ウェブページ

最近のトラックバック

本の検索・注文


  • サーチする:
    Amazon.co.jp のロゴ

« 宮崎監督のプロ根性と教員が「教師」と自称できる資格 | トップページ | 再掲 「感動させる」ことを目的にしたとき,「音楽」の「魂」は消える »

教育の目標は「感動させること」ではなく,その先にあること

 世の中には,

 「心がまえ」=「自分ができないこと」と

 認識している大人がいるようである。

 教育の目標は,「感動させること」

 ではない。「感動し,~するようになる」

 の「~する」内容が大切なのである。

 以下の内容は,2013年5月10日の記事

 「感動の押し売りが好きな教師に

 道徳教育をさせてはならない」の

 再掲である。

*****

 道徳の時間は,子どもが

 最も「好きではない時間」

 の一つである。

 それは,

 「価値観の押し付け」
 
 「感動の押し売り」

 が常態化していることを如実に

 物語っている。

 水は低い方へ流れる。

 教育の世界も,

 簡単にできる指導法に,教師は飛びつく。

 簡単にできる指導法で,

 本当に導きたい方へ子どもを連れて

 行くようなことはできない。

 できると誤解している教師は,

 すでに「導く方向」を誤っているのである。


 専門教科の指導とは異なる

 道徳の時間の指導に,

 真面目な教師は四苦八苦している。

 その「四苦八苦」している姿を見せること

 こそが教育の価値に結びつくのに,

 「これでどうだ」

 とばかりの指導案を見ることがある。

 教育の仕事は,本当に長時間労働だし,

 内容は緊張をしいられるし,

 専門的な知識も必要だし,

 じっくりと時間をかけた子どもとの

 コミュニケーションも必要で,

 それだけ充実感が得られやすいとともに,

 教師の方が勝手に「感動」して喜べる

 仕事でもある。

 「心」の問題というのは,そうやって

 「勝手に感動している」ことが大切

 なのであって,

 「ここで相手を感動させよう」なんて

 思って指導するものではない。

 しかし,教師の中には,

 根っこから広告業や娯楽業の人間に

 変わってしまった人が出てくる。
 
 「上手くいったことに味をしめる」

 教師がすることは,

 外部から見れば,

 「感動の押し売り」である。

 そして,「感動しない方が悪い」

 「感動できる心が育っていない」などとくる。

 広告業や娯楽業のように,

 感情のコントロールの方法が

 洗練されていないために,

 「くささ」が際立つ。

 目標は,「感動させること」ではない。

 「感動」は,その先にある目標を見えなくする

 教育の世界の「悪魔」であることの

 自覚が教師にはほしい。

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へにほんブログ村 教育ブログ 教師教育・教員養成へにほんブログ村 教育ブログ 社会科教育へ
教育問題・教育論 ブログランキングへ

« 宮崎監督のプロ根性と教員が「教師」と自称できる資格 | トップページ | 再掲 「感動させる」ことを目的にしたとき,「音楽」の「魂」は消える »

教育」カテゴリの記事

ブログネタ」カテゴリの記事

教職教育」カテゴリの記事

仕事術」カテゴリの記事

教師の逆コンピテンシー」カテゴリの記事

道徳」カテゴリの記事

教育実習」カテゴリの記事

教員の評価」カテゴリの記事

教員研修」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 教育の目標は「感動させること」ではなく,その先にあること:

« 宮崎監督のプロ根性と教員が「教師」と自称できる資格 | トップページ | 再掲 「感動させる」ことを目的にしたとき,「音楽」の「魂」は消える »

2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

宮城谷昌光の言葉

  • 雲のうえに頂をもつ高山を登ろうとするのに、その山相のすさまじさに圧倒され、おじけづいていては何もはじまらない。最初の一歩を踏み出さねば、山頂は近づいてこない。
    「楽毅」第四巻より
  • みごとなものだ。斂(おさ)めるところは斂め、棄てるところは棄てている。楽氏が棄てたところに、われわれの生きる道がある。
    「楽毅」第四巻より
  • 去ってゆく千里の馬を追っても、とても追いつかぬぞ。千里の馬の尾をつかむには、その脚が停まったときしかない
    「楽毅」第四巻より
  • ・・・つくづく人のふしぎさを感じた。道を歩く者は、足もとの石をたしかめようとしないということである。千里のかなたを照らす宝石がころがっていても、気がつかない。それほどの名宝は深山幽谷に踏みこまなければ得られないとおもいこんでいる。
    「楽毅」第三巻より
  • この城をもっとたやすく落とすべきであった。たやすく得たものは、たやすく手放せる。
    「楽毅」第二巻より
  • なにかを信じつづけることはむずかしい。それより、信じつづけたことをやめるほうが、さらにむずかしい。
    「楽毅」第二巻より
  • からだで、皮膚で、感じるところに自身をおくことをせず、頭で判断したことに自身を縛りつけておくのは、賢明ではなく、むしろ怠慢なのではないか
    「楽毅」第二巻より
  • こうする、ああする、といちいち目的と行動とを配下におしえつづけてゆけば、配下はただ命令を待つだけで、思考をしなくなる。この四人はいつなんどき多数の兵を指揮することになるかもしれず、そのときにそなえて自立した思考力をもつ必要がある。
    「楽毅」第二巻より
  • 人は自分の存在を最小にすることによって最大を得ることができる
    「楽毅」第三巻より
  • 勇と智とをあわせもっている者は、攻めるときよりも退くときに、なにかをなすときより、なにもなさないときに、その良質をあらわす
    「楽毅」第二巻より