ウェブページ

最近のトラックバック

本の検索・注文


  • サーチする:
    Amazon.co.jp のロゴ

« 殻に閉じこもる大学教員の典型的な姿 | トップページ | お別れのご挨拶 »

学会での質問の「大失敗」

 教師の力量は,「質問力」によっても測ることができる。

 教師は授業で多くの「質問」を子どもに投げかけるが,

 そのねらいは子どもから「良さ」を引き出すためにある。

 「理解していること」を理解させるための質問もあるが,

 私が意図的に発しているのは「隠された能力や意図」を引き出すものである。

 しかし,時として,「隠された無知」を引き出してしまう場合もある。

 相手をよく知らない場合に,この忌まわしい機会が訪れる。

 先日の学会でやってしまったのは,次の質問である。

 相手は小学校の先生だった。

 「あなたは,アジア・太平洋戦争に関連のある忠魂碑を教材化するために,多くのフィールドワークをされてきたと思う。そこでは,先生自身が疑問に思ったことや,小学生ではなく,中学生なら,このようなことを疑問に思うだろうと考えたことがあったはずである。そのような,小学生には期待できないような疑問は何でしたか。」

 と私は質問した。

 その答えが,「なぜ男性の名前ばかりが刻まれているのだろう」だった。

 実際,そのような疑問をあげる小学生はいなかったということである。

 当たり前だろう。

 質問はしない方がよかった。

 かなりの時間を要して,戦争の実態にせまるような「追究活動」をされたようなのだが,「肝心なところ」というか,「常識」にあたる部分が強烈に欠落しているのが小学校の社会科の特徴である。

 他の発表にもあったことだが,「小学生が疑問から疑問へ,次々に課題を発見し,解決していけたのでよかった」と述べ,無計画なようではあるが,そのように主体的に学習が進めたことを誇りにしているようなムードがひしひしと伝わってくる。

 ぜひ小学校には,バカロレア風の評価を導入してほしいと願う。

 「アジア・太平洋戦争」に何時間もかけられるなら,不可能ではあるまい。

 小学校の授業は,「みんな」で学習しているように見えて,実はリードするごく一部の児童のほかは,みんな「フリーライダー」である。あいづちを打ってさえすれば,「学びの一員」らしく感じてもらえるのだ。

 何かが「できる」ようになっているかどうかを,個人的に面談をして,語らせる時間は小学校ならいくらでもあるだろう。


にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へにほんブログ村 教育ブログ 教師教育・教員養成へにほんブログ村 教育ブログ 社会科教育へ
教育問題・教育論 ブログランキングへ

« 殻に閉じこもる大学教員の典型的な姿 | トップページ | お別れのご挨拶 »

教育」カテゴリの記事

教育改革」カテゴリの記事

歴史学習」カテゴリの記事

社会科」カテゴリの記事

社会科教師の逆コンピテンシー」カテゴリの記事

教職教育」カテゴリの記事

仕事術」カテゴリの記事

教師の逆コンピテンシー」カテゴリの記事

教育実習」カテゴリの記事

教員の評価」カテゴリの記事

教員研修」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 学会での質問の「大失敗」:

« 殻に閉じこもる大学教員の典型的な姿 | トップページ | お別れのご挨拶 »

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

宮城谷昌光の言葉

  • 雲のうえに頂をもつ高山を登ろうとするのに、その山相のすさまじさに圧倒され、おじけづいていては何もはじまらない。最初の一歩を踏み出さねば、山頂は近づいてこない。
    「楽毅」第四巻より
  • みごとなものだ。斂(おさ)めるところは斂め、棄てるところは棄てている。楽氏が棄てたところに、われわれの生きる道がある。
    「楽毅」第四巻より
  • 去ってゆく千里の馬を追っても、とても追いつかぬぞ。千里の馬の尾をつかむには、その脚が停まったときしかない
    「楽毅」第四巻より
  • ・・・つくづく人のふしぎさを感じた。道を歩く者は、足もとの石をたしかめようとしないということである。千里のかなたを照らす宝石がころがっていても、気がつかない。それほどの名宝は深山幽谷に踏みこまなければ得られないとおもいこんでいる。
    「楽毅」第三巻より
  • この城をもっとたやすく落とすべきであった。たやすく得たものは、たやすく手放せる。
    「楽毅」第二巻より
  • なにかを信じつづけることはむずかしい。それより、信じつづけたことをやめるほうが、さらにむずかしい。
    「楽毅」第二巻より
  • からだで、皮膚で、感じるところに自身をおくことをせず、頭で判断したことに自身を縛りつけておくのは、賢明ではなく、むしろ怠慢なのではないか
    「楽毅」第二巻より
  • こうする、ああする、といちいち目的と行動とを配下におしえつづけてゆけば、配下はただ命令を待つだけで、思考をしなくなる。この四人はいつなんどき多数の兵を指揮することになるかもしれず、そのときにそなえて自立した思考力をもつ必要がある。
    「楽毅」第二巻より
  • 人は自分の存在を最小にすることによって最大を得ることができる
    「楽毅」第三巻より
  • 勇と智とをあわせもっている者は、攻めるときよりも退くときに、なにかをなすときより、なにもなさないときに、その良質をあらわす
    「楽毅」第二巻より