ウェブページ

最近のトラックバック

本の検索・注文


  • サーチする:
    Amazon.co.jp のロゴ

« 挙手しないことの評価をどうするか | トップページ | 下村博文文部科学大臣は学習指導要領解説を読んだことがありますか? »

「学ぶ=講義を聴く」の発想からの離陸

 講義を聴く,というスタイルの学習は,予備校でもはやっている。

 優れた講師の講義を録画して,それを見ながら勉強させるビジネスが,生の講義で受講させるより「利益率」が高いことは言うまでもない。あとは,「学力向上効果」の問題である。

 「学び方を学ぶ」教育を受けてない人は,

 放送大学の放送を見ることで「自ら学んだ」気分になっているようだが,

 20年前にできた「新しい学力観」から見れば,「時代遅れ」も甚だしい。

 身にはならない難しい話を「学問」だと思っている人がいるうちは,大学の淘汰も進まないだろう。

 「不特定多数に向けての講義を受けること」が「学習」で,これがとてもためになる,という発想が人々の間にあるうちは,公立小中学校の教育も変わっていかない。

 大学は今頃になって「インタラクティブ・ティーチング」などという名称で授業を工夫するようになったが,真面目な公立学校の現場は変わったのは今から20年も前の話である。

 もちろん,自治体によってはそのような動きが極端に遅いところもある。

 大阪では目標に準拠した評価=絶対評価が成立しなかったというのも,最近の話である。

 信頼性のない絶対評価より,相対評価の方が入試の材料としては最適である,あるいは,もう入試は試験だけで決めるのが公平である,というのは非常に多くの人が本音として抱いている。

 人は,どのような学び方をしたかで,その後の「学びの姿勢」が決まってしまうのだろうか。

 知識の習得の方法として最適なのは読書である。話し言葉や原稿の棒読みを聴くよりも,はるかに時間的な効率も良いし,「別の内容を調べにいく」という学びの可変性,可塑性にも優れている。

 しかし,本当の学力は,読書では身につかない。

 教え子たちが試しに受けてみた模擬テスト(業者テスト)について,こんな感想をもらしていた。

 「これでは学力はつかないし,学力は測れない」

 採点が容易なテスト・・・暗記だけで解けてしまうようなテストを「まとめの意味のテスト」として実施することを禁止する法令をつくれば,学力は向上するかもしれない。


にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へにほんブログ村 教育ブログ 教師教育・教員養成へにほんブログ村 教育ブログ 社会科教育へ
教育問題・教育論 ブログランキングへ

« 挙手しないことの評価をどうするか | トップページ | 下村博文文部科学大臣は学習指導要領解説を読んだことがありますか? »

教育」カテゴリの記事

教育改革」カテゴリの記事

学力向上」カテゴリの記事

教職教育」カテゴリの記事

教師の逆コンピテンシー」カテゴリの記事

教育実習」カテゴリの記事

教員研修」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「学ぶ=講義を聴く」の発想からの離陸:

« 挙手しないことの評価をどうするか | トップページ | 下村博文文部科学大臣は学習指導要領解説を読んだことがありますか? »

2020年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

宮城谷昌光の言葉

  • 雲のうえに頂をもつ高山を登ろうとするのに、その山相のすさまじさに圧倒され、おじけづいていては何もはじまらない。最初の一歩を踏み出さねば、山頂は近づいてこない。
    「楽毅」第四巻より
  • みごとなものだ。斂(おさ)めるところは斂め、棄てるところは棄てている。楽氏が棄てたところに、われわれの生きる道がある。
    「楽毅」第四巻より
  • 去ってゆく千里の馬を追っても、とても追いつかぬぞ。千里の馬の尾をつかむには、その脚が停まったときしかない
    「楽毅」第四巻より
  • ・・・つくづく人のふしぎさを感じた。道を歩く者は、足もとの石をたしかめようとしないということである。千里のかなたを照らす宝石がころがっていても、気がつかない。それほどの名宝は深山幽谷に踏みこまなければ得られないとおもいこんでいる。
    「楽毅」第三巻より
  • この城をもっとたやすく落とすべきであった。たやすく得たものは、たやすく手放せる。
    「楽毅」第二巻より
  • なにかを信じつづけることはむずかしい。それより、信じつづけたことをやめるほうが、さらにむずかしい。
    「楽毅」第二巻より
  • からだで、皮膚で、感じるところに自身をおくことをせず、頭で判断したことに自身を縛りつけておくのは、賢明ではなく、むしろ怠慢なのではないか
    「楽毅」第二巻より
  • こうする、ああする、といちいち目的と行動とを配下におしえつづけてゆけば、配下はただ命令を待つだけで、思考をしなくなる。この四人はいつなんどき多数の兵を指揮することになるかもしれず、そのときにそなえて自立した思考力をもつ必要がある。
    「楽毅」第二巻より
  • 人は自分の存在を最小にすることによって最大を得ることができる
    「楽毅」第三巻より
  • 勇と智とをあわせもっている者は、攻めるときよりも退くときに、なにかをなすときより、なにもなさないときに、その良質をあらわす
    「楽毅」第二巻より