ウェブページ

最近のトラックバック

本の検索・注文


  • サーチする:
    Amazon.co.jp のロゴ

« 好きなことをして収入を得られる教師たち | トップページ | U-18野球W杯に見る「日本の力」 »

「~は相手にしない」と明言しているのに相手にする人

 身近にも,ちらほら見え隠れする人である。

 「もう,こんな生徒のめんどうは見たくない!」

 心からの訴えだろうが,そういう生徒の面倒をみるのが教師の役割である。

 それも分かっていて教師は愚痴をこぼすのである。

 ただときどき,本当に面倒をみなくなってしまう教師がいる。

 昔は,調整力のある生徒が気を利かせて先生のご機嫌をとりにいったものだが,

 核家族化が進んでそういう「調整場面」を経験したことがない親子が増えて,

 「かんしゃくを起こした大人」への対処がわからない人が多くなっている。

 「へそを曲げる」のは子どもだけでなく,子どもばかりに囲まれて成長する教師も起こしてしまう。

 
 世の中には,そういう「相手にしたくない」人を「相手にしてばかりいる」人がいる。

 それしかやることがないからだろう。

 
 われわれ現場の教師たちは,「相手にしたい」「したくない」など関係なく,

 相手にしなければならない。

 そうでない人の場合は,「相手にしたくない」人は相手にしないですむはずなのだが。

 やはり,攻撃できると思えば,「相手にしたくてしょうがない」というのが本音なのだろう。

 私はこういうタイプの人間が,教育現場にとって「必要悪」であると認識しているから,「相手にする」。

 
 人間の生きるエネルギーは,「怒り」から湧くものだと『北斗の拳』の愛読者は悟っていく。

 「愛する人を傷つける者への怒り」。

 こういうタイプの怒りには,バランスのとりようがないのだろう。攻撃一点張りとなる。

 
 ネットという場の姑息さは,「防御を必要としない空間」という特質にある。

 バランス感覚を失っていく人間が増えてしまうのは,このせいだろう。

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へにほんブログ村 教育ブログ 教師教育・教員養成へにほんブログ村 教育ブログ 社会科教育へ
教育問題・教育論 ブログランキングへ

« 好きなことをして収入を得られる教師たち | トップページ | U-18野球W杯に見る「日本の力」 »

教育」カテゴリの記事

ニュースより」カテゴリの記事

学校選択制」カテゴリの記事

教育改革」カテゴリの記事

学習の評価」カテゴリの記事

ブログネタ」カテゴリの記事

学校評価」カテゴリの記事

教職教育」カテゴリの記事

仕事術」カテゴリの記事

教師の逆コンピテンシー」カテゴリの記事

小中連携」カテゴリの記事

道徳」カテゴリの記事

教育実習」カテゴリの記事

教員の評価」カテゴリの記事

教員研修」カテゴリの記事

グローバル人材」カテゴリの記事

生活指導」カテゴリの記事

『学び合い』」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「~は相手にしない」と明言しているのに相手にする人:

« 好きなことをして収入を得られる教師たち | トップページ | U-18野球W杯に見る「日本の力」 »

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

宮城谷昌光の言葉

  • 雲のうえに頂をもつ高山を登ろうとするのに、その山相のすさまじさに圧倒され、おじけづいていては何もはじまらない。最初の一歩を踏み出さねば、山頂は近づいてこない。
    「楽毅」第四巻より
  • みごとなものだ。斂(おさ)めるところは斂め、棄てるところは棄てている。楽氏が棄てたところに、われわれの生きる道がある。
    「楽毅」第四巻より
  • 去ってゆく千里の馬を追っても、とても追いつかぬぞ。千里の馬の尾をつかむには、その脚が停まったときしかない
    「楽毅」第四巻より
  • ・・・つくづく人のふしぎさを感じた。道を歩く者は、足もとの石をたしかめようとしないということである。千里のかなたを照らす宝石がころがっていても、気がつかない。それほどの名宝は深山幽谷に踏みこまなければ得られないとおもいこんでいる。
    「楽毅」第三巻より
  • この城をもっとたやすく落とすべきであった。たやすく得たものは、たやすく手放せる。
    「楽毅」第二巻より
  • なにかを信じつづけることはむずかしい。それより、信じつづけたことをやめるほうが、さらにむずかしい。
    「楽毅」第二巻より
  • からだで、皮膚で、感じるところに自身をおくことをせず、頭で判断したことに自身を縛りつけておくのは、賢明ではなく、むしろ怠慢なのではないか
    「楽毅」第二巻より
  • こうする、ああする、といちいち目的と行動とを配下におしえつづけてゆけば、配下はただ命令を待つだけで、思考をしなくなる。この四人はいつなんどき多数の兵を指揮することになるかもしれず、そのときにそなえて自立した思考力をもつ必要がある。
    「楽毅」第二巻より
  • 人は自分の存在を最小にすることによって最大を得ることができる
    「楽毅」第三巻より
  • 勇と智とをあわせもっている者は、攻めるときよりも退くときに、なにかをなすときより、なにもなさないときに、その良質をあらわす
    「楽毅」第二巻より