ウェブページ

最近のトラックバック

本の検索・注文


  • サーチする:
    Amazon.co.jp のロゴ

« 「脱ゆとり」の成果をはかる前に・・・ | トップページ | どうしたら,社会科を好きにさせることができますか? »

どうしたら,生徒に好かれる先生になれますか?

 こういう質問を教員に対してするのは難しいようですし,「好かれていなさそうな」教員に聞くこともできないので,ネット上にヒントがないか探している人がいるようです。

 ココログではアクセス解析というのがあって,たとえば今週では,世界史の出題ミスの影響からか,このブログに3つの大学からのアクセスがあったことがわかります(大学名は公表しませんが)。

 「検索キーワードランキング」もあって,今月ですと「指導主事」が上位にあり,「入試 インフルエンザ」も10位以内に入っています。

 記事をつくる上での参考にするために「検索キーワード」をときどき確認するのですが,どうやら「子どもに好かれる方法」を知りたくて,このブログを訪問してくださる方がいるようです。

 「生徒に好かれる」かどうかは何で決まるのでしょうか。

 アンケート調査の結果では,「先生が好きになる条件」として,

 「授業がわかりやすい」ことがトップに挙がります。

 これは,「教師として」好かれる上では絶対的に必要な条件だと思われますが,

 「授業はわかりやすい」とは思われなくても,「人として」好かれているようなタイプの教師もたくさんいるわけです。部活動のめんどうを一生懸命みてくれるとか。相談事を親身になって聞いてくれるとか。

 大切なのは自問自答です。

 「自分は,どのような理由で生徒から好かれる教師になりたいのか?」

 自分が理想とする教師像とは何か。

 その「理想像」が,「子どもから好かれる」という漠然としたものではいけないのですね。

 「どういう理由で好かれたいのか?」

 こういう問いを自らに発することができることが,教師としては大事なのではないでしょうか。

 ある一定の経験を経ると,

 子どもから「好かれる」「嫌われる」などはあまり気にならなくなります。

 要は,子どもがどれだけ成長できるかが大切なわけで,

 「嫌いな教師を無理に好きにさせる」必要はないわけです。

 「好き」「嫌い」にこだわる人は,きっと小学校の教師の多いのでしょう。

 特に,同じ学年に「人気のある先生」がいて,自分が担任するクラスが問題ばかり起こしていると,どんどん気が滅入るばかりかもしれませんね。

 親が自分に聞こえるように「今年はハズレね」なんて言ってくる1年間はとてもつらいものでしょう。

 しかし,教師の自分には「ハズレ」はないのです。

 むしろ,自分に期待していない子どもを教えられるというのは,大きなチャンスです。

 「先生が好きだから勉強が好きになった」というかたちではなく,

 「勉強がわかるから勉強が好きになる」と経験をさせることができる1年間だからです。

 教師の仕事は子どもから「好かれる」ことではなく,子どもを成長させることです。

 「好かれる」かどうかは後回しにして,子どもを成長させることに全力を注ぐべきです・・・・・

 なんていう話しか,このブログでは読めなさそうですね・・・・。

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へにほんブログ村 教育ブログ 教師教育・教員養成へにほんブログ村 教育ブログ 社会科教育へ
教育問題・教育論 ブログランキングへ

« 「脱ゆとり」の成果をはかる前に・・・ | トップページ | どうしたら,社会科を好きにさせることができますか? »

教育」カテゴリの記事

教育改革」カテゴリの記事

教職教育」カテゴリの記事

仕事術」カテゴリの記事

教師の逆コンピテンシー」カテゴリの記事

教育実習」カテゴリの記事

教員の評価」カテゴリの記事

教員研修」カテゴリの記事

生活指導」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: どうしたら,生徒に好かれる先生になれますか?:

« 「脱ゆとり」の成果をはかる前に・・・ | トップページ | どうしたら,社会科を好きにさせることができますか? »

2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

宮城谷昌光の言葉

  • 雲のうえに頂をもつ高山を登ろうとするのに、その山相のすさまじさに圧倒され、おじけづいていては何もはじまらない。最初の一歩を踏み出さねば、山頂は近づいてこない。
    「楽毅」第四巻より
  • みごとなものだ。斂(おさ)めるところは斂め、棄てるところは棄てている。楽氏が棄てたところに、われわれの生きる道がある。
    「楽毅」第四巻より
  • 去ってゆく千里の馬を追っても、とても追いつかぬぞ。千里の馬の尾をつかむには、その脚が停まったときしかない
    「楽毅」第四巻より
  • ・・・つくづく人のふしぎさを感じた。道を歩く者は、足もとの石をたしかめようとしないということである。千里のかなたを照らす宝石がころがっていても、気がつかない。それほどの名宝は深山幽谷に踏みこまなければ得られないとおもいこんでいる。
    「楽毅」第三巻より
  • この城をもっとたやすく落とすべきであった。たやすく得たものは、たやすく手放せる。
    「楽毅」第二巻より
  • なにかを信じつづけることはむずかしい。それより、信じつづけたことをやめるほうが、さらにむずかしい。
    「楽毅」第二巻より
  • からだで、皮膚で、感じるところに自身をおくことをせず、頭で判断したことに自身を縛りつけておくのは、賢明ではなく、むしろ怠慢なのではないか
    「楽毅」第二巻より
  • こうする、ああする、といちいち目的と行動とを配下におしえつづけてゆけば、配下はただ命令を待つだけで、思考をしなくなる。この四人はいつなんどき多数の兵を指揮することになるかもしれず、そのときにそなえて自立した思考力をもつ必要がある。
    「楽毅」第二巻より
  • 人は自分の存在を最小にすることによって最大を得ることができる
    「楽毅」第三巻より
  • 勇と智とをあわせもっている者は、攻めるときよりも退くときに、なにかをなすときより、なにもなさないときに、その良質をあらわす
    「楽毅」第二巻より