ウェブページ

最近のトラックバック

本の検索・注文


  • サーチする:
    Amazon.co.jp のロゴ

« 中学校教師の勤務時間が長くなる理由 | トップページ | 人気ブログにケチをつけるということは・・・ »

中学校教師の勤務時間を短くする方法 その1 「教科書」を革新する

 昨日の記事で紹介した「中学校教師の勤務時間が長くなる理由」に関連して,

 「中学校教師の勤務時間を短くする方法」を提案したい。
 
 しかし,残念ながら,この方法の大部分は,中学校ではできないことである。

 私は中学校教師の勤務時間が長くなる原因の多くは,小学校教育のお粗末さにあると感じながら仕事をしてきた。

 中学校教師の立場としても,

 小学校の子どもの保護者の立場としても,

 教育委員会の指導主事という立場としても,

 文部科学省が実施している調査の内容や結果を分析できる立場としても,

 小学校教育に多くの課題があることが,中学校の負担が大きくなる原因であると実感している。

 もちろん,勤務時間が終わったらすぐに帰宅する小学校教員を非難したいわけではない。

 「私はこういうやり方で仕事をしてきて,勤務時間が終わったらすぐに帰れるようになった」

 などということを紹介している本には強い嫌悪感を覚えるが,

 「勤務時間を超えてでも子どもに向き合え」などと要求する資格はだれにもない。

 あるとしたら,「教師の使命感に日本の教育の質を期待する」ことを信仰している人たちである。

 小学校教員のなかにも,夜遅くまで教材研究をしている人もいるし,

 生活指導に時間をかけてくれる人もいる。
 
 校内研修にも,中学校よりはるかに時間をさいている。

 部活動がないのだから,中学校教師よりも,担任している子どもたちと接する時間は長く確保できる。

 しかし,学力についても,生活指導の面についても,

 現行の学習指導要領に示された内容をしっかり習得していない子どもがとても多いのが現状である。

 地域によっては優秀な子どもたちが公立学校に進学しない現状もあり,

 小学校教員が抱いているイメージから,上位の子どもたちを除外した集団を想定する必要があることも忘れてはならない。

 薄っぺらな小学校の教科書の内容すら理解できていない子どもたちが,

 中学校・高等学校の授業についてこれないのは入学する以前からわかっている。

 学力調査というのは,「個人の学習状況」を主たる分析対象にするべきなのである。

 学校によっては,中学校入学時点で,小学校の学習内容の理解度を測定する検査を実施し,

 中学校卒業時点でも同じ趣旨で作成された検査を実施し,個人の発達の状況を調べている。

 その結果は,「入学時点で課題がある生徒は,卒業時点で非常に課題がある生徒になっている」というものである。

 こうした問題を解決する方法として,私が強く望んでいるのは,小学校の教科書の内容の充実である。

 「教科書」という概念の革新が最重要課題だと考えている。

 「教科書」という名称自体が,日本の公教育のレベル向上に「蓋がかかっている」状況を生んでいる。

 授業で使用する主たる教材としての「教科書」は,「学力検定図書」としての位置付けとし,

 「学力」はいわゆる「生活指導」「進路指導」で教師が語るような内容も含んだ概念とする。

 先日,宿泊行事で問題を起こした生徒に,どのような小学校時代を送っていたかを書かせたところ,

 「やるべきことをやったら,あとは何をしてもよかった」

 言葉づかいに課題がある点については,

 「担任の先生とは常にタメ口で会話していた」

 「中学校に進学したら,それではだめだということで,小6の卒業間際に敬語を使わせられた」

 このような学習指導や生活指導以前の低レベルの小学校をなくさない限り,中学校教師の勤務時間を短くすることはできない。

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へにほんブログ村 教育ブログ 教師教育・教員養成へにほんブログ村 教育ブログ 社会科教育へ
教育問題・教育論 ブログランキングへ

« 中学校教師の勤務時間が長くなる理由 | トップページ | 人気ブログにケチをつけるということは・・・ »

教育」カテゴリの記事

ニュースより」カテゴリの記事

教育改革」カテゴリの記事

リーダーシップ」カテゴリの記事

いじめ問題」カテゴリの記事

ブログネタ」カテゴリの記事

学力向上」カテゴリの記事

教職教育」カテゴリの記事

仕事術」カテゴリの記事

教師の逆コンピテンシー」カテゴリの記事

小中連携」カテゴリの記事

道徳」カテゴリの記事

教育実習」カテゴリの記事

教員の評価」カテゴリの記事

教員研修」カテゴリの記事

生活指導」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 中学校教師の勤務時間が長くなる理由 | トップページ | 人気ブログにケチをつけるということは・・・ »

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

宮城谷昌光の言葉

  • 雲のうえに頂をもつ高山を登ろうとするのに、その山相のすさまじさに圧倒され、おじけづいていては何もはじまらない。最初の一歩を踏み出さねば、山頂は近づいてこない。
    「楽毅」第四巻より
  • みごとなものだ。斂(おさ)めるところは斂め、棄てるところは棄てている。楽氏が棄てたところに、われわれの生きる道がある。
    「楽毅」第四巻より
  • 去ってゆく千里の馬を追っても、とても追いつかぬぞ。千里の馬の尾をつかむには、その脚が停まったときしかない
    「楽毅」第四巻より
  • ・・・つくづく人のふしぎさを感じた。道を歩く者は、足もとの石をたしかめようとしないということである。千里のかなたを照らす宝石がころがっていても、気がつかない。それほどの名宝は深山幽谷に踏みこまなければ得られないとおもいこんでいる。
    「楽毅」第三巻より
  • この城をもっとたやすく落とすべきであった。たやすく得たものは、たやすく手放せる。
    「楽毅」第二巻より
  • なにかを信じつづけることはむずかしい。それより、信じつづけたことをやめるほうが、さらにむずかしい。
    「楽毅」第二巻より
  • からだで、皮膚で、感じるところに自身をおくことをせず、頭で判断したことに自身を縛りつけておくのは、賢明ではなく、むしろ怠慢なのではないか
    「楽毅」第二巻より
  • こうする、ああする、といちいち目的と行動とを配下におしえつづけてゆけば、配下はただ命令を待つだけで、思考をしなくなる。この四人はいつなんどき多数の兵を指揮することになるかもしれず、そのときにそなえて自立した思考力をもつ必要がある。
    「楽毅」第二巻より
  • 人は自分の存在を最小にすることによって最大を得ることができる
    「楽毅」第三巻より
  • 勇と智とをあわせもっている者は、攻めるときよりも退くときに、なにかをなすときより、なにもなさないときに、その良質をあらわす
    「楽毅」第二巻より