ウェブページ

最近のトラックバック

本の検索・注文


  • サーチする:
    Amazon.co.jp のロゴ

« 語るに落ちた『学び合い』教 | トップページ | 中学校の良きリーダーは必ず現われる »

「研究校なのに~」という教育の素人をだまらせる方法

 教科や道徳,総合的な学習の時間の研究指定校になれば,中学校でも校内研究の時間を設ける必要が出てくる。
 
 校内研修・校内研究の活性化を狙って,研究指定校になろうとする校長の判断は正しい。

 問題は,このような研究が子どもにプラスとなってかえっていくことを教師たちに実感させられるかどうかだが,ただでさえ忙しく,学校内での研究・研修のチャンスをもつことができないで育った教師たちには,「果実」は想定しにくく,開始当初は文句たらたらかもしれない。開始してみれば,それなりの刺激になるはずである。

 中学校の場合,放課後の部活動の指導時間を確保したいと願っている教師が多く,校内研修・校内研究はどうしても形だけのものになりやすい。しかし,職員会議とは違って,校内研修・校内研究は,その学校の教師たちがもつ「良さ」を共有するために欠かせない時間である。だから,落ち着いた学校ほど,研修・研究が充実し,教師の指導力も高まっていくという「プラスのスパイラル」効果が働く。

 「時間がない」ことを理由に研修・研究をいい加減にする学校の教師たちは,「マイナスのスパイラル」に陥っていく。教育公務員特例法という法律で,教員に「絶えず研究と修養に努めなければならない」ことを求めているのは,まぎれもなく「その職責を遂行するため」である。「職責」の自覚自体があいまいになっていることも現場の課題だが,「知識を軽視し技術に走る」空気も変えていく必要がある。

 研修・研究によって,より広範囲で高密度の知識をもつことは,教育の職責を全うするために欠かせない。

 学校の空気や文化を変える上でも,研究指定校になるというのはよい手段である。

 このような話は,実際に研究・研修で成果を残したことのない教師たちには通じにくいし,ときどき部活動が中止だといって子どもを家に早く帰らせることを嫌がる親たちなど,教育の素人の方たちには理解されにくい面もある。

 要は,成果である。

 教育の素人をだまらせるには,「成果」しかない。

 表面的な飾りでごまかそうとするのはいけない。

 その学校が,「あと数年はもつ」と実感できるような「成果」がほしい。

 「研究校なんか・・・」と言う教師をなくすことが第一の求められる「成果」である。

 個人研究ではなく,学校という協働の場でのすべての教員による研究の「成果」を出す経験によって,初めて「学び合い」の大切さが語れる教師になると思われる。

 「研究校なのにこんな問題を出しやがって」などという部外者からのヤジは無視してよい。

 「道徳の研究をすればいじめはいっさいなくなるはずだ」などという人間ほど,「教育の重さ」がわかっていない者はいない。

 こういうことを言う人間は,絶対に「研究の指定を受けること」を拒否するだろう。

 研究後の問題が発覚して批判されるのは嫌だと思っているからである。

 教育現場から,「問題」などそう簡単になくなりはしない。

 要は,正面から「問題」に向き合う姿勢がつくかどうか,ついているかどうかである。


にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へにほんブログ村 教育ブログ 教師教育・教員養成へにほんブログ村 教育ブログ 社会科教育へ
教育問題・教育論 ブログランキングへ

« 語るに落ちた『学び合い』教 | トップページ | 中学校の良きリーダーは必ず現われる »

教育」カテゴリの記事

学校選択制」カテゴリの記事

教育改革」カテゴリの記事

リーダーシップ」カテゴリの記事

いじめ問題」カテゴリの記事

ブログネタ」カテゴリの記事

学校評価」カテゴリの記事

教職教育」カテゴリの記事

仕事術」カテゴリの記事

教師の逆コンピテンシー」カテゴリの記事

道徳」カテゴリの記事

教員の評価」カテゴリの記事

教員研修」カテゴリの記事

生活指導」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「研究校なのに~」という教育の素人をだまらせる方法:

« 語るに落ちた『学び合い』教 | トップページ | 中学校の良きリーダーは必ず現われる »

2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

宮城谷昌光の言葉

  • 雲のうえに頂をもつ高山を登ろうとするのに、その山相のすさまじさに圧倒され、おじけづいていては何もはじまらない。最初の一歩を踏み出さねば、山頂は近づいてこない。
    「楽毅」第四巻より
  • みごとなものだ。斂(おさ)めるところは斂め、棄てるところは棄てている。楽氏が棄てたところに、われわれの生きる道がある。
    「楽毅」第四巻より
  • 去ってゆく千里の馬を追っても、とても追いつかぬぞ。千里の馬の尾をつかむには、その脚が停まったときしかない
    「楽毅」第四巻より
  • ・・・つくづく人のふしぎさを感じた。道を歩く者は、足もとの石をたしかめようとしないということである。千里のかなたを照らす宝石がころがっていても、気がつかない。それほどの名宝は深山幽谷に踏みこまなければ得られないとおもいこんでいる。
    「楽毅」第三巻より
  • この城をもっとたやすく落とすべきであった。たやすく得たものは、たやすく手放せる。
    「楽毅」第二巻より
  • なにかを信じつづけることはむずかしい。それより、信じつづけたことをやめるほうが、さらにむずかしい。
    「楽毅」第二巻より
  • からだで、皮膚で、感じるところに自身をおくことをせず、頭で判断したことに自身を縛りつけておくのは、賢明ではなく、むしろ怠慢なのではないか
    「楽毅」第二巻より
  • こうする、ああする、といちいち目的と行動とを配下におしえつづけてゆけば、配下はただ命令を待つだけで、思考をしなくなる。この四人はいつなんどき多数の兵を指揮することになるかもしれず、そのときにそなえて自立した思考力をもつ必要がある。
    「楽毅」第二巻より
  • 人は自分の存在を最小にすることによって最大を得ることができる
    「楽毅」第三巻より
  • 勇と智とをあわせもっている者は、攻めるときよりも退くときに、なにかをなすときより、なにもなさないときに、その良質をあらわす
    「楽毅」第二巻より