ウェブページ

最近のトラックバック

本の検索・注文


  • サーチする:
    Amazon.co.jp のロゴ

« 教育現場に「気にならない子ども」は存在しないはず | トップページ | 「人数が減れば教育の質が上がる」わけではなかった証拠 »

人数が多い活気のある集団と,人数が少ない活気の乏しい集団のどちらで学びたいか?

 財務省が小1の40人学級復活を文科省に提案する。

 この提案を文科省は受け入れるべきである。

 実現すると90億円の歳出抑制になるらしい。

 あなたは,優秀な教員がそろっている学校に,子どもが
 
 「定員オーバーで入れません」と言われたら,どんな気持ちがするだろうか。

 入学できる子どもがいる一方で,入学できない子どもがいる。

 定員が減らされたということは,入学できる子どもが減らされた,ということである。

 特にいい評判も悪い評判も聞こえてこないある学校に通わせることになった。

 学級数が少なく,クラスの生徒数も少ない。

 きめの細かい指導が期待できる,なんて本気で考えるだろうか。

 子どもを入れたい学校に入りにくくする政策が,

 35人学級というしくみだと言えなくもない。

 40人学級の復活も大事だが,もっと大切なことは,

 学校規模の最低基準を守ることである。

 財務省によれば,小中ともに1校あたりの規模を最低でも12学級とする

 現行の統廃合の基準を単純に適用すれば,

 全国で小中学校を5400校あまり,減らせるとのことである。

 この基準を,各自治体はできるだけ守るべきである。

 守った自治体には,浮いた分のお金を補助金として1年間だけ配分

 するのもいいだろう。その後,どれくらいの歳出が削減できるか,

 10年くらいのスパンで試算してみてほしい。

 1学年1クラスの学校に子どもを通わせている方には複雑な思いも

 あるだろうが,もしその中学校に3クラスあったら,どうだろう。

 クラス替えもできる。運動会で競い合える。合唱コンクールで磨き合える。

 教育効果という面にもっと目を向けて,不便を克服できるようにお願いしたい。

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へにほんブログ村 教育ブログ 教師教育・教員養成へにほんブログ村 教育ブログ 社会科教育へ
教育問題・教育論 ブログランキングへ

« 教育現場に「気にならない子ども」は存在しないはず | トップページ | 「人数が減れば教育の質が上がる」わけではなかった証拠 »

教育」カテゴリの記事

ニュースより」カテゴリの記事

学校選択制」カテゴリの記事

教育改革」カテゴリの記事

リーダーシップ」カテゴリの記事

教師の逆コンピテンシー」カテゴリの記事

教員の評価」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 教育現場に「気にならない子ども」は存在しないはず | トップページ | 「人数が減れば教育の質が上がる」わけではなかった証拠 »

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

宮城谷昌光の言葉

  • 雲のうえに頂をもつ高山を登ろうとするのに、その山相のすさまじさに圧倒され、おじけづいていては何もはじまらない。最初の一歩を踏み出さねば、山頂は近づいてこない。
    「楽毅」第四巻より
  • みごとなものだ。斂(おさ)めるところは斂め、棄てるところは棄てている。楽氏が棄てたところに、われわれの生きる道がある。
    「楽毅」第四巻より
  • 去ってゆく千里の馬を追っても、とても追いつかぬぞ。千里の馬の尾をつかむには、その脚が停まったときしかない
    「楽毅」第四巻より
  • ・・・つくづく人のふしぎさを感じた。道を歩く者は、足もとの石をたしかめようとしないということである。千里のかなたを照らす宝石がころがっていても、気がつかない。それほどの名宝は深山幽谷に踏みこまなければ得られないとおもいこんでいる。
    「楽毅」第三巻より
  • この城をもっとたやすく落とすべきであった。たやすく得たものは、たやすく手放せる。
    「楽毅」第二巻より
  • なにかを信じつづけることはむずかしい。それより、信じつづけたことをやめるほうが、さらにむずかしい。
    「楽毅」第二巻より
  • からだで、皮膚で、感じるところに自身をおくことをせず、頭で判断したことに自身を縛りつけておくのは、賢明ではなく、むしろ怠慢なのではないか
    「楽毅」第二巻より
  • こうする、ああする、といちいち目的と行動とを配下におしえつづけてゆけば、配下はただ命令を待つだけで、思考をしなくなる。この四人はいつなんどき多数の兵を指揮することになるかもしれず、そのときにそなえて自立した思考力をもつ必要がある。
    「楽毅」第二巻より
  • 人は自分の存在を最小にすることによって最大を得ることができる
    「楽毅」第三巻より
  • 勇と智とをあわせもっている者は、攻めるときよりも退くときに、なにかをなすときより、なにもなさないときに、その良質をあらわす
    「楽毅」第二巻より