ウェブページ

最近のトラックバック

本の検索・注文


  • サーチする:
    Amazon.co.jp のロゴ

« 『学び合い』で子どもに十字架を背負わせるリスクに乗るか? | トップページ | 「明後日の方」を向いているお気楽な学者たち »

教育方針の逆・二極分化が進む

 世界の教育トレンドが,東アジアの『詰め込み型』と欧米型の『考える型』に二極分化している話を読書編でご紹介しました。

 あいまい文化の日本では,どちらかに舵をきることはなく,教育改革はいつも中途半端で終わっていく。中途半端であるからこそ,何も変えない方がよかったかもしれない,という後悔を常に生んできたのが学校現場です。

 「ゆとり教育」がキーワードになったころ,総合的な学習の時間が「目玉」として登場し,当然のことながら,「主体的に学ぶ力の育成」に力が入れられるようになったわけでした。

 しかし,教科の授業時間を削減しただけでなく,週5日制にしたために,総授業時数も大きく減らされてしまいました。

 所得が高い家庭を中心として,塾などの教育産業への支出を増やし,「穴埋め」に努めた結果,「学力格差」が開いていくこととなったのと同時に,下位層に引きずられるかたちで学校全体の学力も低下してきました。

 小学校での教師の大量退職,大量採用の時代が訪れ,学校の指導力の低下が危ぶまれるようになり,さらなる学力低下が心配されたことで,教育内容が増やされ,授業時数が増加するようになりましたが,それに加えてアクティブ・ラーニングが求められるようになったことで,現場は頭を痛めています。

 こうした変化の影響をほとんど受けなかったのが私立の一貫校で,中学校の内容はとばして中学生から高校の内容を学習するような『詰め込み型』の教育を継続し,受験競争に勝てる子どもを送り出し続けてきました。

 日本では,今後,『詰め込み型』という形式をとってでも基礎を固めなければならない時期に『考える型』の教育がなされ,『考える型』の教育をすべきときに『詰め込み型』を行わせられる,そういう子どもが増えていくことが予想されます。

 これがタイトルの「逆・二極分化」の意味です。

 二極分化ですら,よくない傾向であるのに,さらにそれぞれの方向性が,効果の薄い方に偏っていく,こういう「逆方向」への移行が現場レベルでは進行していくと思われます。

 洋服の場合は,ボタンのかけ違いに気づいたときに,かけ直すことができますが,

 時間が戻せない教育の場合,ボタンのかけ違いは失敗の致命的な原因になります。

 アメリカの大学で中退率が高い理由の一つに,このボタンのかけ違いがあることは明らかでしょう。

 韓国で大卒の就職率が低い理由は,そもそもボタンが飾りにすぎないことにあるのでしょう。

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へにほんブログ村 教育ブログ 教師教育・教員養成へにほんブログ村 教育ブログ 社会科教育へ
教育問題・教育論 ブログランキングへ 

« 『学び合い』で子どもに十字架を背負わせるリスクに乗るか? | トップページ | 「明後日の方」を向いているお気楽な学者たち »

教育」カテゴリの記事

学習指導要領」カテゴリの記事

教育改革」カテゴリの記事

リーダーシップ」カテゴリの記事

学習の評価」カテゴリの記事

「ゆとり教育」」カテゴリの記事

学力向上」カテゴリの記事

教職教育」カテゴリの記事

仕事術」カテゴリの記事

教師の逆コンピテンシー」カテゴリの記事

小中連携」カテゴリの記事

教育実習」カテゴリの記事

教員の評価」カテゴリの記事

教員研修」カテゴリの記事

『学び合い』」カテゴリの記事

アクティブ・ラーニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 教育方針の逆・二極分化が進む:

« 『学び合い』で子どもに十字架を背負わせるリスクに乗るか? | トップページ | 「明後日の方」を向いているお気楽な学者たち »

2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

宮城谷昌光の言葉

  • 雲のうえに頂をもつ高山を登ろうとするのに、その山相のすさまじさに圧倒され、おじけづいていては何もはじまらない。最初の一歩を踏み出さねば、山頂は近づいてこない。
    「楽毅」第四巻より
  • みごとなものだ。斂(おさ)めるところは斂め、棄てるところは棄てている。楽氏が棄てたところに、われわれの生きる道がある。
    「楽毅」第四巻より
  • 去ってゆく千里の馬を追っても、とても追いつかぬぞ。千里の馬の尾をつかむには、その脚が停まったときしかない
    「楽毅」第四巻より
  • ・・・つくづく人のふしぎさを感じた。道を歩く者は、足もとの石をたしかめようとしないということである。千里のかなたを照らす宝石がころがっていても、気がつかない。それほどの名宝は深山幽谷に踏みこまなければ得られないとおもいこんでいる。
    「楽毅」第三巻より
  • この城をもっとたやすく落とすべきであった。たやすく得たものは、たやすく手放せる。
    「楽毅」第二巻より
  • なにかを信じつづけることはむずかしい。それより、信じつづけたことをやめるほうが、さらにむずかしい。
    「楽毅」第二巻より
  • からだで、皮膚で、感じるところに自身をおくことをせず、頭で判断したことに自身を縛りつけておくのは、賢明ではなく、むしろ怠慢なのではないか
    「楽毅」第二巻より
  • こうする、ああする、といちいち目的と行動とを配下におしえつづけてゆけば、配下はただ命令を待つだけで、思考をしなくなる。この四人はいつなんどき多数の兵を指揮することになるかもしれず、そのときにそなえて自立した思考力をもつ必要がある。
    「楽毅」第二巻より
  • 人は自分の存在を最小にすることによって最大を得ることができる
    「楽毅」第三巻より
  • 勇と智とをあわせもっている者は、攻めるときよりも退くときに、なにかをなすときより、なにもなさないときに、その良質をあらわす
    「楽毅」第二巻より