ウェブページ

最近のトラックバック

本の検索・注文


  • サーチする:
    Amazon.co.jp のロゴ

« 他人への批判が正直な自己開示になってしまっている話 | トップページ | 都立入試の社会の大問1の問1は・・・・本当? »

「指導力がない」というレッテル貼りをされた小学校教師のために

 ある出版社の話では,小学校教育に関する本を出す場合,「個人名を出さないと売れない」ということだった。

 本人が渋々承知しているのか,それとも自ら喜んで名前を出しているのかはわからないが,帯に顔写真までついている本もある。

 教師という職業は,羞恥心がない方が向いている気がするのだが,いくらなんでもそれはやり過ぎだろう。

 しかも現役の教師ということになると,その教え子たちは中学校に進学し,「その先生の教え子」という目で見られるわけである。

 迷惑なのは,子どもの方ではないか。

 さて,最近ふと,昔,初任者研修を担当したときの小学校教師のことが頭に浮かぶことがあった。

 それは,同僚の先生のことを子どもの目の前で罵倒するというトンデモ教師の話を聞いたときのことだった。

 初任者は,夏に宿泊研修というのを実施する。そこでは,教師になって半年もしない間に,すでに「精神的にまいっている」人が何人かいた。

 グループワークをしている様子を見ると,なぜ「精神的にまいってしまうのか」がよくわかる場面に遭遇する。

 それは周囲の教師からの冷たい視線である。同じ初任者なのに,「子ども扱い」されている教師がいる。

 こういう光景を,私の中学校での勤務経験,研修等での集まりでも,さすがに見たことはなかった。

 小学校に特有の「風習」なのだろう。

 「こんなこともできないのか」

 「そんなこともわからないのか」

 そんな言葉を投げかけられるのが嫌で,小学校教師たちはせっせと本を購入して読むのだろうか。

 気の毒な職場である。

 一般社会では,そんな言葉は当たり前のように上司から投げかけられるのかもしれない。

 行政の現場でもそういう面があった。

 しかし,小学生の見ている前で,他の教師から罵倒される人間の姿を想像してみてもらいたい。

 憔悴していた初任者にかけた私の言葉を,相手は覚えてくれているだろうか。

 中学校の現場に戻って,その言葉を,再び使うことはなかった。

 若い教師たちに・・・・特に,「指導力がない」というレッテルを貼られた小学校教師たちに,

 中学校教師は,反撃の機会を与えてあげることができる。

 子どもが,すべてを物語ってくれる。

 ぜひ,教え子たちの姿を中学校に見に来てほしい。


にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へにほんブログ村 教育ブログ 教師教育・教員養成へにほんブログ村 教育ブログ 社会科教育へ
教育問題・教育論 ブログランキングへ

« 他人への批判が正直な自己開示になってしまっている話 | トップページ | 都立入試の社会の大問1の問1は・・・・本当? »

教育」カテゴリの記事

教育改革」カテゴリの記事

リーダーシップ」カテゴリの記事

いじめ問題」カテゴリの記事

ブログネタ」カテゴリの記事

学校評価」カテゴリの記事

教職教育」カテゴリの記事

仕事術」カテゴリの記事

教師の逆コンピテンシー」カテゴリの記事

道徳」カテゴリの記事

教育実習」カテゴリの記事

教員の評価」カテゴリの記事

教員研修」カテゴリの記事

生活指導」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 他人への批判が正直な自己開示になってしまっている話 | トップページ | 都立入試の社会の大問1の問1は・・・・本当? »

2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

宮城谷昌光の言葉

  • 雲のうえに頂をもつ高山を登ろうとするのに、その山相のすさまじさに圧倒され、おじけづいていては何もはじまらない。最初の一歩を踏み出さねば、山頂は近づいてこない。
    「楽毅」第四巻より
  • みごとなものだ。斂(おさ)めるところは斂め、棄てるところは棄てている。楽氏が棄てたところに、われわれの生きる道がある。
    「楽毅」第四巻より
  • 去ってゆく千里の馬を追っても、とても追いつかぬぞ。千里の馬の尾をつかむには、その脚が停まったときしかない
    「楽毅」第四巻より
  • ・・・つくづく人のふしぎさを感じた。道を歩く者は、足もとの石をたしかめようとしないということである。千里のかなたを照らす宝石がころがっていても、気がつかない。それほどの名宝は深山幽谷に踏みこまなければ得られないとおもいこんでいる。
    「楽毅」第三巻より
  • この城をもっとたやすく落とすべきであった。たやすく得たものは、たやすく手放せる。
    「楽毅」第二巻より
  • なにかを信じつづけることはむずかしい。それより、信じつづけたことをやめるほうが、さらにむずかしい。
    「楽毅」第二巻より
  • からだで、皮膚で、感じるところに自身をおくことをせず、頭で判断したことに自身を縛りつけておくのは、賢明ではなく、むしろ怠慢なのではないか
    「楽毅」第二巻より
  • こうする、ああする、といちいち目的と行動とを配下におしえつづけてゆけば、配下はただ命令を待つだけで、思考をしなくなる。この四人はいつなんどき多数の兵を指揮することになるかもしれず、そのときにそなえて自立した思考力をもつ必要がある。
    「楽毅」第二巻より
  • 人は自分の存在を最小にすることによって最大を得ることができる
    「楽毅」第三巻より
  • 勇と智とをあわせもっている者は、攻めるときよりも退くときに、なにかをなすときより、なにもなさないときに、その良質をあらわす
    「楽毅」第二巻より