ウェブページ

最近のトラックバック

本の検索・注文


  • サーチする:
    Amazon.co.jp のロゴ

« 小学校英語とエビデンス(Yahoo!ニュース) | トップページ | 子ども時代に「教師絶対主義」が教師を志す問題点 »

教育の研究者が語る言葉

 教育の質の向上,たとえば教員の能力を高めることは,教育現場にとって喫緊の課題です。

 決して,短期間に成果が出せるような仕事ではありませんから,現場も研究の立場の人も,粘り強い努力が必要です。

 しかし,一部の研究者の中には,自分たちの理念なり信念なりを同僚たちに理解してもらおうとする努力を「するな」という無責任な「お触れ」を出している人がいます。

 最近,久しぶりにブルーバックスの1冊を手にとりました。

 『研究を深める5つの問い』(宮野公樹著)という本です。

 帯には,著者による次のような問いかけが示されています。

>自分の分野以外の人にも響くテーマで研究している?

>なぜ研究者の道を歩んでいる?

>論文の緒言に心底思っていることを書いている?

>「科学」がどのような状態にあるか考えている?

>日頃から研究者としての自分を鍛えている?

 膨大な量の実験やそれをまとめる論文を出し続けなければならない科学分野の研究者が陥っている問題点が,そのまま指摘されていると考えられます。

 教育の分野の研究者にとってはどうでしょうか。

 ある研究者が発している「同志」への言葉は,

 「負けるのが嫌い」だから負けない戦いをしろ

 「分からない人を説得してはならない」

 反対する人間が「つぶしにくる」のを避けろ

 「本を出せ」ただし,売れなかったら自分で買い取れ(次の本に影響がでないように)

 などという「処世術」に過ぎません。

 この研究者だけとは限りません。

 教育の研究者が語っている言葉が,単なる「処世術」にすぎないような状況が,全国に広がっているように思われます。

 その背景には,「成果を出すこと」を求められているという一面があります。

 しかし,「成果を出すこと」が非常に難しい小学校では,

 子どもが「楽しそうに学習している」ことだけが教育の質を語る唯一の尺度になってしまう。

 気の毒なのは,教師を批判したい側の子どもで,

 「どうしてこんなことをやらされているのか」という疑念を抱いた時点で,

 子どもは教師から「見捨てられる」ことになり,泣く泣く「楽しく学習している」ふりをせざるを得なくなる。

 
 教育研究者自身,そして教師自身が,自分に何を問いかけ続けていかなければならないのか。

 「研究者的思考」ではない言葉に出会うたびに,大事な問いを思い出すことができます。

 
にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へにほんブログ村 教育ブログ 教師教育・教員養成へにほんブログ村 教育ブログ 社会科教育へ
教育問題・教育論 ブログランキングへ 

« 小学校英語とエビデンス(Yahoo!ニュース) | トップページ | 子ども時代に「教師絶対主義」が教師を志す問題点 »

教育」カテゴリの記事

教育改革」カテゴリの記事

リーダーシップ」カテゴリの記事

ブログネタ」カテゴリの記事

教職教育」カテゴリの記事

仕事術」カテゴリの記事

教師の逆コンピテンシー」カテゴリの記事

教育実習」カテゴリの記事

教員の評価」カテゴリの記事

教員研修」カテゴリの記事

『学び合い』」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 教育の研究者が語る言葉:

« 小学校英語とエビデンス(Yahoo!ニュース) | トップページ | 子ども時代に「教師絶対主義」が教師を志す問題点 »

2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

宮城谷昌光の言葉

  • 雲のうえに頂をもつ高山を登ろうとするのに、その山相のすさまじさに圧倒され、おじけづいていては何もはじまらない。最初の一歩を踏み出さねば、山頂は近づいてこない。
    「楽毅」第四巻より
  • みごとなものだ。斂(おさ)めるところは斂め、棄てるところは棄てている。楽氏が棄てたところに、われわれの生きる道がある。
    「楽毅」第四巻より
  • 去ってゆく千里の馬を追っても、とても追いつかぬぞ。千里の馬の尾をつかむには、その脚が停まったときしかない
    「楽毅」第四巻より
  • ・・・つくづく人のふしぎさを感じた。道を歩く者は、足もとの石をたしかめようとしないということである。千里のかなたを照らす宝石がころがっていても、気がつかない。それほどの名宝は深山幽谷に踏みこまなければ得られないとおもいこんでいる。
    「楽毅」第三巻より
  • この城をもっとたやすく落とすべきであった。たやすく得たものは、たやすく手放せる。
    「楽毅」第二巻より
  • なにかを信じつづけることはむずかしい。それより、信じつづけたことをやめるほうが、さらにむずかしい。
    「楽毅」第二巻より
  • からだで、皮膚で、感じるところに自身をおくことをせず、頭で判断したことに自身を縛りつけておくのは、賢明ではなく、むしろ怠慢なのではないか
    「楽毅」第二巻より
  • こうする、ああする、といちいち目的と行動とを配下におしえつづけてゆけば、配下はただ命令を待つだけで、思考をしなくなる。この四人はいつなんどき多数の兵を指揮することになるかもしれず、そのときにそなえて自立した思考力をもつ必要がある。
    「楽毅」第二巻より
  • 人は自分の存在を最小にすることによって最大を得ることができる
    「楽毅」第三巻より
  • 勇と智とをあわせもっている者は、攻めるときよりも退くときに、なにかをなすときより、なにもなさないときに、その良質をあらわす
    「楽毅」第二巻より