ウェブページ

最近のトラックバック

本の検索・注文


  • サーチする:
    Amazon.co.jp のロゴ

« あなたが先生を自分で選べるなら,「優秀な非常勤講師」と能力未知数の「新規採用教員」のどちらを選びますか? | トップページ | 教育の世界の「新旧交代」 »

結局,自分の考えがない人間を育ててきた日本の教育

 思えば今の文部科学大臣も,かつてはこのぶろぐ村の住民だった。

 それなりに自由な発言をしていたことを思い出すと,懐かしい。

 そして,ある程度,当時の発言の趣旨に沿った改革を進めているようでもある。

 しかし多くの人が感じていると思われるが,行政機関の長になってしまうことで,おそらくは本心ではないことも本心からのつもりで話すくせがついてきている。

 国務大臣は総理大臣に任命されているわけで,総理の意図に沿った政策を打ち出すことが,自分の地位を守ることでもあるからである。

 国がどのような趣旨で義務教育段階の教育を行っているかは,教育基本法,学校教育法,身近な?ところでは学習指導要領を読めばわかる。一般の方にとっても,また教員にとっても,学習指導要領というのは大きなガイドラインに過ぎないから,では具体的にはどのような点に留意して・・・ということになると,学習指導要領の解説というものが必要になる。

 1冊200円もしない価格で販売され,ネットでもダウンロードできるから,だれでも読める環境にあるわけだ。

 国が中学校での英語教育,小学校での英語の活動を実施させる目標なりは,これを読めばわかるようになっている。

 そして,一般の方が読んでから,学校現場に足を運んでもらうと驚かれるかもしれないのが,「先生はこれを読んで知った上で教育を行っているのか」と思わずにはいられないような授業の実態である。

 だから,授業参観をしても,「どうして英語が学校教育で必要とされているのか」がわからない。

 英語教師ではない教員ですら,そうかもしれない。

 学校で英語を教えている理由は,「受験があるから」ではないのである。

 「英語は必要か」という問いではなく,

 「英語ができるようになると人生がどう変わるか」という問いを子どもなり親なりに投げかけたり,実際の子どもたちのエピソードを語ったりすることができるのが,「教師」というものである。

 最近は,ALTをはじめ,日本語を母国語にしない外国人たちが公立の学校に訪れることも増えるようになっている。教師にとっても,廊下ですれ違ったときに挨拶をしたり,自分の教科に関する内容を英語で質問してみたりと,大切な時間を過ごす機会が増えていく。

 2020年のオリンピックが開催されると,東京に住んでいる子どもたちは,とても多くの国の人と接することができるようになる。何か突発的な事故があったときに,英語が話せるだけで命が救えたかもしれない,という事態が起こるかもしれない。

 よく,「使える英語」という表現があるが,英語教育の方向転換は,世間一般の人々にとってはとてもわかりやすい方向に行くように見える。

 生徒や保護者もそれを強く望むようになれば,本当に学校の英語教育も変わり,そもそも「英語は必要か」などという疑問を抱く人もいなくなるかもしれない。

 「英語は必要か」という疑問は,高齢者が語るのならば,一向にかまわない。

 「英語は必要か」という疑問を,子どもたちが抱くこともかまわないが,それは,「英語を習得してみないとわからない」というのが「正解」である。そして,習得の度合いが高い子どもほど,必要性というより語学の学習の意義を体感することができるようになる。

 なお,以上の記事の内容は,ほかのブログの記事とは一切無関係である。


にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へにほんブログ村 教育ブログ 教師教育・教員養成へにほんブログ村 教育ブログ 社会科教育へ
教育問題・教育論 ブログランキングへ

« あなたが先生を自分で選べるなら,「優秀な非常勤講師」と能力未知数の「新規採用教員」のどちらを選びますか? | トップページ | 教育の世界の「新旧交代」 »

教育」カテゴリの記事

学習指導要領」カテゴリの記事

教育改革」カテゴリの記事

リーダーシップ」カテゴリの記事

学習の評価」カテゴリの記事

学力向上」カテゴリの記事

言語活動の充実」カテゴリの記事

教職教育」カテゴリの記事

仕事術」カテゴリの記事

教師の逆コンピテンシー」カテゴリの記事

小中連携」カテゴリの記事

教育実習」カテゴリの記事

教員の評価」カテゴリの記事

教員研修」カテゴリの記事

グローバル人材」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 結局,自分の考えがない人間を育ててきた日本の教育:

« あなたが先生を自分で選べるなら,「優秀な非常勤講師」と能力未知数の「新規採用教員」のどちらを選びますか? | トップページ | 教育の世界の「新旧交代」 »

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

宮城谷昌光の言葉

  • 雲のうえに頂をもつ高山を登ろうとするのに、その山相のすさまじさに圧倒され、おじけづいていては何もはじまらない。最初の一歩を踏み出さねば、山頂は近づいてこない。
    「楽毅」第四巻より
  • みごとなものだ。斂(おさ)めるところは斂め、棄てるところは棄てている。楽氏が棄てたところに、われわれの生きる道がある。
    「楽毅」第四巻より
  • 去ってゆく千里の馬を追っても、とても追いつかぬぞ。千里の馬の尾をつかむには、その脚が停まったときしかない
    「楽毅」第四巻より
  • ・・・つくづく人のふしぎさを感じた。道を歩く者は、足もとの石をたしかめようとしないということである。千里のかなたを照らす宝石がころがっていても、気がつかない。それほどの名宝は深山幽谷に踏みこまなければ得られないとおもいこんでいる。
    「楽毅」第三巻より
  • この城をもっとたやすく落とすべきであった。たやすく得たものは、たやすく手放せる。
    「楽毅」第二巻より
  • なにかを信じつづけることはむずかしい。それより、信じつづけたことをやめるほうが、さらにむずかしい。
    「楽毅」第二巻より
  • からだで、皮膚で、感じるところに自身をおくことをせず、頭で判断したことに自身を縛りつけておくのは、賢明ではなく、むしろ怠慢なのではないか
    「楽毅」第二巻より
  • こうする、ああする、といちいち目的と行動とを配下におしえつづけてゆけば、配下はただ命令を待つだけで、思考をしなくなる。この四人はいつなんどき多数の兵を指揮することになるかもしれず、そのときにそなえて自立した思考力をもつ必要がある。
    「楽毅」第二巻より
  • 人は自分の存在を最小にすることによって最大を得ることができる
    「楽毅」第三巻より
  • 勇と智とをあわせもっている者は、攻めるときよりも退くときに、なにかをなすときより、なにもなさないときに、その良質をあらわす
    「楽毅」第二巻より