ウェブページ

最近のトラックバック

本の検索・注文


  • サーチする:
    Amazon.co.jp のロゴ

« 「腐った教師脳」の分析 | トップページ | 幻に向かって必死に矢を射るヒマな人たち »

小学校学習指導要領実施状況調査の報道発表

 約2年がかりで分析が行われた「全国学力調査」の「全教科版(6年生が体育以外すべて)」の結果が公表されている。

 実施時期は2年前の2~3月にかけてであるから,当時の小学校6年生はすでに中学校2年生になっている。

 調査は全学校の約4%を対象としたから,ほとんどの子どもは問題を解いていない。

 統計的に十分な数のサンプルが集まっているという前提で分析は行われている。

 平成20年の学習指導要領の改訂での基本方針にあげられた,
 
 「思考力・判断力・表現力等の育成」などがどの程度行われたかを調査するための問題だったので,

 いわゆる「一問一答式」の問題ではないため,子どもたちは「すべてが応用問題」のように感じただろう。

 この調査結果は,もう改訂に入ろうとしている次の学習指導要領の基本方針に反映されることになる。

 社会科では,次の4つの「指導上の改善点」が掲げられた。

1 情報を基にして社会的事象の意味を考え表現できるようにする指導の充実

2 基礎的な知識や技能を確実に身に付けるようにする指導の充実

3 問題解決の見通しをもったり学習したことを振り返ったりする指導の充実

4 よりよい社会の形成に参画する資質や能力の基礎を育てる指導の充実

 それぞれに,2~3点の「重要なこと」が示されている。

 子ども向けの質問紙調査では,平成15年度の調査と比べて,

 「社会科の学習が好きだ」という質問では

 「そう思う」「どちらかといえばそう思う」と答えた6年生が

 56.9%から63.2%に増えている。5年生では微増といった感じ。

 他教科では,理科の学習が好きという子どもが増えているのが目立つ。

 逆に,算数に関しては,5,6年生ともに,「好きだ」と答えている子どもは減っている。

 「好き」「嫌い」を問うものほど意味がなく,むしろ害の方が大きい質問はないと思っているが,
 
 きっとこの結果を踏まえて「好きにさせることを目標にする指導」に力を入れることになるのだろう。

 「好き・嫌いにかかわらずに,学ぶべきことを自ら学ぶ子ども」をつくる教育は,小学校では無理なのだろうか。

 小学校の教師がいろいろと教材を工夫して「楽しめる」ようにがんばっている授業などには参加せずに,

 「もっと面白いことがたくさん書いてある参考書」をひたすら読みまくる受験生がいたりするのが邪魔であろうことは想像できるが,

 「好き」「楽しい」という「感情」には,非常に様々な「レベル」が存在することに気づき,その分類を真剣に考えてくれる人はいないだろうか。

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へにほんブログ村 教育ブログ 教師教育・教員養成へにほんブログ村 教育ブログ 社会科教育へ
教育問題・教育論 ブログランキングへ

« 「腐った教師脳」の分析 | トップページ | 幻に向かって必死に矢を射るヒマな人たち »

教育」カテゴリの記事

学習指導要領」カテゴリの記事

教育改革」カテゴリの記事

社会科」カテゴリの記事

学習の評価」カテゴリの記事

学力向上」カテゴリの記事

言語活動の充実」カテゴリの記事

教職教育」カテゴリの記事

教育実習」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 小学校学習指導要領実施状況調査の報道発表:

« 「腐った教師脳」の分析 | トップページ | 幻に向かって必死に矢を射るヒマな人たち »

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

宮城谷昌光の言葉

  • 雲のうえに頂をもつ高山を登ろうとするのに、その山相のすさまじさに圧倒され、おじけづいていては何もはじまらない。最初の一歩を踏み出さねば、山頂は近づいてこない。
    「楽毅」第四巻より
  • みごとなものだ。斂(おさ)めるところは斂め、棄てるところは棄てている。楽氏が棄てたところに、われわれの生きる道がある。
    「楽毅」第四巻より
  • 去ってゆく千里の馬を追っても、とても追いつかぬぞ。千里の馬の尾をつかむには、その脚が停まったときしかない
    「楽毅」第四巻より
  • ・・・つくづく人のふしぎさを感じた。道を歩く者は、足もとの石をたしかめようとしないということである。千里のかなたを照らす宝石がころがっていても、気がつかない。それほどの名宝は深山幽谷に踏みこまなければ得られないとおもいこんでいる。
    「楽毅」第三巻より
  • この城をもっとたやすく落とすべきであった。たやすく得たものは、たやすく手放せる。
    「楽毅」第二巻より
  • なにかを信じつづけることはむずかしい。それより、信じつづけたことをやめるほうが、さらにむずかしい。
    「楽毅」第二巻より
  • からだで、皮膚で、感じるところに自身をおくことをせず、頭で判断したことに自身を縛りつけておくのは、賢明ではなく、むしろ怠慢なのではないか
    「楽毅」第二巻より
  • こうする、ああする、といちいち目的と行動とを配下におしえつづけてゆけば、配下はただ命令を待つだけで、思考をしなくなる。この四人はいつなんどき多数の兵を指揮することになるかもしれず、そのときにそなえて自立した思考力をもつ必要がある。
    「楽毅」第二巻より
  • 人は自分の存在を最小にすることによって最大を得ることができる
    「楽毅」第三巻より
  • 勇と智とをあわせもっている者は、攻めるときよりも退くときに、なにかをなすときより、なにもなさないときに、その良質をあらわす
    「楽毅」第二巻より