ウェブページ

最近のトラックバック

本の検索・注文


  • サーチする:
    Amazon.co.jp のロゴ

« 外からは見えにくい「グループ内『いじめ』」 | トップページ | 見かけは弱いが怖い台風と『いじめ』 »

政治が身近になったとき,最も困るのはだれか

 来年の参院選で注目されるのは,公職選挙法の改正で新たに選挙権をもつようになる18歳,19歳の動きである。

 高校生にとって,政治が俄然,身近に感じるものになっていると思われる。

 困る人もいないではない。

 公正中立の立場を職務上貫かなければならない公務員としての教師たちである。

 たとえば,「集団的自衛権は合憲でしょうか,違憲でしょうか。先生のご意見は?」

 と問われたときに,教師として何と答えるべきなのか。答えるべきではないのか。

 元最高裁長官が「違憲だ」というコメントを出したらしい。

 「憲法の番人は,憲法学者ではなく,最高裁だ」という主張をしていた政府にとって,

 また都合の悪い意見が登場したわけである。

 今年の17,8歳の若者は,どう思っているだろうか。

 政府は,高校を卒業したばかりの若者の政治に対する考えに,それなりの興味をもっているだろう。

 私の危惧は,新たに選挙権をもつ若者の考えによっては,

 教育の世界に対する「圧力」が加わりかねない,というものである。

 「圧力」は,うまく運べば「追い風」にもなるが,一歩間違えば「逆風」になる。

 「民主主義とは何か」という問いかけを,一番やりにくい局面に政権は突入している。

 これが,「国家の枠を超えての安全保障」とか,「国際平和主義」とか,「安定した国際秩序への貢献」というテーマにすれば,また風景は変わってくる。

 日米の安全保障に関して「片務的」関係だとする批判も登場しているようだから,

 「国際基準への移行」は政府の念願だろう。

 「民主主義的な運営の大切さ」よりも,

 「決定することの大切さ」を重視する政府が露わになってくると,

 公立学校の教員は,たいへん授業が「やりにくい」ものになっていく。

 18歳の投票率があまりにも低い場合,それはそれで教育現場の「圧力」が加わりやすくもなるだろうが,

 「そんな批判をしている場合ではない大勢の人たち」との折り合いも難しい問題である。


にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へにほんブログ村 教育ブログ 教師教育・教員養成へにほんブログ村 教育ブログ 社会科教育へ
教育問題・教育論 ブログランキングへ 

« 外からは見えにくい「グループ内『いじめ』」 | トップページ | 見かけは弱いが怖い台風と『いじめ』 »

教育」カテゴリの記事

ニュースより」カテゴリの記事

学習指導要領」カテゴリの記事

教育改革」カテゴリの記事

リーダーシップ」カテゴリの記事

社会科」カテゴリの記事

社会科教師の逆コンピテンシー」カテゴリの記事

いじめ問題」カテゴリの記事

ブログネタ」カテゴリの記事

教職教育」カテゴリの記事

仕事術」カテゴリの記事

教師の逆コンピテンシー」カテゴリの記事

道徳」カテゴリの記事

教育実習」カテゴリの記事

教員の評価」カテゴリの記事

教員研修」カテゴリの記事

『学び合い』」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 政治が身近になったとき,最も困るのはだれか:

« 外からは見えにくい「グループ内『いじめ』」 | トップページ | 見かけは弱いが怖い台風と『いじめ』 »

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

宮城谷昌光の言葉

  • 雲のうえに頂をもつ高山を登ろうとするのに、その山相のすさまじさに圧倒され、おじけづいていては何もはじまらない。最初の一歩を踏み出さねば、山頂は近づいてこない。
    「楽毅」第四巻より
  • みごとなものだ。斂(おさ)めるところは斂め、棄てるところは棄てている。楽氏が棄てたところに、われわれの生きる道がある。
    「楽毅」第四巻より
  • 去ってゆく千里の馬を追っても、とても追いつかぬぞ。千里の馬の尾をつかむには、その脚が停まったときしかない
    「楽毅」第四巻より
  • ・・・つくづく人のふしぎさを感じた。道を歩く者は、足もとの石をたしかめようとしないということである。千里のかなたを照らす宝石がころがっていても、気がつかない。それほどの名宝は深山幽谷に踏みこまなければ得られないとおもいこんでいる。
    「楽毅」第三巻より
  • この城をもっとたやすく落とすべきであった。たやすく得たものは、たやすく手放せる。
    「楽毅」第二巻より
  • なにかを信じつづけることはむずかしい。それより、信じつづけたことをやめるほうが、さらにむずかしい。
    「楽毅」第二巻より
  • からだで、皮膚で、感じるところに自身をおくことをせず、頭で判断したことに自身を縛りつけておくのは、賢明ではなく、むしろ怠慢なのではないか
    「楽毅」第二巻より
  • こうする、ああする、といちいち目的と行動とを配下におしえつづけてゆけば、配下はただ命令を待つだけで、思考をしなくなる。この四人はいつなんどき多数の兵を指揮することになるかもしれず、そのときにそなえて自立した思考力をもつ必要がある。
    「楽毅」第二巻より
  • 人は自分の存在を最小にすることによって最大を得ることができる
    「楽毅」第三巻より
  • 勇と智とをあわせもっている者は、攻めるときよりも退くときに、なにかをなすときより、なにもなさないときに、その良質をあらわす
    「楽毅」第二巻より