ウェブページ

最近のトラックバック

本の検索・注文


  • サーチする:
    Amazon.co.jp のロゴ

« 「~し合う」ことを強制する環境の危険性 | トップページ | 扱い方が難しくなるかもしれない近現代史 »

「学力向上」政策=点数主義という批判の問題点

 小中一貫校(義務教育学校)の制度化に向けての動きが本格化しようとしている。

 現在,小中一貫に取り組んでいる学校の主なねらいは「学力向上」であると言われる。

 そして,そこには「点数主義」という批判がからみつく。

 私も,単純なテストの準備のためだけの教育はあってはならないと考えている。

 しかし,テストの点数は良いにこしたことはないし,小学校くらいなら,多くの子どもが100点をとることが可能だから,それだけ学習の励みにもなることは確かである。

 小中一貫校の卒業生の学力が低く,高校の選択肢が少ない状況になってしまうようではお話にならない。

 保護者の立場からすると,一般の公立小学校,中学校に通わせるよりも,

 高い学力が身につくという期待があるからこそ,1時間くらいかけてでも子どもを通わせる気になるわけである。

 小学校5年生くらいから,中学校の英語の先生が指導と評価を行ってくれれば,そういう仕組みのない学校よりは学力向上の期待が高まるだろう。

 では,このような仕組みで「進学校化」は進んでいってしまうのだろうか。

 一般の公立中学校は,小中一貫校で学力が低迷し,挫折してしまう子どもの受け皿になってしまうのか。

 このブログでは何度も書いてきているが,いわゆる「ゆとり」の提言と中高一貫校の拡充はセットだった。

 中高一貫校は,学力検査によって受け入れる生徒を選抜してはならない。

 だが実態は,塾に通って準備する必要がある適性検査問題と内申点によって,合格者が決定する。

 多数の応募者を選抜する必要があるから,検査問題はそれなりに難しい。

 そして東京都立高校がよい例だが,大学進学実績を伸ばすことに主眼がおかれている。

 全国の公立高校でも,すでにご立派な予備校化が進んでいるのだ。

 義務教育学校も同じ運命をたどるのだろうか。

 ここでは,二つの方向性を分けて考えなければならないことを明示しておく。

 一つには,全国学力調査や,都道府県や市区町村が独自に行っている学力調査の「でき」についてである。

 問題の難易度が非常に低いこれらの調査については,点がとれて当たり前,という常識があまり浸透していない。たとえば分数や小数の計算ができない大学生がかつて話題になったが,それらは小学校で習得しておかなければならないのだ。

 こういうタイプのテストで点数がとれるように指導することは,「点数主義」と呼んで否定される筋合いのものではない。もちろん,できない子どもをできるようにすることは容易ではない。しかしその努力を怠ったままでいることは,義務教育学校になれば許されないだろう。7年生の生徒に対し,5年生の元担任が放課後の部活動の時間に補習して実力をつけさせるようなことを,「点数主義」と呼べるだろうか。その能力が身に付いていなければ,将来困るのが目に見えている状況を放っておくことを,「点数主義」という批判で妨害する発想は信じられない。

 もう一つのいわゆる(難関の)中学受験学力については,普通の小学校の授業を受けているだけでは,点がとれなくて当たり前,大人でも時間内に解けない問題があることは,過去問を調べれば一目瞭然である。

 このような問題を解くための指導を,小学校が行う必要はない。義務教育学校になっても同様である。

 短時間で正解を求めるテクニックなどを教える「点数主義」は,塾や予備校の専売特許でよい。

 このように,難易度の全く異なる「テスト」を混同して,その得点を向上させる努力に批判を浴びせている人間がいるのが実態である。

 
 では,小中一貫校や義務教育学校の役割とは何だろうか。

 それは,これまでの制度では実現できなかった「最低学力の保障」である。

 「このままでは中学校の学習についていくことができない」と判断されたら,小学校の免許をもっている教師が小学校段階で求められていることができるまで,とことん教える。きれいな板書をつくったり,調べさせたり発表させたりするだけで教えた気になっている教師がいたら,「本当に学力がついているかどうか」の検証を徹底的に行わせる。

 学習の「過程」だけを重視し,「結果」を見ようとしない教師が減ることが,義務教育学校の最大のメリットかもしれない。


にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へにほんブログ村 教育ブログ 教師教育・教員養成へにほんブログ村 教育ブログ 社会科教育へ
教育問題・教育論 ブログランキングへ

« 「~し合う」ことを強制する環境の危険性 | トップページ | 扱い方が難しくなるかもしれない近現代史 »

教育」カテゴリの記事

学習指導要領」カテゴリの記事

教育改革」カテゴリの記事

学習の評価」カテゴリの記事

学力向上」カテゴリの記事

教職教育」カテゴリの記事

仕事術」カテゴリの記事

教師の逆コンピテンシー」カテゴリの記事

小中連携」カテゴリの記事

教育実習」カテゴリの記事

教員の評価」カテゴリの記事

教員研修」カテゴリの記事

グローバル人材」カテゴリの記事

『学び合い』」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「学力向上」政策=点数主義という批判の問題点:

« 「~し合う」ことを強制する環境の危険性 | トップページ | 扱い方が難しくなるかもしれない近現代史 »

2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

宮城谷昌光の言葉

  • 雲のうえに頂をもつ高山を登ろうとするのに、その山相のすさまじさに圧倒され、おじけづいていては何もはじまらない。最初の一歩を踏み出さねば、山頂は近づいてこない。
    「楽毅」第四巻より
  • みごとなものだ。斂(おさ)めるところは斂め、棄てるところは棄てている。楽氏が棄てたところに、われわれの生きる道がある。
    「楽毅」第四巻より
  • 去ってゆく千里の馬を追っても、とても追いつかぬぞ。千里の馬の尾をつかむには、その脚が停まったときしかない
    「楽毅」第四巻より
  • ・・・つくづく人のふしぎさを感じた。道を歩く者は、足もとの石をたしかめようとしないということである。千里のかなたを照らす宝石がころがっていても、気がつかない。それほどの名宝は深山幽谷に踏みこまなければ得られないとおもいこんでいる。
    「楽毅」第三巻より
  • この城をもっとたやすく落とすべきであった。たやすく得たものは、たやすく手放せる。
    「楽毅」第二巻より
  • なにかを信じつづけることはむずかしい。それより、信じつづけたことをやめるほうが、さらにむずかしい。
    「楽毅」第二巻より
  • からだで、皮膚で、感じるところに自身をおくことをせず、頭で判断したことに自身を縛りつけておくのは、賢明ではなく、むしろ怠慢なのではないか
    「楽毅」第二巻より
  • こうする、ああする、といちいち目的と行動とを配下におしえつづけてゆけば、配下はただ命令を待つだけで、思考をしなくなる。この四人はいつなんどき多数の兵を指揮することになるかもしれず、そのときにそなえて自立した思考力をもつ必要がある。
    「楽毅」第二巻より
  • 人は自分の存在を最小にすることによって最大を得ることができる
    「楽毅」第三巻より
  • 勇と智とをあわせもっている者は、攻めるときよりも退くときに、なにかをなすときより、なにもなさないときに、その良質をあらわす
    「楽毅」第二巻より