ウェブページ

最近のトラックバック

本の検索・注文


  • サーチする:
    Amazon.co.jp のロゴ

« 「十分な防災設備をつくるべき」VS「海が見えないまちには住みたくない」 | トップページ | 教科書に載せたい「議論し合える組織」の大切さ »

『学び合い』批判を読むとわかる教育観と指導力

 『学び合い』に対する批判を読むと,その人の教育観なり学習観,結果的には指導力まで見えてしまう。

 一番醜いのは,「先生は生徒より優れている(べきだ)」という奢りや,

 「先生は生徒より優れていなければならない」という焦りである。

 私が『学び合い』の批判をしたきっかけは,ある指導案にあった。

 先生が課題を与える。

 教卓に指導書の該当ページを広げておいておく。

 グループごとに課題の「答え」を考え,わかる人がわからない人に教える。

 だれもわかる人がいなければ,教卓の指導書を見に来てよい。

 答え合わせ。終わり。

 これでは教師は必要ない。

 生徒にとって,切り札は教師用の「指導書」である(さすがに教師もそのレベルでは悲しい)。


 このような実践例が紹介されてしまうような『学び合い』だから,

 あわてて批判したり非難したりする人が出てくる。

 「こんな指導案を教育実習生がつくってきたら,どうする?」

 なんていう「恐怖心」も芽生えてしまう。
 
 もちろん,すべての時間ではなく,最初の授業で実践してみる価値はある。

 どの生徒がどの程度の知識を持ち,説明する力,発表する力,聞いて理解する力があるかを観察することができるからである。

 教師の話は聞かないような生徒でも,本当にやる気がない生徒以外は,とりあえず参加していることに気づけば,「教師が生徒よりもたくさんものを知っていること」が決定的に大事なものではないことが肌でわかるようになる効果がある。

 教師は生徒の能力を「引き出す」ことが仕事であり,

 自分の能力の高さを「ひけらかす」ことが仕事ではない。

 ただし,教師は生徒の能力を「高める」ことも仕事である。

 そこで問われているのが,教師の「指導力」である。

 一斉授業でも,すべての生徒が教師の話に引き込まれ,複雑な関係性をもつことがらについても理解できるようになるには,教師がわかりやすく図で示しながら説明したり,例を挙げてわかりやすくしたり,アナロジー思考を生徒に促したり,生徒なりの意見が出せる場面を用意したり,異なる考えの良さを発見させたり,新たな課題を発見させたりする指導ができているからである。

 こうした「指導力」を生徒に要求することはできないから,先生の存在意義があると言えるのである。

 生徒より楽器が上手に弾ける?当たり前である。

 でもすべての音楽教師がヴァイオリンを演奏できるか? 琴や尺八はどうか?

 50歳を超えてどの生徒により速く走れる先生はどのくらいいるだろう。

 自然の素晴らしさ,集団で協力し合うことの素晴らしさに感動できる人はどのくらいいるだろう。

 元野球選手でも,サッカーの基礎技術を育てるのが「先生」の仕事である。

 サッカーの上手な生徒を先生役にしたり,あるいはモデルにして先生が動きの解説ができるようにする場面を教師はつくるから,「自分自身の技術が高度である」というのは理想ではあるが現実的には不可能である。

 自分の技術をひけらかすよりも,むしろ生徒の良さに目を向けて,生徒が主役になるような授業場面をつくることで,子どもはやる気を出したり,達成できそうな近くて小さめな目標を少しずつクリアし,やがて大きな目標を達成できるようになるのである。

 生徒の「目標達成のプロセス」を目の当たりにできる教師は,経験年数を重ねるほど「よりよい指導計画」を作成できる主体となる。

 子どもの能力に高い期待を寄せ,「やらせてみる」機会を増やすことは正しいが,それだけが「指導」ではないことは明らかであり,子どもから子どもへの「指導」に対する「指導」を忘れてはならないのである。


にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へにほんブログ村 教育ブログ 教師教育・教員養成へにほんブログ村 教育ブログ 社会科教育へ
教育問題・教育論 ブログランキングへ 

« 「十分な防災設備をつくるべき」VS「海が見えないまちには住みたくない」 | トップページ | 教科書に載せたい「議論し合える組織」の大切さ »

教育」カテゴリの記事

学習指導要領」カテゴリの記事

教育改革」カテゴリの記事

リーダーシップ」カテゴリの記事

学習の評価」カテゴリの記事

教職教育」カテゴリの記事

仕事術」カテゴリの記事

教師の逆コンピテンシー」カテゴリの記事

小中連携」カテゴリの記事

教育実習」カテゴリの記事

教員の評価」カテゴリの記事

教員研修」カテゴリの記事

『学び合い』」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『学び合い』批判を読むとわかる教育観と指導力:

« 「十分な防災設備をつくるべき」VS「海が見えないまちには住みたくない」 | トップページ | 教科書に載せたい「議論し合える組織」の大切さ »

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

宮城谷昌光の言葉

  • 雲のうえに頂をもつ高山を登ろうとするのに、その山相のすさまじさに圧倒され、おじけづいていては何もはじまらない。最初の一歩を踏み出さねば、山頂は近づいてこない。
    「楽毅」第四巻より
  • みごとなものだ。斂(おさ)めるところは斂め、棄てるところは棄てている。楽氏が棄てたところに、われわれの生きる道がある。
    「楽毅」第四巻より
  • 去ってゆく千里の馬を追っても、とても追いつかぬぞ。千里の馬の尾をつかむには、その脚が停まったときしかない
    「楽毅」第四巻より
  • ・・・つくづく人のふしぎさを感じた。道を歩く者は、足もとの石をたしかめようとしないということである。千里のかなたを照らす宝石がころがっていても、気がつかない。それほどの名宝は深山幽谷に踏みこまなければ得られないとおもいこんでいる。
    「楽毅」第三巻より
  • この城をもっとたやすく落とすべきであった。たやすく得たものは、たやすく手放せる。
    「楽毅」第二巻より
  • なにかを信じつづけることはむずかしい。それより、信じつづけたことをやめるほうが、さらにむずかしい。
    「楽毅」第二巻より
  • からだで、皮膚で、感じるところに自身をおくことをせず、頭で判断したことに自身を縛りつけておくのは、賢明ではなく、むしろ怠慢なのではないか
    「楽毅」第二巻より
  • こうする、ああする、といちいち目的と行動とを配下におしえつづけてゆけば、配下はただ命令を待つだけで、思考をしなくなる。この四人はいつなんどき多数の兵を指揮することになるかもしれず、そのときにそなえて自立した思考力をもつ必要がある。
    「楽毅」第二巻より
  • 人は自分の存在を最小にすることによって最大を得ることができる
    「楽毅」第三巻より
  • 勇と智とをあわせもっている者は、攻めるときよりも退くときに、なにかをなすときより、なにもなさないときに、その良質をあらわす
    「楽毅」第二巻より