ウェブページ

最近のトラックバック

本の検索・注文


  • サーチする:
    Amazon.co.jp のロゴ

« 教員免許の国家資格化と教員国家試験の行方 その3 | トップページ | 受験で小学生にかかる負担の重さは中高生の何倍? »

日本の教師の学歴水準は途上国並み(世界で最低レベル)

 教員の国家資格化を進めていく上で,混乱が予想されるのが

 「専門家としての教師像」をめぐる問題です。

 佐藤学は『専門家として教師を育てる』(岩波書店)で

 現在の教職大学院について,専門家としての教師ではなく実務家としての教師を育てる

 「専門学校」だと批判していますが,

 教育現場が求めているのは大学の先生が持っているような知識をもっている人間ではなく,

 「現場で使える」教師,つまり実務家としての教師です。

 ですから別に「教職大学院」という名称である必要はなく,

 「教職専門学校」でもかまいません。ただそれでは税金を投入しにくくなるのと,

 さらに人が集まらなくなるのでつぶれてしまうことになるでしょうが。

 現場では,教員採用試験に合格できない人が,「浪人先」として選択するのが

 予備校ではなく大学院である,という認識でいます。

 2年とか4年とか大学で勉強を続けたり,教育自習の期間を長くとることで,

 「よりよい教師の資質を身につけること」が可能であるほど,

 公立学校の教員の仕事は「努力で何とかなる」という性格のものではなく,

 高校までに培われたコミュニケーション能力,

 もちまえの明るさ,適応力,忍耐力,協調性,そして何よりも健康であることが,

 教師に求められる資質です。

 さすがに中学校では早すぎるかもしれませんが,高校段階では
 
 「教師に向いている生徒」かどうかはわかってしまうと思われます。

 さて,教員に求められる能力として,

 「知識をたくさんもっていること」も大切ですが,現場では

 「子どもが集中できる」

 「活動に意欲的に取り組める」

 「学習指導要領が示す内容程度の能力を身につけられる」

 授業ができる人が,年数を経るにしたがって

 「周辺技能」を身につけていきます。

 授業ができない人が身につけられる能力は,管理職になるためのものくらいしかありません。

 管理職の実務は大学を卒業できるくらいの学力があれば,だれでもできます。

 ただ管理職には教員以上の「人間力」が求められるのは言うまでもありません。

 「管理職にするにはもったいない」教員より,

 「事務仕事の方が向いている」教員が,管理職になってくれた方が現場としてはお得です。

 佐藤学が「専門家」と呼びたい教員になるには,次のような要件を満たす必要があるとのことです。

>1 私的利益の目的ではなく,公共的な利益,すなわち人々の幸福を目的とする仕事である

>2 大衆が保有していない高度の知識と技術によって遂行されていること 

>3 専門家協会を組織して,自律的に免許と資格を認定し,高度の専門性を維持し更新する研修の制度を確立していること

>4 政策や行政から独立した自律性を与えられていること

>5 倫理綱領を有していること

 実態として,教員は最初の項目以外の要件を満たしていない・・・・2番目については,タイトルに示したような惨状を示している,ということです。

 政府の国家資格化は,3番目の項目のためにできる組織を,新しい天下り先として創設するため,というわけではないでしょうが,教育委員会の仕事がなくなることも想定に入ります。

 現在でも教育委員会は4番目の項目の状態にはなっていません。

 教育委員会の機能をどうしたいのか,そういう方向性も教員免許国家資格化にはからんできそうです。

にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ
にほんブログ村ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 

« 教員免許の国家資格化と教員国家試験の行方 その3 | トップページ | 受験で小学生にかかる負担の重さは中高生の何倍? »

教育」カテゴリの記事

教育改革」カテゴリの記事

リーダーシップ」カテゴリの記事

学力向上」カテゴリの記事

教職教育」カテゴリの記事

仕事術」カテゴリの記事

教師の逆コンピテンシー」カテゴリの記事

教育実習」カテゴリの記事

教員の評価」カテゴリの記事

教員研修」カテゴリの記事

グローバル人材」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日本の教師の学歴水準は途上国並み(世界で最低レベル):

« 教員免許の国家資格化と教員国家試験の行方 その3 | トップページ | 受験で小学生にかかる負担の重さは中高生の何倍? »

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

宮城谷昌光の言葉

  • 雲のうえに頂をもつ高山を登ろうとするのに、その山相のすさまじさに圧倒され、おじけづいていては何もはじまらない。最初の一歩を踏み出さねば、山頂は近づいてこない。
    「楽毅」第四巻より
  • みごとなものだ。斂(おさ)めるところは斂め、棄てるところは棄てている。楽氏が棄てたところに、われわれの生きる道がある。
    「楽毅」第四巻より
  • 去ってゆく千里の馬を追っても、とても追いつかぬぞ。千里の馬の尾をつかむには、その脚が停まったときしかない
    「楽毅」第四巻より
  • ・・・つくづく人のふしぎさを感じた。道を歩く者は、足もとの石をたしかめようとしないということである。千里のかなたを照らす宝石がころがっていても、気がつかない。それほどの名宝は深山幽谷に踏みこまなければ得られないとおもいこんでいる。
    「楽毅」第三巻より
  • この城をもっとたやすく落とすべきであった。たやすく得たものは、たやすく手放せる。
    「楽毅」第二巻より
  • なにかを信じつづけることはむずかしい。それより、信じつづけたことをやめるほうが、さらにむずかしい。
    「楽毅」第二巻より
  • からだで、皮膚で、感じるところに自身をおくことをせず、頭で判断したことに自身を縛りつけておくのは、賢明ではなく、むしろ怠慢なのではないか
    「楽毅」第二巻より
  • こうする、ああする、といちいち目的と行動とを配下におしえつづけてゆけば、配下はただ命令を待つだけで、思考をしなくなる。この四人はいつなんどき多数の兵を指揮することになるかもしれず、そのときにそなえて自立した思考力をもつ必要がある。
    「楽毅」第二巻より
  • 人は自分の存在を最小にすることによって最大を得ることができる
    「楽毅」第三巻より
  • 勇と智とをあわせもっている者は、攻めるときよりも退くときに、なにかをなすときより、なにもなさないときに、その良質をあらわす
    「楽毅」第二巻より