ウェブページ

最近のトラックバック

本の検索・注文


  • サーチする:
    Amazon.co.jp のロゴ

« 新しい入試のスタイルをご存じない方へ~ぜひチャレンジなさってください | トップページ | すぐにでも退職すべき教師 »

「いじめられていることは,知らなかったことにしておいてください」~懲戒処分を受けるか,『いじめ』を受けた子どもの要求をきくか~

 教師なら,一度くらいはこう言われたことがあるだろう。

 「いじめられていることは,他の人には言わないでください」

 どういう対応をすればよいのだろう。

 本人からだけでなく,保護者からも同じ要請を受けることがある。

 消極的な理由は,

 教師や他の生徒が動けば,『いじめ』がもっとひどくなる。

 積極的な理由は,

 自分なりに解決していきたい,あるいは,乗り越えていきたい。

 ある人は,

 「何もしなければ,いじめはなくならない。」

 というが,

 ある人は,

 「耐えていれば,過ぎ去っていく嵐のように,なくなっていく」

 ともいう。

 2014年には,小学校のいじめ件数が過去最高になったと報道された。

 学校の『いじめ』対策は,充実に向かって動いているはずである。

 それなのに,『いじめ』はなくならない。

 私の経験では,『いじめ』への対応を小学校で行ったときに,

 それが「よい結果」を招く確率が低かったのではないか,と思ってしまうほど,

 「学校が動く」「教師が動く」ことに拒否反応を示す子どもや保護者が少なくないのである。

 もちろん,積極的に動くことを要望される保護者はいるが,

 このケースは,逆に『いじめ』の側に立っていたことがわかることも多い。

 昔の「弱いものいじめ」と違って,今の『いじめ』は強い側もターゲットになる。

 「ボスの新旧交代」「求心力のある生徒の交代」が起こるときに発生しやすい。

 「過去のいじめの報復」としての『いじめ』もある。

 昔からあった『いじめ』のうち,最近多いように感じるのは,

 「先生にチクった」ことが原因となる『いじめ』である。

 「チクり魔」という陰口を言われるのが嫌な子どもは,

 教師に相談しつつも,「絶対に内緒にしておいてください」と困った要望もするのはこのためである。

 
 大阪市では,『いじめ』には「すぐに対応する」ことを要求するような基本方針をまとめているそうであるが,

 教師が「いじめの事実を隠す」のではなく,

 子どもが「いじめの事実を隠す」ようになるのではないかと心配になるのは,

 上のような理由による。

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へにほんブログ村 教育ブログ 教師教育・教員養成へにほんブログ村 教育ブログ 社会科教育へ
教育問題・教育論 ブログランキングへ 

« 新しい入試のスタイルをご存じない方へ~ぜひチャレンジなさってください | トップページ | すぐにでも退職すべき教師 »

教育」カテゴリの記事

学習指導要領」カテゴリの記事

教育改革」カテゴリの記事

リーダーシップ」カテゴリの記事

学習の評価」カテゴリの記事

いじめ問題」カテゴリの記事

教職教育」カテゴリの記事

仕事術」カテゴリの記事

教師の逆コンピテンシー」カテゴリの記事

道徳」カテゴリの記事

教育実習」カテゴリの記事

教員の評価」カテゴリの記事

教員研修」カテゴリの記事

生活指導」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 新しい入試のスタイルをご存じない方へ~ぜひチャレンジなさってください | トップページ | すぐにでも退職すべき教師 »

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

宮城谷昌光の言葉

  • 雲のうえに頂をもつ高山を登ろうとするのに、その山相のすさまじさに圧倒され、おじけづいていては何もはじまらない。最初の一歩を踏み出さねば、山頂は近づいてこない。
    「楽毅」第四巻より
  • みごとなものだ。斂(おさ)めるところは斂め、棄てるところは棄てている。楽氏が棄てたところに、われわれの生きる道がある。
    「楽毅」第四巻より
  • 去ってゆく千里の馬を追っても、とても追いつかぬぞ。千里の馬の尾をつかむには、その脚が停まったときしかない
    「楽毅」第四巻より
  • ・・・つくづく人のふしぎさを感じた。道を歩く者は、足もとの石をたしかめようとしないということである。千里のかなたを照らす宝石がころがっていても、気がつかない。それほどの名宝は深山幽谷に踏みこまなければ得られないとおもいこんでいる。
    「楽毅」第三巻より
  • この城をもっとたやすく落とすべきであった。たやすく得たものは、たやすく手放せる。
    「楽毅」第二巻より
  • なにかを信じつづけることはむずかしい。それより、信じつづけたことをやめるほうが、さらにむずかしい。
    「楽毅」第二巻より
  • からだで、皮膚で、感じるところに自身をおくことをせず、頭で判断したことに自身を縛りつけておくのは、賢明ではなく、むしろ怠慢なのではないか
    「楽毅」第二巻より
  • こうする、ああする、といちいち目的と行動とを配下におしえつづけてゆけば、配下はただ命令を待つだけで、思考をしなくなる。この四人はいつなんどき多数の兵を指揮することになるかもしれず、そのときにそなえて自立した思考力をもつ必要がある。
    「楽毅」第二巻より
  • 人は自分の存在を最小にすることによって最大を得ることができる
    「楽毅」第三巻より
  • 勇と智とをあわせもっている者は、攻めるときよりも退くときに、なにかをなすときより、なにもなさないときに、その良質をあらわす
    「楽毅」第二巻より