ウェブページ

最近のトラックバック

本の検索・注文


  • サーチする:
    Amazon.co.jp のロゴ

« ドラえもん映画にみる「特攻」「玉砕」精神 | トップページ | アクティブ・ラーニングという「形式主義」的教育が日本人の欠点をますます助長する »

タブレット端末が「真性の勉強嫌い」を生むおそれ

 今や通信添削の世界でもタブレット端末が活用されている。

 ICT機器を活用すれば,学力は向上するのか。

 私が所属している研究グループの報告によれば,

 様々な障害を抱えている児童生徒が,教師自身がしっかりと工夫した内容でICT機器を活用した場合には,一定の成果が見られているようだが,通常の学級に所属している多くの児童生徒に関しては,ICT機器を使わないと効果が得られないとか,ICT機器を使うことでめざましい成果が得られた,という報告は聞いたことがない。

 学習に困難を抱えている児童生徒に対して,ICT機器を「教師が」活用して授業する場合にだけ,成果が得られている,ということには何となく納得がいく。

 ある地域では,反転学習といって家庭でも学習を課すために,タブレット端末を利用させているようだが,私はこのように「機械で子どもを縛る」行為によって,「真性の勉強嫌い」が生まれてくるおそれがあると考えている。

 「真性の勉強嫌い」は,「学力低下」よりもおそろしい結果を生むであろうことが私の危惧するところである。

 ICT機器での学習は,「紙ゴミを出さない」という点では優れている。

 「教育活動でゴミを出すことを禁止する」という法律でもできれば,ICT機器はまさに「欠かせないアイテム」となるだろう。

 しかし,紙,鉛筆,消しゴムを使って学習することと,それらを使わないことにはどのような意味での「隔たり」があるのだろうか。

 単純に言って,手(指)の繊細な感覚が失われるだけでなく,脳の発達にも悪い影響が出るのではないかと直観的に感じる。

 ICT機器を使い,超短期的な「意欲の高まり」で喜んでいる程度で,教育への効果を期待するのは愚かなことである。

 「良い結果を出さなければならない」という縛りがあるような研究のために,ICT機器や子どもを利用するは止めてほしい。

 タブレット端末による学習など,すぐに飽きるのが子どもというものである。

 それを,学習履歴のチェックをするなど,子どもを縛り始めたら,本当の意味での「学校教育の終わり」が近づいていると言えるかもしれない。


にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へにほんブログ村 教育ブログ 教師教育・教員養成へにほんブログ村 教育ブログ 社会科教育へ
教育問題・教育論 ブログランキングへ

« ドラえもん映画にみる「特攻」「玉砕」精神 | トップページ | アクティブ・ラーニングという「形式主義」的教育が日本人の欠点をますます助長する »

教育」カテゴリの記事

ニュースより」カテゴリの記事

教育改革」カテゴリの記事

学習の評価」カテゴリの記事

学力向上」カテゴリの記事

教職教育」カテゴリの記事

教師の逆コンピテンシー」カテゴリの記事

教育実習」カテゴリの記事

ICT教育」カテゴリの記事

教員の評価」カテゴリの記事

教員研修」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: タブレット端末が「真性の勉強嫌い」を生むおそれ:

« ドラえもん映画にみる「特攻」「玉砕」精神 | トップページ | アクティブ・ラーニングという「形式主義」的教育が日本人の欠点をますます助長する »

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

宮城谷昌光の言葉

  • 雲のうえに頂をもつ高山を登ろうとするのに、その山相のすさまじさに圧倒され、おじけづいていては何もはじまらない。最初の一歩を踏み出さねば、山頂は近づいてこない。
    「楽毅」第四巻より
  • みごとなものだ。斂(おさ)めるところは斂め、棄てるところは棄てている。楽氏が棄てたところに、われわれの生きる道がある。
    「楽毅」第四巻より
  • 去ってゆく千里の馬を追っても、とても追いつかぬぞ。千里の馬の尾をつかむには、その脚が停まったときしかない
    「楽毅」第四巻より
  • ・・・つくづく人のふしぎさを感じた。道を歩く者は、足もとの石をたしかめようとしないということである。千里のかなたを照らす宝石がころがっていても、気がつかない。それほどの名宝は深山幽谷に踏みこまなければ得られないとおもいこんでいる。
    「楽毅」第三巻より
  • この城をもっとたやすく落とすべきであった。たやすく得たものは、たやすく手放せる。
    「楽毅」第二巻より
  • なにかを信じつづけることはむずかしい。それより、信じつづけたことをやめるほうが、さらにむずかしい。
    「楽毅」第二巻より
  • からだで、皮膚で、感じるところに自身をおくことをせず、頭で判断したことに自身を縛りつけておくのは、賢明ではなく、むしろ怠慢なのではないか
    「楽毅」第二巻より
  • こうする、ああする、といちいち目的と行動とを配下におしえつづけてゆけば、配下はただ命令を待つだけで、思考をしなくなる。この四人はいつなんどき多数の兵を指揮することになるかもしれず、そのときにそなえて自立した思考力をもつ必要がある。
    「楽毅」第二巻より
  • 人は自分の存在を最小にすることによって最大を得ることができる
    「楽毅」第三巻より
  • 勇と智とをあわせもっている者は、攻めるときよりも退くときに、なにかをなすときより、なにもなさないときに、その良質をあらわす
    「楽毅」第二巻より