ウェブページ

最近のトラックバック

本の検索・注文


  • サーチする:
    Amazon.co.jp のロゴ

« 日本型教育の最終形態!? | トップページ | 『学び合い』によって失われるもの・捨てられるもの »

成人式

 今日は,中学校の教え子たちが主催し,招いてくれた「成人式前夜祭」に出席してきた。

 5年しか経っていないが・・・というべきか,5年も経っているが・・・・というべきか,

 表現に迷い,複雑な思いになる期間である。

 150人くらい集まっただろうか。ずいぶんと立派になった(中学生のころと比べるとという意味で,当たり前のことだが)「新成人」たちに囲まれながら,少し意外だったことは,中学校時代は病気等で登校日数が少なかった「元生徒」,不登校だったり不登校傾向があった何人かの「元生徒」も顔を揃えていた。当時の学校には「居場所」がなかったかもしれないが,5年たった今,抵抗なく学年の集団にいる様子を見ていると,実は当時も心の中ではここを「居場所」としていたのかもしれないと思えてきた。

 話をしてみてさらにほっとさせられたのは,それぞれが自分の夢に向かって確実に歩んでいることである。

 3年サイクルで新しい「世代」の子どもたちに出会っていくが,まだ「決定的な違い」「断層」を実感したことはない。

 ただ,年によってはピンポイントで強い衝撃を受けるような事件を経験する子どもたちがいる。

 東日本大震災もそうだろう。被災者ではなくても,大川小の件などは衝撃的なニュースである。

 確か,この新成人が小学校1年生のとき(2001年)に「附属池田小事件」が起こっている。

 ニュースを聞いてショックを受けた人たちが多く存在する学年だろう。

 海外でも学校が襲撃されるテロ事件が発生してしまったばかりだが,テロに対する恐怖と同時に,怒りも強く感じられるような年齢になってきたのではないか。

 中学校時代の大きな教育方針に,「強く」生きること,「正しく」生きること,「朗らかに」過ごすこと,というのがあったのだが,「強さ」と「朗らかさ」の両立は難しい。「正しさ」は見る角度によって変わる。そういう「達成しにくい課題」にも「強い意思で,正しさを追求し,朗らかにまとめていく」ことができる新成人になってほしい。

 対テロに「朗らかさ」など不要だ,という主張もあろうが,強硬なだけの対処が,さらなるテロを・・・以前よりさらにスケールが大きなテロを引き起こしてしまうような「強い対処」は「正しい」と言えるのかどうか。

 人にはなぜ「やさしさ」や「朗らかさ」が求められるのか。

 実は,人間ではなく動物の世界の方が,「強さ」も「正しさ」も「朗らかさ」も兼ね揃えた生活が成立しているかもしれないという目をもって,選挙権を活かし,社会を担っていく「成人」になってほしい。

 今年はおめでたさが何倍にもなった念頭のお祝いであった。

 
にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へにほんブログ村 教育ブログ 教師教育・教員養成へにほんブログ村 教育ブログ 社会科教育へ
教育問題・教育論 ブログランキングへ

« 日本型教育の最終形態!? | トップページ | 『学び合い』によって失われるもの・捨てられるもの »

教育」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 成人式:

« 日本型教育の最終形態!? | トップページ | 『学び合い』によって失われるもの・捨てられるもの »

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

宮城谷昌光の言葉

  • 雲のうえに頂をもつ高山を登ろうとするのに、その山相のすさまじさに圧倒され、おじけづいていては何もはじまらない。最初の一歩を踏み出さねば、山頂は近づいてこない。
    「楽毅」第四巻より
  • みごとなものだ。斂(おさ)めるところは斂め、棄てるところは棄てている。楽氏が棄てたところに、われわれの生きる道がある。
    「楽毅」第四巻より
  • 去ってゆく千里の馬を追っても、とても追いつかぬぞ。千里の馬の尾をつかむには、その脚が停まったときしかない
    「楽毅」第四巻より
  • ・・・つくづく人のふしぎさを感じた。道を歩く者は、足もとの石をたしかめようとしないということである。千里のかなたを照らす宝石がころがっていても、気がつかない。それほどの名宝は深山幽谷に踏みこまなければ得られないとおもいこんでいる。
    「楽毅」第三巻より
  • この城をもっとたやすく落とすべきであった。たやすく得たものは、たやすく手放せる。
    「楽毅」第二巻より
  • なにかを信じつづけることはむずかしい。それより、信じつづけたことをやめるほうが、さらにむずかしい。
    「楽毅」第二巻より
  • からだで、皮膚で、感じるところに自身をおくことをせず、頭で判断したことに自身を縛りつけておくのは、賢明ではなく、むしろ怠慢なのではないか
    「楽毅」第二巻より
  • こうする、ああする、といちいち目的と行動とを配下におしえつづけてゆけば、配下はただ命令を待つだけで、思考をしなくなる。この四人はいつなんどき多数の兵を指揮することになるかもしれず、そのときにそなえて自立した思考力をもつ必要がある。
    「楽毅」第二巻より
  • 人は自分の存在を最小にすることによって最大を得ることができる
    「楽毅」第三巻より
  • 勇と智とをあわせもっている者は、攻めるときよりも退くときに、なにかをなすときより、なにもなさないときに、その良質をあらわす
    「楽毅」第二巻より