ウェブページ

最近のトラックバック

本の検索・注文


  • サーチする:
    Amazon.co.jp のロゴ

« 最も無駄な教育論 | トップページ | 非常勤講師に「研修」を機会を与えないのは,子どもたちからよりよい教育を受ける権利を奪うことに等しい行政の怠慢である »

アクティブ・ラーニングで培いたい力を最も強力に伸ばせるのは,「特別活動」であり,「教科学習」ではない

 特別活動が充実している学校には,活気がある。

 高校の教師なら,「行事」で生徒たちがどれだけ生き生きとするかを知っている。

 中学校での「学校行事」における充実体験を,高校で自主的に発揮してくれる生徒が多いからである。

 ただの「遊び」ではない。それなりに,苦労もある。調整能力も鍛えられる。

 英語でのコミュニケーション能力はない生徒たちでも,自分たちが心の底からやりたいことを主張するときは,ものすごいエネルギーを発揮することができる。

 そのような体験を通して「社会で生き抜く力」を育んだ人たちが,今の社会でも活躍しているのではないだろうか。

 ただの「勉強秀才」でも,作文だけしていればよい行政なら生き抜くことができる。しかし,実社会ではそうはいかない。

 教育委員会では使えても,学校現場の管理職としては使い物にならない人がいる理由など,学校の教師たちが一番よくわかっている。

 アクティブ・ラーニングで鍛えたい力はこれだ,と主張している人たちの根拠を読むと,
 
 「そんなことは日常生活でこそ鍛えるべきだ」と一般の方々も容易に気づくだろう。

 勉強とそれを一緒にしようという考えほど,浅はかなものはない。

 中学校の学校現場の教師たちには最大の武器がある。

 「行事と自治活動」である。

 残念ながら,小規模校には望みにくいことなのだが,クラスが4つくらいあれば何とかなる。


 これから10行分くらい,守秘義務を犯せば,良い学校の学力がなぜ高いのかを説明することができるが,それはやめておく。

 私の主張は単純なものである。

 特別活動の授業時数を今の2倍に増やす。

 これで生徒はアクティブに「慣れる」。

 
 教科の授業では,安易に生徒が楽できる道を選ばない方がよい。

 賢い人は,みんな「安易な道」など選択しない。

 「賢い人を装う人」は,すぐに「安易な道」に飛びつこうとする。

 アクティブ・ラーニングを教科学習で実施できる学校など,ほんの一握りである。

 
 すべての学校の教育の「ためになる」基準を設けたいのであれば,

 特別活動の時間を2倍にすべきである。


 実質的にそうなっている学校の正体を知れば,みんな右へならえしたがるに違いない。

 低学力の生徒たちでさえ,ちゃんと「ものになっている」からである。


にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へにほんブログ村 教育ブログ 教師教育・教員養成へにほんブログ村 教育ブログ 社会科教育へ
教育問題・教育論 ブログランキングへ

« 最も無駄な教育論 | トップページ | 非常勤講師に「研修」を機会を与えないのは,子どもたちからよりよい教育を受ける権利を奪うことに等しい行政の怠慢である »

教育」カテゴリの記事

学校選択制」カテゴリの記事

学習指導要領」カテゴリの記事

教育改革」カテゴリの記事

リーダーシップ」カテゴリの記事

学習の評価」カテゴリの記事

学校評価」カテゴリの記事

「ゆとり教育」」カテゴリの記事

学力向上」カテゴリの記事

教職教育」カテゴリの記事

仕事術」カテゴリの記事

教師の逆コンピテンシー」カテゴリの記事

小中連携」カテゴリの記事

教育実習」カテゴリの記事

教員の評価」カテゴリの記事

教員研修」カテゴリの記事

グローバル人材」カテゴリの記事

生活指導」カテゴリの記事

『学び合い』」カテゴリの記事

アクティブ・ラーニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 最も無駄な教育論 | トップページ | 非常勤講師に「研修」を機会を与えないのは,子どもたちからよりよい教育を受ける権利を奪うことに等しい行政の怠慢である »

2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

宮城谷昌光の言葉

  • 雲のうえに頂をもつ高山を登ろうとするのに、その山相のすさまじさに圧倒され、おじけづいていては何もはじまらない。最初の一歩を踏み出さねば、山頂は近づいてこない。
    「楽毅」第四巻より
  • みごとなものだ。斂(おさ)めるところは斂め、棄てるところは棄てている。楽氏が棄てたところに、われわれの生きる道がある。
    「楽毅」第四巻より
  • 去ってゆく千里の馬を追っても、とても追いつかぬぞ。千里の馬の尾をつかむには、その脚が停まったときしかない
    「楽毅」第四巻より
  • ・・・つくづく人のふしぎさを感じた。道を歩く者は、足もとの石をたしかめようとしないということである。千里のかなたを照らす宝石がころがっていても、気がつかない。それほどの名宝は深山幽谷に踏みこまなければ得られないとおもいこんでいる。
    「楽毅」第三巻より
  • この城をもっとたやすく落とすべきであった。たやすく得たものは、たやすく手放せる。
    「楽毅」第二巻より
  • なにかを信じつづけることはむずかしい。それより、信じつづけたことをやめるほうが、さらにむずかしい。
    「楽毅」第二巻より
  • からだで、皮膚で、感じるところに自身をおくことをせず、頭で判断したことに自身を縛りつけておくのは、賢明ではなく、むしろ怠慢なのではないか
    「楽毅」第二巻より
  • こうする、ああする、といちいち目的と行動とを配下におしえつづけてゆけば、配下はただ命令を待つだけで、思考をしなくなる。この四人はいつなんどき多数の兵を指揮することになるかもしれず、そのときにそなえて自立した思考力をもつ必要がある。
    「楽毅」第二巻より
  • 人は自分の存在を最小にすることによって最大を得ることができる
    「楽毅」第三巻より
  • 勇と智とをあわせもっている者は、攻めるときよりも退くときに、なにかをなすときより、なにもなさないときに、その良質をあらわす
    「楽毅」第二巻より