ウェブページ

最近のトラックバック

本の検索・注文


  • サーチする:
    Amazon.co.jp のロゴ

« プロの教師は「伝わる言葉」に変換できる人 | トップページ | タブレット端末の時代は終わり,大型画面のスマホの時代へ »

日本ほど「革命」が陳腐なフレーズで語られる国はないだろう

 「革命」とは,それが導入される以前と以後で,社会のようすが一変するような「大変化」をさす言葉のはずである。

 それが,日本では何でも「革命」になってしまうから,子どもが感じる「革命」という言葉の価値は,200円のものが100円で売られていることを驚く程度の認識になってはいまいか。

 「タブレット革命」という言葉を記事で読んだが,今や一般家庭でも広がりつつあるタブレット機が,授業を根本的に変えると期待する人たちは,よほどまともな授業に出会えなかった経験の持ち主なのだろう。

 「IT革命」なら,それなりの継続性をもって日々進歩しており,たとえば携帯電話の機種を2年で換えるのが当たり前の時代が,1年単位になるかもしれないくらい,変化のスピードが速まっている。

 「市民革命」なら,身分制社会が一気に崩れるような大変動が起こり,

 「産業革命」なら,工業化の進展,輸送手段の変化が「弱い地域」の「植民地化」がより容易に行われるようになった。

 「強い者が勝ち残る時代」が続いており,「強者と弱者の格差」が問題視されるようになったが,現在の弱者が勝てる方法は今のところ見つかっていない。

 だから,今の日本では,「タブレット革命」を起こすということは,本当の意味での「革命」と同じくらい,「あり得ない」ことなのだろう。

 「タブレット革命」の実現には,悲しいことに多額な『お金』が必要である。

 「個人負担」にしているところでは,やがて「成果に乏しい」ことを理由に「反対運動」が起きるか,「敬遠」される原因になるだろう。

 私がもし本当の意味での「タブレット革命」を起こすとしたら,「学習を支援する教師が不要になる」ことを前提とした授業へのタブレット機の導入である。

 塾ではコンピュータ画面の前に受講生を座らせてこれをやっている。

 そんな「革命」を起こすメリットは,「人件費が削減できること」くらいだろう。

 学校現場は,利益を出す必要がない。

 しかし,だからこそ「仕事の手を抜いている」と批判されやすい場所でもある。

 教師は,もっと「汗水たらして」仕事をすべきである。

 今は,子どもが自由自在に使いこなしているタブレット機を前に,教師が冷や汗をかいている姿しかどうも想像できない。

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へにほんブログ村 教育ブログ 教師教育・教員養成へにほんブログ村 教育ブログ 社会科教育へ
教育問題・教育論 ブログランキングへ

« プロの教師は「伝わる言葉」に変換できる人 | トップページ | タブレット端末の時代は終わり,大型画面のスマホの時代へ »

教育」カテゴリの記事

ニュースより」カテゴリの記事

学習指導要領」カテゴリの記事

教育改革」カテゴリの記事

ブログネタ」カテゴリの記事

学力向上」カテゴリの記事

教職教育」カテゴリの記事

教師の逆コンピテンシー」カテゴリの記事

教育実習」カテゴリの記事

ICT教育」カテゴリの記事

教員の評価」カテゴリの記事

教員研修」カテゴリの記事

グローバル人材」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日本ほど「革命」が陳腐なフレーズで語られる国はないだろう:

« プロの教師は「伝わる言葉」に変換できる人 | トップページ | タブレット端末の時代は終わり,大型画面のスマホの時代へ »

2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

宮城谷昌光の言葉

  • 雲のうえに頂をもつ高山を登ろうとするのに、その山相のすさまじさに圧倒され、おじけづいていては何もはじまらない。最初の一歩を踏み出さねば、山頂は近づいてこない。
    「楽毅」第四巻より
  • みごとなものだ。斂(おさ)めるところは斂め、棄てるところは棄てている。楽氏が棄てたところに、われわれの生きる道がある。
    「楽毅」第四巻より
  • 去ってゆく千里の馬を追っても、とても追いつかぬぞ。千里の馬の尾をつかむには、その脚が停まったときしかない
    「楽毅」第四巻より
  • ・・・つくづく人のふしぎさを感じた。道を歩く者は、足もとの石をたしかめようとしないということである。千里のかなたを照らす宝石がころがっていても、気がつかない。それほどの名宝は深山幽谷に踏みこまなければ得られないとおもいこんでいる。
    「楽毅」第三巻より
  • この城をもっとたやすく落とすべきであった。たやすく得たものは、たやすく手放せる。
    「楽毅」第二巻より
  • なにかを信じつづけることはむずかしい。それより、信じつづけたことをやめるほうが、さらにむずかしい。
    「楽毅」第二巻より
  • からだで、皮膚で、感じるところに自身をおくことをせず、頭で判断したことに自身を縛りつけておくのは、賢明ではなく、むしろ怠慢なのではないか
    「楽毅」第二巻より
  • こうする、ああする、といちいち目的と行動とを配下におしえつづけてゆけば、配下はただ命令を待つだけで、思考をしなくなる。この四人はいつなんどき多数の兵を指揮することになるかもしれず、そのときにそなえて自立した思考力をもつ必要がある。
    「楽毅」第二巻より
  • 人は自分の存在を最小にすることによって最大を得ることができる
    「楽毅」第三巻より
  • 勇と智とをあわせもっている者は、攻めるときよりも退くときに、なにかをなすときより、なにもなさないときに、その良質をあらわす
    「楽毅」第二巻より