループへの参加が苦手な生徒も)。

 ・話し合うことで満足してしまうケースがある。

 ・その教科の得意な生徒とグループになりたがる。

 ・生徒に落ち着きがなくなっている。

*****************************
     (東大附属の報告より)ℂ東京大学学校教育高度化センター

 とても貴重な内容である。

 どうやら授業者の力量でどうにでもなる問題も多々含まれているようだが,

 『学び合い』を進めている人たちにとっても参考になることが多いのではないか。

 
 大学の先生というのは,ご専門が「授業論」だったり「社会科教育」だったりすると,

 授業の場での動きがどうこうというのが研究対象となる。

 しかし,学校現場というのは,「授業の場」以外の子どもの関係が非常に重要なところで,「ヒドゥンカリキュラム」と言えば通じる話である。

 「学びの共同体」を教科の授業として語るのも大切な仕事だと思うが,

 別に教科の学習ではなくても,「学びの共同体」を形成することはいくらでも可能である。

 むしろ,教科の時間くらいはじっくりと考えられる環境をつくってほしいと願う子どももいるだろう。


 「大人と向き合えない子ども」が増えている。

 「大人との会話」が成立しない小学校7年生も増えている。

 教員も児童のお友達の中の1人にすぎず,あだ名で呼び合っているような関係で満足している小学校教師は,一度どこかの企業で研修を受けてほしい。

 矯正が必要である。
 
 将来,「一人で本を読むこともできない」人間をつくり出してしまうような授業形態は考えものである。

 
にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へにほんブログ村 教育ブログ 教師教育・教員養成へにほんブログ村 教育ブログ 社会科教育へ
教育問題・教育論 ブログランキングへ

« SMAP騒動から「奴隷とは何か」を考え,『学び合い』を検証する | トップページ | 信長を呼び捨てにする秀吉と,「校長」と呼び捨てにする教員の共通点 »

教育」カテゴリの記事

ニュースより」カテゴリの記事

教育改革」カテゴリの記事

リーダーシップ」カテゴリの記事

学習の評価」カテゴリの記事

ブログネタ」カテゴリの記事

学校評価」カテゴリの記事

学力向上」カテゴリの記事

教職教育」カテゴリの記事

仕事術」カテゴリの記事

教師の逆コンピテンシー」カテゴリの記事

教育実習」カテゴリの記事

教員の評価」カテゴリの記事

教員研修」カテゴリの記事

『学び合い』」カテゴリの記事

アクティブ・ラーニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「コの字」型の座席配置の問題点:

« SMAP騒動から「奴隷とは何か」を考え,『学び合い』を検証する | トップページ | 信長を呼び捨てにする秀吉と,「校長」と呼び捨てにする教員の共通点 »

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

宮城谷昌光の言葉

  • 雲のうえに頂をもつ高山を登ろうとするのに、その山相のすさまじさに圧倒され、おじけづいていては何もはじまらない。最初の一歩を踏み出さねば、山頂は近づいてこない。
    「楽毅」第四巻より
  • みごとなものだ。斂(おさ)めるところは斂め、棄てるところは棄てている。楽氏が棄てたところに、われわれの生きる道がある。
    「楽毅」第四巻より
  • 去ってゆく千里の馬を追っても、とても追いつかぬぞ。千里の馬の尾をつかむには、その脚が停まったときしかない
    「楽毅」第四巻より
  • ・・・つくづく人のふしぎさを感じた。道を歩く者は、足もとの石をたしかめようとしないということである。千里のかなたを照らす宝石がころがっていても、気がつかない。それほどの名宝は深山幽谷に踏みこまなければ得られないとおもいこんでいる。
    「楽毅」第三巻より
  • この城をもっとたやすく落とすべきであった。たやすく得たものは、たやすく手放せる。
    「楽毅」第二巻より
  • なにかを信じつづけることはむずかしい。それより、信じつづけたことをやめるほうが、さらにむずかしい。
    「楽毅」第二巻より
  • からだで、皮膚で、感じるところに自身をおくことをせず、頭で判断したことに自身を縛りつけておくのは、賢明ではなく、むしろ怠慢なのではないか
    「楽毅」第二巻より
  • こうする、ああする、といちいち目的と行動とを配下におしえつづけてゆけば、配下はただ命令を待つだけで、思考をしなくなる。この四人はいつなんどき多数の兵を指揮することになるかもしれず、そのときにそなえて自立した思考力をもつ必要がある。
    「楽毅」第二巻より
  • 人は自分の存在を最小にすることによって最大を得ることができる
    「楽毅」第三巻より
  • 勇と智とをあわせもっている者は、攻めるときよりも退くときに、なにかをなすときより、なにもなさないときに、その良質をあらわす
    「楽毅」第二巻より