ウェブページ

最近のトラックバック

本の検索・注文


  • サーチする:
    Amazon.co.jp のロゴ

« 教員免許の国家資格化と教員国家試験の行方 | トップページ | 学校に見捨てられた教師が語る「部活動論」 »

教員免許の国家資格化と教員国家試験の行方 その2

 家内には,「国家試験で実技試験は難しいのでは」と批判されました。

 もっともなことですが,国家が日本の未来をつくるのは教育だ,と腹を決めて,

 根本から「教員」の質を上げようと考えているのであれば,ぜひとも実施してほしいのが

 「実技検査」です。

 都道府県の採用段階でやるのではなく,むしろそこでは国家試験の成績で振り分けるというので十分でしょう。

 ペーパーで資格を出してしまうのも悪くはないのですが,

 教員というのはたいした知識はなくてもつとまってしまうものであり,

 逆にコミュニケーション能力なり環境適応力がなければ本当に現場で使えないお荷物になってしまうので,

 「だれの目から見ても(できれば子どもの目から見ても)現場で通用する」と判断されて資格ありとしてほしいものです。

 
 安倍総理は,なぜ教員免許の国家資格化をかたちにしようとしているのでしょう。

 「教員の国家資格化」は,ある集団のスイッチを入れるきっかけになりうると考えているのは私だけでしょうか。

 「国家資格」という肩書きに憧れる人は,一定程度存在すると思われます。

 特に,ただ「偏差値が高い学校」に入ろうとして進学した人にとっては,

 「何となく頭がいい人しかなれそうもない」という匂いに誘われて,「国家資格取得」に向けて動くかもしれません。

 逆に,教育産業が明示してしまっている「偏差値」で劣等感を植え付けられてしまっている大学の学生たちにとっては,心理的なハードルがさらに上がってしまうかもしれません。

 今までは都道府県別のパターンが決まっている教員採用試験の対策をしておけば学生が集まっていた大学などは,淘汰されていく可能性があります。

 
 国家としては,大学の予備校化によって,だれでも教員になれてしまう現状を解消し,

 教員の「ハク」を向上させようとするねらいがあるはずです。

 医師や裁判官のように,それなりに偏差値が高い人間でないと,取得できない「資格」をもっているのが学校の先生である・・・・・教員の犯罪防止がこれでできるかどうかはわかりませんが,まず医師や弁護士,裁判官なら犯さないような犯罪を実際に犯している(・・・・最近,医師の犯罪が続けて報道されていますが・・・)ので,こういう教員を何とかなくしたいという思いもあるのでしょう。

 しかし,先に記したように,「コミュニケーション能力」なり「問題解決能力」の偏差値が高くないと,教員はつとまりません。

 ですから国家資格をもちながら,現場で役に立たないというタイプの人間は,今と変わらず消滅させることはできないでしょう。

 しかし,資格を取得する段階で判断できるなら・・・という願いは,ぜひともかなってほしいものです。

 
にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へにほんブログ村 教育ブログ 教師教育・教員養成へにほんブログ村 教育ブログ 社会科教育へ
教育問題・教育論 ブログランキングへ

« 教員免許の国家資格化と教員国家試験の行方 | トップページ | 学校に見捨てられた教師が語る「部活動論」 »

教育」カテゴリの記事

学習指導要領」カテゴリの記事

教育改革」カテゴリの記事

リーダーシップ」カテゴリの記事

学力向上」カテゴリの記事

教職教育」カテゴリの記事

仕事術」カテゴリの記事

教師の逆コンピテンシー」カテゴリの記事

道徳」カテゴリの記事

教育実習」カテゴリの記事

教員の評価」カテゴリの記事

教員研修」カテゴリの記事

グローバル人材」カテゴリの記事

教員採用試験」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 教員免許の国家資格化と教員国家試験の行方 その2:

« 教員免許の国家資格化と教員国家試験の行方 | トップページ | 学校に見捨てられた教師が語る「部活動論」 »

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

宮城谷昌光の言葉

  • 雲のうえに頂をもつ高山を登ろうとするのに、その山相のすさまじさに圧倒され、おじけづいていては何もはじまらない。最初の一歩を踏み出さねば、山頂は近づいてこない。
    「楽毅」第四巻より
  • みごとなものだ。斂(おさ)めるところは斂め、棄てるところは棄てている。楽氏が棄てたところに、われわれの生きる道がある。
    「楽毅」第四巻より
  • 去ってゆく千里の馬を追っても、とても追いつかぬぞ。千里の馬の尾をつかむには、その脚が停まったときしかない
    「楽毅」第四巻より
  • ・・・つくづく人のふしぎさを感じた。道を歩く者は、足もとの石をたしかめようとしないということである。千里のかなたを照らす宝石がころがっていても、気がつかない。それほどの名宝は深山幽谷に踏みこまなければ得られないとおもいこんでいる。
    「楽毅」第三巻より
  • この城をもっとたやすく落とすべきであった。たやすく得たものは、たやすく手放せる。
    「楽毅」第二巻より
  • なにかを信じつづけることはむずかしい。それより、信じつづけたことをやめるほうが、さらにむずかしい。
    「楽毅」第二巻より
  • からだで、皮膚で、感じるところに自身をおくことをせず、頭で判断したことに自身を縛りつけておくのは、賢明ではなく、むしろ怠慢なのではないか
    「楽毅」第二巻より
  • こうする、ああする、といちいち目的と行動とを配下におしえつづけてゆけば、配下はただ命令を待つだけで、思考をしなくなる。この四人はいつなんどき多数の兵を指揮することになるかもしれず、そのときにそなえて自立した思考力をもつ必要がある。
    「楽毅」第二巻より
  • 人は自分の存在を最小にすることによって最大を得ることができる
    「楽毅」第三巻より
  • 勇と智とをあわせもっている者は、攻めるときよりも退くときに、なにかをなすときより、なにもなさないときに、その良質をあらわす
    「楽毅」第二巻より